« [慣用句・駄洒落の逆襲] | トップページ | 映画「ロリータ」- Lolita »

2006年10月17日 (火)

TVドラマ「のだめカンタービレ」登場

Photo_6 ピアノソロ のだめカンタービレ ロンド・トッカータ/悲愴ソナタ第2楽章 (楽譜)

今日の話題はもちろんドラマ「のだめカンタービレ」です。コミック原作と違和感なく、満喫しました。千秋とのだめの出会いのシーンは、やはりベートーヴェンの「悲愴」第2楽章でしたね~♪もう少し聴きたかったけど、モーツァルトもふんだんに出てきて耳にも心地よかったですね。

のだめ役の上野樹里製作発表でこんなことを言っています。

「(撮影)現場が楽しくって、それが原動力になってます!♪」

その通り、楽しさ満載,ノリノリでした。

谷岡 肇役の西村雅彦がいい意味でねちっこく、世間的に”おちこぼれ”先生を好演してましたし、
フランツ・シュトレーゼマン役の竹中直人もヨーロッパの名高い指揮者の雰囲気を覆す演技で笑いをとっていました。理事長に秋吉久美子を持ってきたのも、納得のキャスティングだと思いました。これからの展開が楽しみです。

今日の言葉

Let's celebrate the two hundred fiftieth anniversary of Mozart's birth.

モーツァルトの生誕250年を祝いましょう。

|

« [慣用句・駄洒落の逆襲] | トップページ | 映画「ロリータ」- Lolita »

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/3833910

この記事へのトラックバック一覧です: TVドラマ「のだめカンタービレ」登場:

» のだめカンタービレ [韓国ドラマあらすじブログ]
TB失礼致します。韓国ドラマのブログですが、今回は「のだめカンタービレ」についてです。 [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 17時58分

« [慣用句・駄洒落の逆襲] | トップページ | 映画「ロリータ」- Lolita »