« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の記事

2007年9月30日 (日)

オラトリオ・メサイア再び

PhotoEさんのお誘いで「メサイア」を聴きに行ってまいりました。おお、芸術の秋です♪

遥かむかし、まだコニコが高校生だった頃に出遭ったヘンデル「メサイア」、また再びじっくり聴くことができました。

バロック時代のオーケストラってすごくシンプルで管弦楽の純粋なところが際立って厳かな気分になります。そしてチェンバロの燻し銀の音色にキラキラしたソプラノやテノールの声が重なり、また落ち着いたアルトやバスの声が絡み「メサイア(救世主)」の物語は語られていきます。

続きを読む "オラトリオ・メサイア再び"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

原書「Darcy’s Story」やっと読了

Darcy's Story Darcy's Story

著者:Janet Aylmer
販売元:Harpercollins

やっとです。読めました。「原書で読む世界の名作―『高慢と偏見』」ももう終わりになろうとしているのに・・・と焦り、もう9月も終わろうとしているのに・・・と慌てて、読了できました!

今月も「月1冊原書を読むキャンペーン」クリアです。ホッと一息♪

続きを読む "原書「Darcy’s Story」やっと読了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

映画「ミス・ポター」

さわやかな秋、朝一番、ステキな旅の出発です。目的地はイギリスの湖水地方―だといいのですが、銀座の映画館。久しぶりでした、大きなスクリーンでゆったりと風景を楽しむのって。

今日は夏休みからロードショーを期待していた「ミス・ポター」を取り上げます。

続きを読む "映画「ミス・ポター」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

我を通さない俳優たち

  Photo_4        Photo_5 Photo                    

大森南朋、小林聡美、役所浩広司などなど、その人の個性があまり前に出てこない俳優さんって好きです。

またまた「ハゲタカ」からの流れで書いちゃいますが、DVDボックスの特典「大木流経営論」の冊子にドラマ「ハゲタカ」スタッフ・インタビューが載っていました。

続きを読む "我を通さない俳優たち"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

ハローキティ♪バービー#コラボです

©2007 Mattel, Inc., All Rights Reserved.
©1976, 2007 SANRIO CO., LTD. Photo  「ハローキティ・バービー」がこの9月に世界同時発売されるという記事を読んだのはいつだったか?

それからすっかり忘れていたら、先日デパートでばったり会ってしまいました。

金髪のセミロングにメッシュを少し入れたヘアスタイル。タイトなジーンズにハローキティのジャケットを身につけ、ペンダントやバッグなどの小物もハローキティで揃えてバッチリです。

続きを読む "ハローキティ♪バービー#コラボです"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月19日 (水)

どこかでハゲタカ再放送お忘れなく

Photo 9/20(木)総合 15:14~15:16

そう明日です。ハゲタカのお茶目なNHK/CM再放送。

忘れずに今日のうちに録画予約を入れておきましょう。

ついでに鷲津役の大森 南朋(おおもり なお)さんのことを少し。「南朋」をどう読むかわからなくって最近やっと「なお」と読むことを知りました。彼は、俳優であり舞踏家でもある麿 赤兒(まろ あかじ)さんの息子さんなんですね。

といっても「麿さんって誰?」って感じですよね。少し前になりますが、TVドラマの「優しい時間」で二宮和也が演じる拓郎の師匠役だった方です。坊主頭でちょっと怖そうなお顔の。

「なんだか親子なのに全然似てないな~」なんて変に感心したりしました。

続きを読む "どこかでハゲタカ再放送お忘れなく"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

映画「今宵フィッツジェラルド劇場で」(A Prairie Home Companion)

今宵、フィッツジェラルド劇場で 今宵、フィッツジェラルド劇場で

販売元:東宝
発売日:2007/07/27

ロバート・アルトマンの遺作となったこの作品。ちょっと地味だけどラジオ・ライヴショーの映画です。

わたしにとって、ラジオを聴くことは落ち着ける時間を持つこと。小さい頃からラジオは好きでした。

というわけでラジオを聴くように、スタッフ・キャスト共に実力派たちがつくりだすこの映画の世界にじっと耳を傾け、わたしはアルトマンの人生最期のエッセンスを魅せててもらうような気持ちになりました。

