« 原作「ハゲタカ」「ハゲタカ2」読了して(ネタバレあり) | トップページ | 原書「A Christmas Memory」 by Truman Capote »

2007年12月29日 (土)

ごちそうさまが、ききたくて。

ごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選

今年もいよいよ暮れていきますね。

今日はミセスが選ぶBOOK大賞の「主婦力をアップさせてくれた本」にノミネートされているごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選 (著者:栗原 はるみ、販売元:文化出版局)を紹介します。

☆BOOK大賞の投票はコチラ

この本の奥付をみたら初版は1992年で、なんと15年前に世に出た本なんですね。すごいロングセラーです。コニコも実は本屋で立ち読みして1997年に買いました。ウチの本になってもう10年選手ですね~。

へそ曲がりのコニコは、始めはあまりに周りがカリスマ主婦「栗原はるみ」と騒ぐので敬遠していたんです。(そういえばアメリカのカリスマ主婦マーサ・スチュアートははるみさんをマネしているんじゃないかって疑ってるんですが)でも、百聞は一見にしかず。この本を実際にみて、買ってからというもの、使い勝手の良さと、見せる家庭料理という点でお気に入りの料理本になっていきました。お客さんの時はホント重宝です。

わが家のオハコは「わけもなくせん切りが好きで、生まれたメニュー」。にんじん、かぼちゃ、なんでもせん切りです。

この本をみていると、ザクザクって下ごしらえしてパーッと大皿に盛り、家族や気の置けない友達とごちそうを食べる楽しみが感じられます。今は定番の大皿盛も栗原さんの料理本から流行ったんじゃないかなって思っています。

そして去年、NHK教育でやっていた「3か月トピック英会話 栗原はるみの挑戦―こころを伝える英語」をみて、すっかり彼女のファンになりました。はるみさんの、英語がヘタでも精いっぱい自分のコトバでこころを伝えようとしている姿は初々しく逞しくもありました。はるみさんからコトバだけでない、おもてなしのこころを学ばせてもらった気がします。彼女は今は「英語が生きがい」なんて発言もしていました。

はるみさんの英語の本も一見の価値ありですよ。

日本の料理、自分のもてなしを自らの英語で海外の人にわかってもらいたいというミッションを感じているそうです。

今日はその挑戦の一つが放送されます。

12月29日(土)NHK教育 9:45~10:35「栗原はるみの挑戦―アメリカで日本の家庭料理を英語で教える」

てらわず一生懸命なはるみさんにまた会えるのが楽しみです。

今日の言葉

osechi: foods prepared for New Year's/ traditional Japanese New Year's cuisine

(おせち:お正月の伝統的な日本料理)

はるみさんは今年のお正月番組の中で、スシやトーフのように”osechi”も説明がなくても海外の人に通じるような食べ物になったらと使命感に燃えていました。

**********

今週の「ベストセラーの予感!の本」の書評はこちらのブログで!!

Karyu

◆下流社会 第2章 なぜ男は女に“負けた”のか 光文社 三浦展◆

有閑クーネルシネマ

Sayonara ◆さよなら、そしてこんにちは 光文社 荻原浩◆

MOGU'S ATELIER

Book56 ◆天璋院篤姫 講談社 宮尾登美子◆

ちーたんママの懸賞生活

|

« 原作「ハゲタカ」「ハゲタカ2」読了して(ネタバレあり) | トップページ | 原書「A Christmas Memory」 by Truman Capote »

BOOK大賞」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コニコさん、こんばんは。
TBありがとうございました。
「ごちそうさまが、ききたくて。」15年もロングセラーなんてすごいですよね。
おもてなし料理って難しそうなイメージだけど、
簡単にちゃちゃっと作れちゃうなら、私も一冊買おうかしら。

私も応援隊の皆さんとお知り合いになれて、大好きな本という共通の話題でお話ができて、とても楽しいです。
来年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: ちーたんママ | 2007年12月30日 (日) 00時55分

ちーたんママさん、今年もあと少しですね。コメントにそしてTB、ありがとうございました。
昨日のTVをみて驚いたのですが、はるみさんはなんと60歳とのこと。お若いですよね。そのお歳でいろいろなことに挑戦しているのをみていると、私もまだまだ頑張らなくっちゃという気になりました。
肩の力を抜きながらも、お互いに実り多い新年を迎えられますように♪

投稿: コニコ | 2007年12月30日 (日) 21時51分

コニコさん、こんにちは。
栗原はるみのドキュメンタリー、よかったです。
コニコさんのブログを読んでいなければ多分見逃していたでしょー。教えていただきサンキューです。
アトランタ在住の奥さん達もヘルプしたりしていて栗はる料理本に頼りつつおもてなし料理を作っていた駐妻ライフを思い出しておりました。
今度恵比寿の「ゆとりの空間」レストランご一緒しましょー(^^)

投稿: クーネルシネマ | 2008年2月17日 (日) 13時56分

毎度♪この特番、保存版にすることにしました。巻物に挑戦しようと思ってます。ゆったりもてなしの生活を思い出しますね~

ぜひ栗原さんのお店に行ってみたいですね。楽しみです(^v^)

投稿: コニコ | 2008年2月18日 (月) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/9612287

この記事へのトラックバック一覧です: ごちそうさまが、ききたくて。:

» 「天璋院篤姫」読んでみました。 [ちーたんママの懸賞生活]
えるこみ BOOK大賞応援隊 隊員のちーたんママです。BOOK大賞ノミネート作品をご紹介パート4「ベストセラーの予感!の本」部門より私が読んだ1冊をご紹介しま〜す。『天璋院篤姫』 講談社 著:宮尾登美子激動の幕末維新、薩摩の島津家から徳川...... [続きを読む]

受信: 2007年12月30日 (日) 00時49分

« 原作「ハゲタカ」「ハゲタカ2」読了して(ネタバレあり) | トップページ | 原書「A Christmas Memory」 by Truman Capote »