« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の記事

2007年7月31日 (火)

ベルイマン監督のご冥福を祈ります

Cimg0020 またしても残念な訃報です。スウェーデンの映画監督、イングマル・ベルイマン氏(89歳)が7月30日にお亡くなりになったそうです。

去年末、久々にベルイマン監督の映画「サラバンド」を観て、懐かしい恩師に会ったような気がしていたのに・・・。

続きを読む "ベルイマン監督のご冥福を祈ります"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

マリー・アントワネット

マリー・アントワネット (通常版) マリー・アントワネット (通常版)

販売元:東北新社
発売日:2007/07/19
ピンクキュートなティーンネイジャー、「マリー・アントワネット」。映画「チアーズ」(Bring It On)でバリバリのアメリカン・ハイスクール・ガールを演じたキルスティン・ダンストがフランスの女王を超アメリカン・マテリアル・ガール風に演じます。

続きを読む "マリー・アントワネット"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年7月29日 (日)

世界は村上春樹をどう読むか

世界は村上春樹をどう読むか 世界は村上春樹をどう読むか

著者:国際交流基金
販売元:文藝春秋

今日は久しぶりに村上春樹がらみの本の紹介です。

去年の冬に村上春樹のシンポジウンムとワークショップがあると聞き、抽選で聴講できるということで勇んで申し込みをしたのを思い出します。

続きを読む "世界は村上春樹をどう読むか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

原書「Fried Green Tomatoes at Whistle Stop Cafe」

Fried Green Tomatoes at the Whistle Stop Cafe (Ballantine Books) Fried Green Tomatoes at the Whistle Stop Cafe (Ballantine Books)

著者:Fannie Flagg
販売元:Ballantine Books (Mm)

今月始めに映画「フライド・グリーン・トマト」を観て 、悩める中年エヴリンに共感し、原書を読み始めました。

続きを読む "原書「Fried Green Tomatoes at Whistle Stop Cafe」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

あれ?プロフェッショナル♪

午前11時21分。渋谷○×レストランロビーで、背後になにやらオーラを感じてじっとみてしまう。

「あっ、プロフェッショナルだ」

「名前は・・・エーとなんだっけ、健とかつく・・・脳学者の・・・・」

天然パーマ(だと思う)がクルクルとテレビで見たとおりに激しく巻いている。

続きを読む "あれ?プロフェッショナル♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

ビリー!?いえいえターボです☆

Jam ビリーのブートキャンプに入隊された方をたくさん知っていますが、いかがですか?続けてやっていますか?

ほとんど1億総ビリーキャンプ状態だった先ごろ、わが家は地味にターボジャムを注文していました。そして・・・今日ターボがやってきました。

続きを読む "ビリー!?いえいえターボです☆"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月21日 (土)

あ~♪夏休み☆

Pa0_0001_1 Pa0_0002 今日から学校は夏休み。

天気がグズグズしていて、なんだか夏っぽくありませんが、夏休みです。

ドンマイスター(ドンマイって言ってるみたいで好きな響き)っていうパン屋さんでみつけたパンが、夏休みに宿題になる絵日記に出てくるようなパンでした。

続きを読む "あ~♪夏休み☆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

河合隼雄さん、逝く

村上春樹、河合隼雄に会いにいく 村上春樹、河合隼雄に会いにいく

著者:河合 隼雄,村上 春樹
販売元:新潮社

子どもの宇宙 (岩波新書) 子どもの宇宙 (岩波新書)

著者:河合 隼雄
販売元:岩波書店

今日の朝刊で河合隼雄さんの訃報を知りました。去年、脳梗塞で倒れられて1年近く患われていたとは全然知らなかったので、「エッ、本当に?」という気がしました。

続きを読む "河合隼雄さん、逝く"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年7月17日 (火)

映画「ブラックブック」(Black Book)

ブラックブック ブラックブック

販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2007/08/24
「モーツァルトとクジラ」と一緒に観たのがこちらの映画。何の評判も前知識もなく観たのですが、これがなかなか、サスペンスものとしてもドラマとしても面白い作品でした。くじに当たったような得した気になりました。

続きを読む "映画「ブラックブック」(Black Book)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

念願TVドラマ「のだめカンタービレ」スペシャルパリ編♪成就♪

やったやった~やりました~

のだめが帰ってきます。来年新春スペシャルで2夜連続ドラマですって。

詳細は「のだめがフジ系新春スペシャルで帰ってくる」でどうぞ!

続きを読む "念願TVドラマ「のだめカンタービレ」スペシャルパリ編♪成就♪"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月14日 (土)

プーさんは何と書く?クマ?くま?熊??

Dscf0154_1 プーさんのことをネットでみていたら、面白いことに気が付きました。

ここで問題です。次の「プーさん」のうち、正しいものはどれでしょう?