続きを読む "映画「今宵フィッツジェラルド劇場で」(A Prairie Home Companion)"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年9月17日 (月)

深夜の「かもめ食堂」

かもめ食堂 かもめ食堂

販売元:バップ
発売日:2006/09/27

3連休もおしまいですね。明日は寝坊ができない人が多いでしょう。でもちょっとした誘惑が・・・。

今夜深夜1:47amに日本テレビで「かもめ食堂」(前にソウルフードの記事で書きましたよ♪)をやるそうです。

続きを読む "深夜の「かもめ食堂」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

映画「Step Up」

ステップ・アップ ステップ・アップ

販売元:AVEX GROUP HOLDINGS.(ADI)(D)
発売日:2007/08/29

久々のダンス・ムーヴィー。ヒップホップとクラシックのコラボダンスが見られるという触れ込みに期待しながらいざ映画館へGO!

ダンスを通じて登場人物が成長していく映画、楽しいですよね。

続きを読む "映画「Step Up」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月10日 (月)

ついでに「逆立ち日本論」もいきましょう

逆立ち日本論 (新潮選書) 逆立ち日本論 (新潮選書)

著者:養老 孟司; 内田 樹
販売元:新潮社

でもって昨日に引き続き内田先生の話。謎めいたタイトルの本。これも「どんな本か理解したいという欲求を宙吊りにされてしまうような」予感が大です。だって養老さんと内田先生との対談でしょう!?

と、一様気合を自分なりに入れて読み始めました。

続きを読む "ついでに「逆立ち日本論」もいきましょう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

(内田樹)「先生はえらい」

先生はえらい (ちくまプリマー新書) 先生はえらい (ちくまプリマー新書)

著者:内田 樹
販売元:筑摩書房
先日、内田先生の小林秀雄賞受賞のところでも書きましたが「先生はえらい」という本を読みました。

このタイトルがなんとも「今どきの教師コケおろし時代」ムードに反してとても「小気味ヨイ感じ」でした。内田先生の肉声をそのままタイトルにしたようで読み始めると内田先生がその場で講義を始められたよう。あっという間に読んでしまいました。

続きを読む "(内田樹)「先生はえらい」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

NHKを買い叩け!―Buy NHK Out!

Story01_moviepic 熱烈なる「ハゲタカ」ファンのEさんから、とっておきの情報をもらいました。

「ハゲカタ」スピンオフ企画ともいえる

CM「今日もどこかで、NHK ハゲタカ」

が先日放送されたそうです。「え~・・・見逃した~」と思っていたら、なんとYouTubeで視聴できちゃいました。(上をクリック)TVででも後何回か放送で流れるそうなんで「ハゲタカ」ファンには必見ですね~♪

CM再放送予定

9/18(火)BShi 19:57~19:59
9/20(木)総合 15:14~15:16
9/23(日)BS2 12:13~12:15

続きを読む "NHKを買い叩け!―Buy NHK Out!"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月 4日 (火)

内田先生、受賞おめでとうございます

私家版・ユダヤ文化論 (文春新書)

最近読んだ「私家版・ユダヤ文化論」が第6回小林秀雄賞を受賞しました。内田先生おめでとうございます。

内田先生の本は実は先週「先生はえらい」をいう本を読み終え、今週やっと図書館に予約していた「逆立ち日本論」を読み始めたところです。

今読んでいる本は養老孟司氏との対談集で、第2章に「新・日本人とユダヤ人」と題して「私家版・ユダヤ文化論」の復習・発展をさせているようなところがあります。フムフム~むずかしい

   

続きを読む "内田先生、受賞おめでとうございます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

English for special purposes

9月に入り、学校も始まりました♪拙ブログも模様替えして気分を一新。

今日は新学期も英語の勉強に励む人へ、ちょっとした言葉(今日の言葉も兼ねますね)を送りたいと思います。

English for special purposes

「具体的な目的のために英語を使えるようになればそれでいいということ」です。

続きを読む "English for special purposes"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »