トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の記事

2006年8月30日 (水)

Soul Food おにぎり おむすび

Photo_1  ソール・フードって聞いたことあります?もともとは北アメリカの南部料理、特にアフリカン・アメリカンの伝統料理になんだそうです。

 7月に「かもめ食堂」という映画を観て、わたしなりに日本のソール・フードについてちょっと考えてみました。日本人のソール・フードって、「そのたべものを食べると心が和んだり、ほっとできたりする、そんなたべもののこと。」だとすると→おにぎり(日本の東部ではおむすびという言い方が多いそうですが}

 Adjf           映画でも「日本のソール・フードはおにぎり」って紹介するんです。どこでっていうと、実は主人公のやっている「かもめ食堂」はなんとフィンランドにあるわけ。フィンランド人ははじめて見る真っ黒いおにぎりを見て、引くのですが、でもだんだんと受け入れられて人気のお店になっているというお話。おにぎりの具はシンプルに梅と鮭です。そのおにぎりのなんておいしそうなこと。そしてそれを食べる土地の人の柔らかな笑顔。思わず、フィンランドまで行って「かもめ食堂」のおにぎりを食べたくなりました。

 そうしたら、友達のYさんから日本にも同じような話がありますよ!"心を癒すおむすび”をつくる人がいるって聞いて、すごく興味を持ちました。

藤初女(さとう はつめ)さんという方が青森で心のしんどい人のためにおいしい食事をつくっているというのです。この方は1995年に映画「ガイアシンフォニー第2番」に出られて知る人ぞ知る!という方だそうで(わたしは全然知りませんでしたが)すごい人のようです。(この映画も観たいけど、DVDでありますように)すごいというと普通でないように聞こえますが、「普通のことをしっかりしている」のが今の社会ですごいと思うんです、わたしは。早速初女さんの「おむすびの祈り」を読みました。そのたおやかな暮らしぶりに惹かれました。

 わたしも心が丸くなるようなおいしいおにぎりをにぎりたいと思うこの頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

ほんとうの空色

Dscf0122  養老孟司さんおすすめの「ほんとうの空色」を読んだ。ハンガリーの才人、バラージュ ベーラのファンタジーだ。あやしげな用務員さんと、青い絵の具を食べて体が青くなったネズミをまたまた食べて青くなった奇跡の猫ツィンツがわたしのお気に入り。塗ったところが”ほんとうの空”になってしまう絵の具は、お昼の鐘が鳴ってからたった1分間しか咲かない大輪の青い花からできている。きっと大人には見えない花なんだ。こんな絵の具を手にしたら、もう学校なんて行っていられないかも。ずっと”ほんとうの空”をみていたい気がする。

因みに作者バラージュは映画「ヨーロッパのどこかで」という名作を撮っているそう。これもいつか観てみたい映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

Andre Gagnon

Pa0_0023 先日、思いがけず素敵なCDをプレゼントしていただいた。初めて聞く名前Andre Gagnon。アルバム「そよ風の頃」は聴く人の気持ちをやさしく包んでくれる包容力があり、時の流れを静かに感じさせてくれる。 Kさん、プレゼントしてくれて本当にありがとうございます。大切に聴こうと思います。

不覚にも感激の涙を流してしまった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

Lohas

Have you ever heard of "LOHAS"?  It stands for "Lifestyles of Health and Sustainability," which originated in the U.S.  I haven't realized that almost anything like yoga and aromatherapy is holas.  It sounds like idealistic lifestyles in rat-race society, but I suspect that the the products of lohas go too far: a furoshiki, hammock, and non-allergenic detergent.  When I see the trend catch on in Japan, I feel materialistic consumption to buy lohas goods.      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

25時のイヴたち

Dscf0115 久々に明野照葉さんの本を読んだ。初めて読んだのが「痛い人」、それから「骨肉」と読んで、表紙に惹かれてこれを読み始めた。面白い、でも自分でも妄想しそうなネットの世界がとても不気味。こうしてブログで書いていると思わず誰かに全人格を覗かれているような恐怖感が沸き起こってしまう。登場する2人の女性には共感はできないけど、ネットにのめりこんでいく感じは、本当によく書けていると思う。怖くなってきたので、この辺で終わりにしてもう寝よっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

Big Band Beat

Pa0_0020 Disney Sea now presents "Big Band Beat" for a limited time only. Congratulations on 5th Anniversary!

