« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の記事

2009年1月31日 (土)

原書「The Rich Boy」

The_rich_boy 1月は「行く」というように月日の経つのは早いですね。今日は31日、月末になりました。恒例の「原書でキャンペーン」、今月はフィッツジェラルドの「The Rich Boy」です。

長編と呼ぶには短く、短編というには長いのだけれど、主人公のアンソン・ハンターのことを語るにはなんと丁度いい長さなのだろうと思った。

続きを読む "原書「The Rich Boy」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

「われらがアウルズ」

われらがアウルズ (ハヤカワ・ノヴェルズ) 先日、「Simple Gifts」の訳を引用させていただいた翻訳家、光野多惠子さんが訳された「われらがアウルズ (ハヤカワ・ノヴェルズ)」(ロバート・B・パーカー著/早川書房)を読みました。

洋書では充実しているヤングアダルト向け(思春期の中高校生向け)の本です。わたしは全然知らなかったのですが、ロバート・パーカー氏は探偵ものの大家で、この作品は彼が若い読者のために書いた最初のものだそうです。

続きを読む "「われらがアウルズ」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

☆Potluck☆〈持ち寄りパーティ)

Cimg0904Cimg0903  あら、ホテルのランチ?なんて思った方、こちらはさるカリスマ・ミセス・ブロガーさんのお宅でのポトラック・パーティのお料理でございますの。

久しぶりに集まった気の置けない友人の集まりで持ち寄ったお料理の豪華なこと、美味しゅうございました。わたくし、今日はいつになく食が進みました(なんてね、いつも好きなだけ食べていますが、さらにってこと)。

って、”ざますことば”は疲れるので、この辺からいつもの口調で。ホント、オバサンが11人も集まれば〈 姦しい x 3〉以上ということで、声を嗄らしておしゃべりが続きます。わっはっはアマゾネス軍団と化したわたくしたち。突然おとずれる一瞬の沈黙は皆が舌鼓を打っているときだけ。楽しいランチをご馳走様でした(何年ぶりかのポトラック、懐かしかったわ)。ホステスの有閑さま、いろいろありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

「家守綺譚」

家守綺譚 (新潮文庫)

年頭に梨木さんの小説が読みたくなると書きました。それで「家守綺譚 (新潮文庫)」を読んでみました。

本題に入る前に、梨木さんの本のタイトルって、なんだかなぞなぞみたいだと思いませんか?「西の魔女が死んだ」もエッ魔女って誰?と思ったし、「ぐるりのこと」って何のこと?とか。そして今回の「家守綺譚」ってなんじゃいの~?と思ってしまいました。

続きを読む "「家守綺譚」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

ウソにはウソで

映画 クロサギ (スタンダード・エディション) [DVD]

 先日「”だまされている”という暗示」を書きましたが、今日の日経新聞の夕刊にこんな記事を見つけました。ちょこっとご紹介。

振り込め詐欺にだまされたふりをして犯人を誘い出す作戦を、神奈川県警が始めた。誘い出し役は警察関係者の家族。早くも、容疑者逮捕に至ったケースもあるという。(中略)「本当にだませたのか」「逆にウソをつかれているのでは」などと、相手が疑心暗鬼になればしめたもの。ウソで荒稼ぎするものも、ウソをつかれる側に回ると、案外、もろいかもしれない。(コラム「波音」より)

続きを読む "ウソにはウソで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

「神たちの誤算」

Photo 福岡伸一氏の新刊本「できそこないの男たち」NHKスペシャル「女と男」と、人間の生殖という点にライトをあてたものをレヴューしましたが、今日は主に妊娠に焦点をあてた医療サスペンスの本を取り上げます。

タイトルは「神たちの誤算」(新潮社)。

渡辺由佳里/神たちの誤算

続きを読む "「神たちの誤算」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

「ミート・ザ・ペアレンツ2」(Meet the Fockers)

ミート・ザ・ペアレンツ2 スペシャル・エディション [DVD]

我が家では、何にも考えずにただ笑える映画を観たいときには、ベン・スティラーに 登場していただいています。今日は、ちょうどそんな気分。前に観た映画の続編「ミート・ザ・ペアレンツ2 スペシャル・エディション [DVD]」を借りてきました。今回も豪華な配役でおバカなドタバタが満載。ロバート・デ・ニーロが孫ボケのお祖父ちゃん役を演じ、笑えますし、その孫役の赤ちゃんがかわゆいのです。

