« 「バダス」とは? | トップページ | 「文豪・夏目漱石」を再発見 »

2007年11月14日 (水)

コニコの「手元におきたい本」は☆

Pride and Prejudice (Penguin Classics) Pride and Prejudice (Penguin Classics)

著者:Jane Austen
販売元:Penguin Classics
Amazon.co.jpで詳細を確認する

BOOK大賞応援隊で”今週のお題”をいただきました。学生に戻ったようにレポート気分で「手元においておきたい本ってどんな本ですか?」について書き上げましょう。

なんていいながら、コニコはなんといっても本は基本的に借りる主義。読みたい本をすべて手元においていたら、お金も場所も足りなくなってしまいます。

でも、買って手元におきたい本はやはりあるもの。その気になる本は・・・

やっぱり好きな作家の本。インスパイアされたところに思いっきり付箋をつけて、やたら書き込みをして、とても図書館の本ではできないことをやりたい放題して、手元に残しておきます。何年かして読み返すと、始めにはわからなかった主人公の気持ちがわかったり、歳をとって共感する人物が変わってきたり、(映画でもそうだけれど)繰り返し読まれることにたえるキャパシティーの大きなものはいいですね。

わたしの中ではジェイン・オースティンの「高慢と偏見」(Pride and Prejudice)がそんな本のひとつ。そして友達というより、お姉さんのような本。しょっちゅう会うわけではないのに、久しぶりに会ってもいつでも懐かしく語り合えるような。ウィットに富んでハツラツとした気分にさせてくれます。

それから古本屋で見つける思いがけない出会いをした本も、「きっと今買わなければ再び出会うことのない本」として買います。

ずいぶん前に見つけた河合隼雄さんの「子どもの宇宙」もそんな本のひとつでした。この夏に河合さんの訃報を聞き、本棚の奥からこの本を取り出し、いろいろ考えさせてくれたこの本が手元にあることが形見のように大切に思えました。

私が手元におきたいという思いにさせる本は、きっと「手元にあるということを意識しなくても一緒だという安心感を与えてくれる本たち」なんです。

今日の言葉

I'll be there. (いつでもそばにいるよ。)

懐かしいジャクソン5の曲のようにそばにいてくれることで安心できる本。そんな本たちはやっぱり手放せませんよね。

他のBOOK大賞応援隊のご意見もどうぞ参考にしてみてください。サイトは「ミセスの本棚」へGO!TBをCHECK!!

|

« 「バダス」とは? | トップページ | 「文豪・夏目漱石」を再発見 »

BOOK大賞」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コニコさん、こんにちは。早速コメント&TBありがとうございます。私もお題のこと、忘れそうでした。
早く書いておかないと、またすぐ次のお題が出てしまうので
あわてて書いたので、なんだか文章がまとまりなくって・・・。

好きな作家さんの本は何度でも読み返したくなりますよね。それだけの魅力があるから、好きになったわけだし。
古本屋での出会いもわかりますね。

「こどもの宇宙」ちょっと読んでみたくなりました。
こうして、応援隊の方々が読まれた本を読んでいくというのも、新しい本との出会いができて楽しいですね。

長々と失礼しました。
また、よろしくお願いします。

投稿: ちーたんママ | 2007年11月15日 (木) 14時45分

コニコさん

こんにちは!トラックバック失礼いたします。
私も基本的に借りたり、読んだ本はすぐリサイクルしちゃったり
手元に置いておかないタイプなので、困ったなぁ~て思いました、笑
「子どもも宇宙」読んでみたいです。今度探してみようっと♪

投稿: MOGU | 2007年11月15日 (木) 17時29分

ちーたんママさん、またいらしていただいてありがとうございます。なんとか慌てて書き終えましたが、意外といいお題でしたね。お互いに思い出がしみこんだ本を紹介し合えて。
「子どもの宇宙」は新書なので比較的時間をかけずに読めるかなって思います。よかったらご一読を♪

投稿: コニコ | 2007年11月16日 (金) 08時07分

MOGUさん、毎度いらっしゃいませ。コメントとTBありがとうございました。BOOK○フは重宝してますよね。図書館でも人気の本だと1年くらい待たなければならなかったりして、待ちきれずに中古でということになったりします。ホント、もっとヒロビロとした家に住んでいたら気兼ねなくコニコ文庫がつくれるのに~なんて夢想しています。

投稿: コニコ | 2007年11月16日 (金) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/8920490

この記事へのトラックバック一覧です: コニコの「手元におきたい本」は☆:

» 手元においておきたい本ってどんな本ですか? [ちーたんママの懸賞生活]
えるこみ BOOK大賞応援隊 隊員のちーたんママです。さっそく、今週のお題にお答えしま〜す。お題「手元においておきたい本ってどんな本ですか?」私の場合、気に入った作家さんの本は、古本屋で購入して何度か読むと本棚に保管しています。推理小説も、...... [続きを読む]

受信: 2007年11月15日 (木) 14時39分

» 手元においておきたい本は? [MOGUS ATELIER]
サンケイリビングのえるこみ「BOOK大賞応援隊」から 今週のお題がでました♪ 手元に置いておきたい本ってどんな本ですか? 自称本好きのMOGUですが、実は本はあまり手元に置かないんです。 理由は・・・ 家が狭いから!∵:.(:.´艸`:.).:∵ブッ 今、家... [続きを読む]

受信: 2007年11月15日 (木) 17時25分

» 手元においておきたい本ってどういう本ですか? [有閑クーネルシネマ]
というミセスの本棚からのお題ですが皆さんはどうでしょう? まずは私の場合、誕生日事典! これは本棚の家庭の医学の隣に置いてます。 それから、装丁の美しい本(よしもとばななの... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 05時43分

» 手元においておきたい本(1)思い出の本 [ガムザッティの感動おすそわけブログ]
私は「捨てられない女」である。自分の記憶、自分の思い出は、すべてモノの中に保存されると感じる。誰かからもらったプレゼントの包装紙だって、子どもに買ってあげたプレゼントの包装紙だって、どれも思い出深くて捨てられない〜〜!!・・・くらいの女だから、自分が好...... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 08時01分

« 「バダス」とは? | トップページ | 「文豪・夏目漱石」を再発見 »