The Beat invites us to the swing of 1920s and '40s on Broadway.  One of my favorite in Disney Sea was "Encore" at the Broadway Music Theatre.  But the new show gave me the impression of more Disney-tasted musical because cute energetic tap dancers performed and Mickey Mouse was also on the show playing the drums. Love to see it one more time.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

Helen of Troy

I watched a must-to-see movie, Helen of Troy. today.  It also intrugued my interest of Greek story.  When you see the spectacular battle scenes made 50 years ago without any CG, you can agree I can't help saying "awesome."

According to the movie site, which is my favorite, "after considering such established stars as Elizabeth Taylor, Ava Gardner for the lead in Helen of Troy (1956), director Robert Wise chose Rossana Podesta, an established actress but one who was relatively unknown outside of Italy. The problem was that she could not speak English.  So Wise employed a vocal coach to help her learn her lines by rote."  I happened to know the director, Robert Wise was the same director of West Side Story and Sound of Music.  Wow, he was one of a kind, talented director I've ever known.

Compared with Helen in Troy (2004), Helen by Podesta, who is the most beautiful woman in the world, is actually more elegant.  But Helen nowadays by Diane Kruger greatly impresses us with her intelligent beauty.  As for Paris, I definitely support Orlando. 

I enjoyed it very much, so you may like to try to watch it yourself.

Please send your comment!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

Movin' Out

Dscf0116 I've been a big fan of Billy Joel since teenager.  His melodies bring me comfort, exuberance, and inspiration.

Choreographer, Twyla Tharp must have felt the same way as I feel.  Musical, Movin' Out  delivers powerful songs and dances with spirit and style. 

The band which plays 26 jewls of Billy was on the stage, up like in the air.  JUST THE WAY YOU ARE, UPTOWN GIRL, and THIS NIGHT.... Live music thrilled my heart.  It was a moment of style I 've been looking for.  New York and small town in US.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

大好きな「ずーっとずっとだいすきだよ」

Photo I watched TV program of I 'll Always Love You by Hans Wilhelm last night.

I first read this book with my daughter in grade school.  Since then, it has been our favorite.  This tender watercolor illustrations warm our heart.  It made us cry and ease the grief for beloved ones, by saying what the boy always felt with love.  Elfie, the dog could care the boy in return every day. 

I realized how important it is to say what I always feel to my family and my friends.  They might feel what I feel, but we misunderstand one another now and then.   

This book may be meant for children, but, as Ms. Nakai suggested, it is also for grown-ups.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

映画「トロイ」を満喫

トロイ [DVD] トロイ [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2009/07/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

It was so muggy today that I killed time watching a more-than-two-hour movie "Troy"(2004) in my air-conditioned room.  I didn't expect that the movie was good, but it turned out to be fabulous.  Among cool guys, Eric Bana as Hector enchanted me most.  What a wistful guy he is in the movie! 

As I am interested in the story, "Helen of Troy"(1956) is a must to watch next time. 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

新参教師

Photo_2  熊谷達也の「新参教師」を読み終えました。

わたしも同じような思いをしたことがあって・・・。

先生は大変な職業です。6月10日に読了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局同じな無個性

今日は久々に授業に出てお勉強。

アメリカ人が日本人より個性的って思っている人、ちょっとアメリカ小説を読んでみるべし。なんてネ、今日のj授業に出て思ってしまいました。

限りなくゼロに近いRaymond Carver、つまり名前もないWhite Trashと呼ばれる貧しい人を描き、nothingという殺伐さがイメージできる作家。

一方、限りなく全てに近いBret Easton Ellis、つまりみんなが同じようにお金持ちの持ち物を持ち、同じようにおりこうさんの学歴を持ち、everythingというものだけが豊かというイメージできる作家。American Psycho は読むのが怖いけど、いつか読んでみたい本。

もちろん、お互い両極端で形式は違うけど、結局人が見えてこないという事では同じこと。一人一人の顔が全然見えない。何か恐ろしい気がする。

6月8日に出席

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年9月 »