« 好奇心の森の南方熊楠さん | トップページ | 安室奈美恵「NEW LOOK」 VidalSassoon 60'sスペシャルCM »

2008年2月 3日 (日)

「下流社会―新たな階層集団の出現」&「下流社会 第2章―なぜ男は女に”負けた”のか」

下流社会 新たな階層集団の出現

下流社会 第2章  なぜ男は女に“負けた下流社会 新たな階層集団の出現(三浦 展著、光文社)と下流社会 第2章 なぜ男は女に“負けた"のか (光文社新書)(三浦 展著、光文社)を一気に読みました。

懐かしいマーケティング手法。20年ほど前に、マーケティング情報誌「アクロス」を熱心に読んでいた頃を思い出しました。三浦氏はその雑誌の編集長だったんですね~。

グループの属性をみる切り口は、読んでいる雑誌、持っている物、未既婚と親の年収、自分の年収など。それを分析し、らしいネーミングをつけて、マッピング。つまりレッテルを貼るわけ。

昔は、特徴あるグループが団塊の世代や新人類くらいだったのに、この本によると今や「かまやつ女系」だの「ロハス系」だのと階層化がともなった消費者グループの細分化が起こっているようです。女と男の階層意識もかなり違い、面白がったり、心配になったり。

ここからは本を読んで、考えたこと。

消費行動はかなり多様化しているようなのに、世の意識の方は同じような気がしてならないですけど。意識というか、価値観といった方がいいのでしょうか。特に10代から20代の人の「自分の社会での立ち位置とは関係なく自分らしさ」を求めるという傾向。

「下流社会」の第5章には「自分らしさを求めるのは『下流』である?」という章があります。

自分らしさ志向は「下」ほど多い 自分らしい人生という呪文 「個性を尊重した家族」も「下」ほど多い  低階層の若者ほど自己能力感がある  自分らしさという夢から覚めない  自分らしさ派は階層意識も満足度も低い  自分らしさ派は、未婚、子供なし、非正規雇用が多い

上の見出しは全部5章のもの。今の社会全体が地盤沈下しているとしたら、「これは下流の問題で自分には関係ない」とは言えないかな。

最近、オバサンになってから思うのですが、「自分らしい人生」というものが本当にあるかということ。アルバイト、パート、正社員、派遣、主婦と一通りの働き方をしてきたけれど、いつでも「自分らしい人生」だったのかと言われれば、そうだという気もするし、そうじゃない気もします。

社会も働くシステムをもっと柔軟に考えてほしい点がひとつ。フレックス正社員やワーク・シェアリングなど。そして、これから生きていく人も「頑なな自分らしさ、まやかしの個性」から解き放たれてほしいと思います。「下流社会」の「ドラゴン桜」の引用(174ページ)―(大人は)未知の無限の可能性なんて、なんの根拠もない無責任な妄想を植えつけてんだ。―は傾聴に値します。(こう言い切れるのは勇気入るけどね)

今日の言葉

「ひきこもり」研究の第一人者である精神科医の斎藤環は、コミュニケーション能力が高いか低いかが、若者に勝ち組、負け組み意識を植え付けることをつとに指摘している。(「下流社会」173ページ)

|

« 好奇心の森の南方熊楠さん | トップページ | 安室奈美恵「NEW LOOK」 VidalSassoon 60'sスペシャルCM »

BOOK大賞」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コニコさん、おはようございます。
上流、下流という二極分化だけでは飽き足らず、さらにほんの少しの差異でより細かく分類するというのが最近の傾向かもしれませんね。
それぞれのネーミングの妙とあいまって「なるほど~」と思うこともありました。
無理やりな結論も見受けられる本でしたが、ベストセラーになるのもわかる気がしました。
「自分らしさ」幻想も目から鱗でした。

投稿: クーネルシネマ | 2008年2月 7日 (木) 06時11分

クーネルシネマさん、朝早いですね。こんばんは。

そうそう、この本を読みながら、日本社会がイギリス社会と実は似てきているのかな~などと思ったりもしました。イギリスのミドル・クラスも実はきっちりアッパーミドルとロウアーミドルと分かれていて、その間の流動性があまりないという点など。サッカーのフーリガンもロウアー・ミドルに多いとかね。日本では下流と名付けましたが、中流の「下」でしょ、増えているのは。

それと、男も女も年収を聞いて結婚相手を吟味するという点、ジェイン・オースティンの小説のようだと思ったり、思い返すと意外とインスパイアされた本でしたね。

投稿: コニコ | 2008年2月 7日 (木) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/10273918

この記事へのトラックバック一覧です: 「下流社会―新たな階層集団の出現」&「下流社会 第2章―なぜ男は女に”負けた”のか」:

» 下流社会 第二章 [有閑クーネルシネマ]
ミセスが選ぶBOOK大賞ベストセラーの予感ノミネート作品第三弾! /images/I/11Hls2.. [続きを読む]

受信: 2008年2月 7日 (木) 06時18分

« 好奇心の森の南方熊楠さん | トップページ | 安室奈美恵「NEW LOOK」 VidalSassoon 60'sスペシャルCM »