« クラブ・カラキョウ(3) | トップページ | まんがでも読破「カラマーゾフの兄弟」 »

2008年7月21日 (月)

「適当論」は純次的適当?

適当論 [ソフトバンク新書]

「カラマーゾフの兄弟」を読んで何だか相当疲れました。そこで高田純次の適当パワーで元気になろうと思って「適当論 [ソフトバンク新書]」を手に取りました。がしかし、この本、ちょっと違うでしょ。著者が”高田純次”となっていますが、実は精神科医の和田秀樹という人の「高田純次論」になっています。

こりゃー、著者名が適当すぎるわねー。

純ちゃんのシュールな適当さに出会えず「おやまあー」の本でした。

あっ、「俺は100メートルを9秒で走れたよ。バイクで」(93ページ)は笑えましたけど。

|

« クラブ・カラキョウ(3) | トップページ | まんがでも読破「カラマーゾフの兄弟」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/22450635

この記事へのトラックバック一覧です: 「適当論」は純次的適当?:

« クラブ・カラキョウ(3) | トップページ | まんがでも読破「カラマーゾフの兄弟」 »