« 原書「I Was Vermeer」(2) | トップページ | ニナミカの「蜷川妄想劇場」 »

2008年7月 2日 (水)

「夢をかなえるゾウ」を読んだゾウ

夢をかなえるゾウ 夢をかなえるゾウ

著者:水野 敬也
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

近ごろ話題の「夢をかなえるゾウ」(水野敬也著、飛鳥新社)を読んでみた。いわゆる啓発本だが、関西弁の啓発先生がかなり愉快だゾウ。

インドの大衆神、ガネーシャがその啓発先生のゾウ。毎日飛び出す教訓が押し付けがましく聞こえないところがみそ。

反面教師みたいなガネーシャ先生は、先人の知恵をジャブの効いた話術で聞き手の身体に染み込ませる。毎日1つ、「ガネーシャの課題」が与えられて、それを弟子の「僕」が実践していくという流れ。

例えばコニコが気に入った「ガネーシャの課題」は

一日何かをやめてみる(110ページ)

一日ブログをやめてみる、テレビをみるのをやめてみる、ほしいケーキを買うのをやめてみる、などなど。それをやめたことでできること、もちろんボーッとすることも含めて何か違うことが見えてくるということ。面白い。

人の長所を盗む(204ページ)

ガネーシャ先生と弟子の「僕」の会話はこんな感じ。

弟子:「そういえば『すべての創造は何かの模倣だ』という言葉をきいたことがあります」

ガネーシャ:「そうや。でもな、自分らはそういう言葉知ってんのに、びっくりするほどマネせんやろ」

弟子:「うーん、あからさまにマネするのはちょっとどうかなと思います。恥ずかしいというか、何か気後れするんですよね」

ガネーシャ:「それがもう『自分にベクトル向いとる』状態やっちゅうねん。なんでマネすると気後れするんや?なんでマネすると恥ずかしいんや?それは、自分らの勝手なプライドやろ(中略)だいたい、『何のためにマネするのか、何のために模倣するのか』そのこと考えたことあんのんか?…マネするんはな、お客さんを喜ばせるためなんや。人を喜ばせるという目的に照準が合うてたら、人のマネすることに恥ずかしさなんか感じひんのや。いや、好き勝手パクってええってことやないで。たとえば同業者のやってることマネさせてもらうんやったら、それなりに筋通さないかんこともあるやろ。でもな、早う成長して、早う技術覚えて、もっと多くの人をもっと喜ばせたいいう思い、それが何より大事なんや。わかるか?」(201ページ)

自分以外に目を向けて「あの人はどうしてあんなことができるのか」よくみてすごいところを盗みたいものだ。余計なプライドなどいらない。マニュアルで教えてもらうのではなく、やっぱり自分で盗むってのが身につくのだろう。

その他、どこかで聞いたような教訓ばかりだが、素直に聞く耳を持てるのが不思議。これもガネーシャ先生の受け狙いではあるけれど、茶目っ気のある神様ぶりが笑えるから。

1日飲みに行くのをやめた方、TVを見るのをやめた方、「夢をかなえるゾウ」に会ってみるのも楽しいかも。厚めにみえる本だがさくさくっと読めるゾウ。

こちらのサイトも大いに笑えます。「ウケる日記」 「夢をかなえるゾウ」公式HP

今日の言葉

We are what we repeatedly do.  Excellence then is not an act but a habit.- Aristotle

人は繰り返し行なうことの集大成である。だから優秀であるというのは、行為ではなく習慣なのだ。―アリストテレス

|

« 原書「I Was Vermeer」(2) | トップページ | ニナミカの「蜷川妄想劇場」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「それがもう『自分にベクトル向いとる』状態やっちゅうねん。なんでマネすると気後れするんや?なんでマネすると恥ずかしいんや?それは、自分らの勝手なプライドやろ(中略)だいたい、『何のためにマネするのか、何のために模倣するのか』そのこと考えたことあんのんか?…マネするんはな、お客さんを喜ばせるためなんや。」いいですね。ちょっと感動しました。心に留まりました。そのまま消えることなく、今日を迎えました。だから、お礼です。素敵な文章、本を紹介してくださってありがとうございます。「夢をかなえるゾウ」、読んでみようと思います。自分にベクトル向かっていたここ2年、やっと外にベクトルが向かい始め、元気の出てきた私です。

投稿: ルーシー | 2008年7月 8日 (火) 04時09分

ルーシーさん、「自分にベクトルが向かうこと」も大切ですよね。ただ、それだけになると苦しいばかりで。私も引用したところには心に残るものがありました。共感してもらえてうれしいゾウpigです。きっと関西弁のゾウさんに出会うとちょっと楽しくなってもっと元気になれるかも。宝くじの件も大好きですflair

投稿: コニコ | 2008年7月 8日 (火) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/21961269

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢をかなえるゾウ」を読んだゾウ:

» 夢をかなえるゾウ ドラマ化 [おもしろつれづれ記]
夢をかなえるゾウ ドラマ化 「夢をかなえるゾウ」水野敬也:著ゾウの姿をした「神様」ガネーシャと、う... [続きを読む]

受信: 2008年7月22日 (火) 23時40分

« 原書「I Was Vermeer」(2) | トップページ | ニナミカの「蜷川妄想劇場」 »