« もっとあったサリンジャーのこと―文芸誌「monkey business」vol.3.5 | トップページ | 本屋「COW BOOKS」とCAFE 「Dragonfly」 »

2008年11月20日 (木)

「東大合格生のノートはかならず美しい」

東大合格生のノートはかならず美しい

 本屋さんに行くと、いろいろな誘惑があってつい衝動買いをしてしまいます。今日も話題の「東大合格生のノートはかならず美しい」(太田 あや、文藝春秋)を手にとって・・・今PCの前に鎮座しております。値段も手頃な1000円で雑誌を買う感覚。

この本、学生だけではなく、サラリーマンなどの社会人にも人気とか。

まずは装丁がシンプルで水色一色。すがすがしく、つい手にとりたくなります。書名も悲しいかな(?)「東大」という紋所。知的労働者の学生、ホワイトカラーはそのことばに弱く、ついそそられるようで・・・さらにさりげなくROUTE TO THE TOPなんていうことが書かれて・・・売れているのでしょうね。

しかしてその中味は、「東大ノート7つの法則」ということを軸にしてまとめてあります。

「法則1 とにかく文頭は揃える」など、特に目新しい点はないように思えるのですが、この本自体のまとめ方はうまくできているな~と思います。カラフルなノート解説と、ところどころに息抜きのようなコーナーを設けたりして見やすい点など。

わたしが今までみたノートの中ですごいと思ったのは、夏目漱石のノート。細かい字でぎっしり書いてあるんです。日本語に英語にと、曲がることなくダダダーッと書きまくっているノート。迫力です。そのノートには、さすがの東大生もかなわないかなって思ったら、「おお、夏目漱石も帝国大学生=今の東大の学生だった」んですね。恐れ入りました。

|

« もっとあったサリンジャーのこと―文芸誌「monkey business」vol.3.5 | トップページ | 本屋「COW BOOKS」とCAFE 「Dragonfly」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コニコさん、楽しい本をご紹介くださりありがとう。
あれ~TBしたのにできてない・・・なぜ?

投稿: クーネルシネマ | 2008年11月21日 (金) 07時32分

あ、できた・・・(^^)
よく見たら、コニコさんのブログURLをTBにコピペしてました(笑)TBできないわけですね。

投稿: クーネルシネマ | 2008年11月21日 (金) 23時58分

クーネルシネマさん、おはようございます。TBできてよかったです。こっちの不具合で出来なかったかなって心配しちゃった。
ブログを書いていると、まとめる力と、話題を取り上げるスピードって本当に大事だと思います。それが東大ノートと人気ブログにも共通しているところでしょう。わたしも「有閑クーネルシネマ」をみて、修行に励みます(m- -m)

投稿: コニコ | 2008年11月22日 (土) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/25515549

この記事へのトラックバック一覧です: 「東大合格生のノートはかならず美しい」:

» 東大合格生のノートはかならず美しい [有閑クーネルシネマ]
昨日、息子のテストが最悪の夢を見たのでこんなの買ってみました。 「東大合格生のノートはかならず美しい」 南方熊楠?と思われるような繊細で緻密でこだわったノートの数々。 だいたいノートというのは買ったばかりの真新しい最初の数ページ目くらいまでは力を入れるものの、そのテンションは普通持続しない。 ゆえにエコに反する「もったいない」ノートがゴロゴロ…というのが凡人ノートの実態ではなかろうか。(そりゃ、私) ところが東大合格生のノートは最後まで同じテンションで1冊が完成している「迫... [続きを読む]

受信: 2008年11月21日 (金) 23時49分

« もっとあったサリンジャーのこと―文芸誌「monkey business」vol.3.5 | トップページ | 本屋「COW BOOKS」とCAFE 「Dragonfly」 »