①「クマのプーさん」  ②「くまのプーさん」  ③「熊のプーさん」

続きを読む "プーさんは何と書く?クマ?くま?熊??"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

クマのプーさん

    Photo_44     Winnie-the-Pooh♪Winnie-the-Pooh♪

今日は7月から新しく始まった「ものしり英語塾」の3ヶ月シリーズを。

NHK第2放送毎週水・木曜 「英語で楽しむ『クマのプーさん』」が始まりました。解説は昨日もお目見えした小林章夫(上智大学教授)先生です。

続きを読む "クマのプーさん"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月12日 (木)

英文学再考☆English Literature Revisited

Dscf0155

4月から6月までNHKラジオ第2で 「20世紀イギリス小説―その豊かさを探る」

というシリーズが放送されていました。今日はちょっと英文科の学生になったつもりで、20世紀の英文学史を再考したいと思います。

解説は上智大学教授の小林 章夫先生です。

続きを読む "英文学再考☆English Literature Revisited"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

映画「モーツァルトとクジラ」(Mozart and the Whale)

Photo_43 モーツァルトクジラもわたしの大好きなもの。この2つが並んでタイトルになった映画なら、悪い映画のわけがない、という何の根拠もない激しい思い込みで映画「モーツァルトとクジラ」Mozart and the Whale)を観たいなって思ってました。

そして、その物語は実話をもとにした2人の恋人の話でした。2人には家族のような友達がいて、その友達も巻き込んで2人は普通でない生き方を体当たりで(本当に文字通り)模索していきます。

続きを読む "映画「モーツァルトとクジラ」(Mozart and the Whale)"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年7月 7日 (土)

☆七夕、ドーナッツに願いを☆

Pa0_0011_3   ◎Doughnut Plant New York Cityでは期間限定でスタードーナッツ(390円とちと高い)を売っていました。七夕なんで今日のおやつはこちら♪

「星に願いを」にかけて「ドーナッツに願いを」かけるコニコです。月並みすが家族の健康を願って!ガブリ・・・おいしいです♪

続きを読む "☆七夕、ドーナッツに願いを☆"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 6日 (金)

美しいゴミの山の私

Photo_42 「宇宙の富士山」には「宇宙の時間に遊ぶ富士山」といわれるほど美しく神聖な山が写しだされています。

ああ、それなのに遠くで見る富士山は偽りの姿なの?白日のもと、その素顔はゴミの山なんて・・・コニコの嘆き・・・実情は?

続きを読む "美しいゴミの山の私"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

映画「フライド・グリーン・トマト」(Fried Green Tomatoes)

Tomato フライド・グリーン・トマトって何?って思われる方もありましょう。

アメリカ南部の名物の一つで、わたしもアメリカで初めて味わった料理です。赤くなる前の、堅くて若いトマトをスライスして衣をつけて揚げたもの。

レシピはこちら

今日は料理の紹介もあるのですが、この南部料理名がタイトルになった映画について書いてみます。

続きを読む "映画「フライド・グリーン・トマト」(Fried Green Tomatoes)"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月 4日 (水)

フロイト的失言?久間防衛相 辞任

3日にアメリカの日本への原爆投下を「しょうがない」と発言した久間防衛相は、フロイト的失言?

フロイト的失言―Freudian Slip」とは

無意識の感情や気持ちが現われたいい間違いや失言のことを意味します。ふだんは隠している本音が、ついぽろっと出てしまった場合によく使います。フロイトの説によると、うっかり口をついて出た言葉は、その人の無意識の願望や内面的な葛藤から生まれたものだそうですが、そこからきた表現です。(「ものしり英語塾」6月号64ページから)

続きを読む "フロイト的失言?久間防衛相 辞任"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

ジュイン・オースティン研究The Journal of the Jane Austen Society of Japan

Austen_1 今日も昨日の流れでオースティン協会の出した第1号のジャーナル紹介です。

巻頭は「原書で読む世界の名作 Pride and Prejudice」の解説をされている海老根宏先生の「第1号発刊に寄せて」(日本オースティン協会の会長でもあります)。

そして研究論文が4編並びます。

続きを読む "ジュイン・オースティン研究The Journal of the Jane Austen Society of Japan"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

日本オースティン協会第1回大会にいってきましたPart2

昨日の続きから。

講演会に参加する前に名簿にサインをしたのですが、私の友達と私以外ほとんどがどちらかの大学か大学院の先生っぽい人ばかりのよう・・・・。その道のプロばかりなのでしょうか?「なんだか場違いのところにきてしまったのか~」とビビリまくりでした。

午後の特別講演が始まりました。演題は「オースティン読者の『高慢と偏見』」講演者は東京大学教授、高橋和久先生です。

続きを読む "日本オースティン協会第1回大会にいってきましたPart2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

日本オースティン協会第1回大会にいってきました!

Dscf0151 今日から7月。気分転換にテンプレートを思いっきり水色にしてみました。6月は雨があまり降らなかったのに、ずっと傘を差し続けていたコニコのブログだったので、今日からはうっとうしさを吹き飛ばすつもりでさわやかにいきますよ~♪

昨日は、大好きなオースティンの講演会に行ってきました。白金台にある明治学院大学のキャンパスに、わりとこじんまりと貼り紙がしてあって、講演会も地味に始まりました。

続きを読む "日本オースティン協会第1回大会にいってきました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »