« 「あすへの話題」の終わりとはじめ | トップページ | 「人間自身 考えることに終わりなく」 »

2008年7月 8日 (火)

文芸誌「monkey business」vol.1野球号

Photo 翻訳家、米文学研究者の柴田元幸氏が責任編集の新文芸誌「monkey business」創刊号をご紹介。ポップな表紙がお気に入り。vol.2ももうすぐ-7月19日発売。

季刊誌といっても限りなくアンソロジー、ハードカヴァー本のよう。何が言いたいのかというと、カヴァーはソフトだけどお値段がお手ごろで中味が濃いですよということ。じっくりと楽しめました。

それにしてもこのタイトルは?「モンキーに?ビジネス?」??これって、口語で「いたずら、悪ふざけ」っていう意味らしいのです。先日「グレン・グールド 27歳の記憶」を観に行った時のこと。映画の中でグールドがジョークを言った時、「そんなモンキー・ビジネスなこといって」と相手が受け答えしていたんです。「おっと、モンキー・ビジネス、生英語!」となにやら興奮してしまいました。

と、前置きはそのくらいにして濃い中味を紹介しなくては!今回は「野球号」。冒頭トークは小川洋子さんと柴田先生の対談で、お二人ともそれはそれは楽しそうに野球を語っておられました。読んでいるこちらも楽しくなっちゃう。

そして折々に挿入されるパステル調のイラストが風のようにすがすがしいです。柴田先生の翻訳、今モノと古典モノが毎号味わえるなんてステキ(なんですよ)。時間(現代モノと古典と幅広く)と空間(日本のみならず、世界の文学を志向する)を遊びながら楽しむっていう観点でいながら、したたかに文学に熱い思いを寄せる意欲的な本(私的にはこれは雑誌のカテゴリーでないです)。

連載モノもあり、川上弘美さん、岸本佐知子さん、小野正嗣さん、ダニイル・ハルムスさん(ロシア)、バリー・ユアグローさん(アメリカ)が担当。

全部ぜーんぶ、読んでどれも「ウフ」とか「ひえ~」とか感じながらも、あえてコニコ的おすすめは、「不条理3羽ガラス」(と勝手に名づけたのですが)の3作品。

①岸本佐知子さんの「あかずの日記」(112ページ)…ともかく受けました。可笑しくて不気味に一人で大笑い。この方の文の切れ味、最高。不条理の「分数アパート」で座布団あげて!

②Classic in Comic 「流刑地にて」(カフカ、池内 紀訳)by西岡兄妹(125ページ)…カフカの乾いた文と無機質な絵が怖かったです。ゾゾッ

③書写人バートルビー-ウォール街の物語(ハーマン・メルヴィル、柴田 元幸訳)(150ページ)…英語原書で挑戦したことがある作品。むずかしくて無残にも沈没。今回柴田先生の訳でバートルビーの不条理さに思わずのけぞりました。不思議な謎のバートルビー。

なんだかんだで楽しみはまだ終わらない。

どうぞ、onlineのmonkey businessも見てみて下さい。「猿の仕事」というところで柴田先生のウェブ版でしか読めない編集後記を拝見。その他、online onlyの「ハルムスの世界」「クラシック・コミックス」(さかさま漫画は是非拡大してお楽しみを)はおちょくられている様な、でもとぼけたがところが面白く愉快でした。

来週発売のテーマは「眠り号」だそうです。では、そろそろおやすみなさい。

今日の言葉は I would prefer not to sleep. (寝ない方が好ましいのですが)で、バートルビーみたいに・・・

|

« 「あすへの話題」の終わりとはじめ | トップページ | 「人間自身 考えることに終わりなく」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

英米文学」カテゴリの記事

コメント

「モンキービジネス」がいつ話題になるかな・・・と楽しみにしておりました。私は①「流刑地にて」②「浦ばなし」③「あかずの日記」かな。とにかく、読み応えがありますね。「モンキービジネス宣言」も素敵!「ロスジェネ」でモンキービジネスをとりあげているようです。(まだ読んでいませんが。)「ロスジェネ」も気になる雑誌です。

投稿: ルーシー | 2008年7月 9日 (水) 03時41分

ルーシーさん、毎度いらっしゃいませ。そうそう、「ロスジェネ」はこの間、日経にも載っていましたよね。要チェックです。「モンキービジネス宣言」は”(の・ようなもの)”をつけたのが著者らしいと思ってしまいました。うーん、次号も楽しみです。

投稿: コニコ | 2008年7月 9日 (水) 21時00分

「モンキービジネス」やっぱり面白そうですね!とにかく本が増え続けているので自制しているのですが、やっぱり買ってしまいそう・・・それに本ってそのときに買わないとなくなっちゃいますよね? うん、やっぱり、買います!コニコさん、背中を押してくださってありがとうございます!

投稿: 点子 | 2008年7月10日 (木) 21時59分

点子さん、いらっしゃいませ。増え続ける本ほど悩ましいものはないですね。それでもわたしも買ってしまう…。もう病気のようなものです。これは持病だと思って大事に様子をみながらやっていこうと思っています。点子さんと同年代だということがわかり、ますます親しみを感じます。そして勝手に同じ病気だと思って「モンキービジネス」の道に引きずり込んでしまっています。創刊号、必須でしょう(笑)

投稿: コニコ | 2008年7月11日 (金) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/22139917

この記事へのトラックバック一覧です: 文芸誌「monkey business」vol.1野球号:

« 「あすへの話題」の終わりとはじめ | トップページ | 「人間自身 考えることに終わりなく」 »