« 「村上春樹にご用心」の内田樹にご用心 | トップページ | 「新幹線ガール」参上 »

2007年12月 9日 (日)

映画「4分間のピアニスト」(four minutes)ネタバレあり

4 Photo_2 ピアノが出てくる映画はなぜか心が騒ぎます。「戦場のピアニスト」しかり「ピアノ・レッスン」しかりです。そして先日観たドイツ映画「4分間のピアニスト」もまた、心が騒ぎました。

2人の一見対照的な女性がピアノを通してもがきながら自由を獲得しようとする話。わたしにはこの2人がお互いの分身に思えました。

4分間のピアニスト [DVD] 4分間のピアニスト [DVD]

販売元:ギャガ・コミュニケーションズ
発売日:2008/06/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

刑務所でピアノを教える老教師のクリューガーと殺人犯とされている女囚、若きジェニー。音楽なしでは生きていけないことを知りながら、過去のトラウマから抜け出せないでいます。

冒頭シーンはどんよりととても静かに始まります。カメラは自殺した女囚の身体を捉え、そして同じ牢屋にいるジェニーを映し出します。彼女は首をつった死体からジェニーは、それがまるで死体でないように無表情でその服のポケットからタバコを奪い一服し始めます。まるで自分の感情をすべて殺してしまったように。

刑務所で行われるミサでクリューガーはモーツァルトを弾き、ジェニーの手も動き出し空想のキイで曲をなぞります。クリューガーが初めてジェニーを発見した瞬間でした。クリューガーは若き才能を見抜き、そこに若き自分を見たようでした。そしてジェニーの方は自分の中に殺していた音楽への情熱をピアノ教師であるクリューガーに見たのではないでしょうか。

激しく惹かれあう2人は、レッスンの中、過去を深く弔うようにゆっくりとシューベルトを奏でます。

しかし過去は暴力的に2人の前に現われ、荒々しく気持ちを引き裂きます。そして2人は共に音楽を捨てるギリギリのところに立たされていきます。この時、2人の過去が明らかにされます。クリューガーは、過去のドイツの負の遺産、自分自身の負の遺産を抱え続けている苦悩を語っています。ナチの残虐さ、自分の恋人への裏切り、ピアニストとしての挫折。ドイツが歴史に刻んだ苦しみを今も語り継ぐ態度は、戦争での日本の負の遺産を忘れようとするそれとずいぶん違うと感じました。ジェニーも養父の裏切りと恋人への孤独の愛をぶつけます。2人のつながりは、過去を曝け出すことによってより強いものになっていきました。

ラストのコンテスト決勝での演奏へ。

4分間の音の振動は、そこにいる人を釘付けにします。鍵盤を打ち叩き、ピアノの弦をはじき―それはジョニーとクリューガーの心の飛翔ともいえるものでした。演奏後にジェニーは手錠をかけられ、捕らえられても2人の間には自由を噛みしめた微笑と震えるような喜びがあったのだろうと感じさせられました。最後のジェニーの万感のお辞儀は4分間の演奏と共に目に焼きついています。

ドイツ中から集まった1200人の中から選ばれたジェニー役のハンナー・ヘルツシュプルングの演技は切羽詰った緊張感があり、観ている方も魅せられました。

ちなみにラストのピアノ演奏をしたのはドイツ在住の日本人、白木加絵さん。そして劇中のシューベルトを弾いていたのが木吉佐和美さんです。

この映画、圧倒的なリアリズムと心を刺すような演出で、アメリカ映画にはない媚びない潔さが印象的です。

今日の言葉

Ms. Kruger makes a living by teaching the piano.

(クリューガー先生はピアノを教えて生計を立てている。)

|

« 「村上春樹にご用心」の内田樹にご用心 | トップページ | 「新幹線ガール」参上 »

映画・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

この映画もかなり惹かれました。
シネスイッチで、「どっちに入ろうか・・・」最後まで迷った。

あのピアノを弾いているのが日本人とは、
初めて知りました。
なんか、誇らしいような気持ち・・・。

投稿: gamzatti | 2007年12月11日 (火) 09時20分

gamzattiさん、ピアノ好きにはたまらない演奏ですよ♪久しぶりに、シューベルトもいいなって思いました。歳をとってより味わい深いというか・・・。タイトルの本当のピアニストが実は日本人ってちょっと嬉しいですよね。

わたしも「呉清源」に強く惹かれています。観に行こうかしら。大森さんとノムノム(野村宏伸)が出ているのをgamzattiさんの記事で知り、そそられちゃいました!

投稿: コニコ | 2007年12月11日 (火) 22時24分

TB、ありがとうございました。
素晴らしい迫力でした。
私もピアノ映画には、ついついひかれてしまいます。
「僕のピアノコンチェルト」とか「私の小さなピアニスト」なんてのも秀作でした。
ピアノ映画はあたりが多いですね。

投稿: sakurai | 2008年4月15日 (火) 23時32分

sakuraiさん、TBにコメントにとありがとうございました。このところ、ピアノ映画が結構続いたのですね。おススメの2作も観てみたいです。そうそう、今度「ラフマニノフ」も始まりますね。楽しみです。
またおじゃまさせていただきます

投稿: コニコ | 2008年4月16日 (水) 14時34分

マストな新作アイテム続々入荷中…
長年の豊富な経験と実績を持ち、
ブラントブランドコピー品の完壁な品質を維持するために、
一流の素材を選択し、精巧な作り方でまるで本物のようなな製品を造ります。
高品質の商品を低価格で提供する、納期を厳守することは弊社の経営理念です。

今、マストなブランドコピー新作アイテム続々入荷中…
【シャネルコピー、ヴィトンコピー、コピーグッチ、エルメスコピー】
ブランド財布コピー、バッグコピー腕時計コピーぜひおすすめです。
激安ブランドのオーデマピゲ腕時計 https://www.watcherdg.com/wallet/product-21396.html

投稿: 激安ブランドのオーデマピゲ腕時計 | 2020年5月27日 (水) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「4分間のピアニスト」(four minutes)ネタバレあり:

» 4分間のピアニスト [迷宮映画館]
これはすごい!魂の演奏だ。しばし、迫力に圧倒される・・・。 [続きを読む]

受信: 2008年4月15日 (火) 23時29分

« 「村上春樹にご用心」の内田樹にご用心 | トップページ | 「新幹線ガール」参上 »