爆笑シーンは、その赤ちゃんの”初めて言った言葉”―"○ss hole"

口をとんがらせて言うその言い方がまた食べちゃいたいくらいかわゆい。あ~、今日はよく笑いました。ベンさん、あなたは我が家のアイドルです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

「バーデン・バーデンの夏」

バーデン・バーデンの夏 (新潮クレスト・ブックス)

 ずっと読みたかったドストエフスキーへのオマージュの本、「バーデン・バーデンの夏 (新潮クレスト・ブックス)」(レオニード ツィプキン著)を読み終わった。

正直、この特殊な文体に慣れるまで時間がかかっていたのだ。というか集中して読まないと、自分が何を読んでいるか自身で行方不明になってしまうような不思議な気分におそわれた。その最も大きな要因となったのが、句点、行換えのなさ、そしてダッシュ―の多用だ。

続きを読む "「バーデン・バーデンの夏」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

懐かしい釜めしの味

Cimg0899Cimg0901 先日、おぎのやの「峠の釜めし」を差し入れしていただきました~♪

今年で発売50周年ですって。小さい頃、よく夏の旅行でこれを食べるのが楽しみでした。

今のようにグルメの時代ではない頃、こんなに豪華で満腹な気分になれるお弁当は花丸印だったんです、コニコには。ドライアプリコットと栗がまた子どもにはちょっと食べるのが惜しくて最後まで残していたりして。なんだか、若かった父と母のことも一緒に思い出してしまいました。懐かしいナ     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

オバマ大統領②―就任式の四重奏

Gift  新しい大統領が就任して待ったなしの仕事が始まったわけですが、もう一度、昨日行なわれたオバマ大統領就任式を振り返り、印象に残ったことを書きたいと思います。

それは世界的に有名なクラシック音楽家により演奏された四重奏「Air and Simple Gifts」のことです。

続きを読む "オバマ大統領②―就任式の四重奏"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

オバマ大統領①―大いなる希望(The Audacity of Hope)―

生声CD付き [対訳] オバマ演説集

まずはオバマ大統領、就任おめでとうございます。日本では就任式が深夜になりましたが、ワシントンの熱気が海を越えて伝わってきました。就任式に集った元大統領、前大統領たちも豪華。彼らの胸のうちは複雑な思いを抱えている人もいるでしょうが、和やかなお祝いムードで式は進んでいましたね。アレサ・フランクリンやクラシックの四重奏(これについては明日さらに詳しく記事にします)も場を盛り上げます。

さて、今日は迷うことなく「生声CD付き [対訳] オバマ演説集」をご紹介。

続きを読む "オバマ大統領①―大いなる希望(The Audacity of Hope)―"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月20日 (火)

「おはん・風の音」

おはん・風の音 (中公文庫)

本の目利きといえば、小川洋子さんがラジオ番組「メロディアス・ライブラリー」で薦めていた「おはん」を先日読みました。作家の宇野千代さんは、桜の花びらが印象的な着物デザイナーでもあり、文庫「おはん・風の音 (中公文庫) 」の表紙も鮮やかな中にも儚さのある桜模様。まるで宇野千代さんが着物を羽織って登場したような雰囲気です。

メディアによく出ていた宇野千代さんでしたので、お顔は馴染み深いものでしたが、本を読むのははじめて。

続きを読む "「おはん・風の音」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

NHKスペシャル「女と男」第3回 男が消える?人類も消える

3回シリーズの最終回「女と男 男が消える?人類も消える?」の放送が昨日ありました。見逃した方は、1月22日(木) 午前0時45分~1時43分 (21日深夜)総合で再放送がありますよ~。(第1,2回の再放送は既におわっていますが、視聴者のリクエストコールをすると反映される場合もあるので、見逃した方はNHKに電話してリクエストするといいですよ。過去に他の番組をリクエストして再々放送されたこともあります。)

今回は”Y染色体”と”精子”がキーワードでしたね。

番組冒頭、男性の証(あかし)であるY染色体が、そのコピーの過程でどんどん劣化していく映像は、負けると分かっている戦いに挑む戦士のようで、なんとも切ないものでした。それにバックに流れる音楽も悲壮に聞こえてきます。

続きを読む "NHKスペシャル「女と男」第3回 男が消える?人類も消える"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年1月18日 (日)

ひと安心♪

センター試験が終わりました。

例年寒い日で雪が降ったりと心配しましたが、比較的暖かな2日間でまずは受験シーズンが幕開けを明けました。

受験生、どうぞ元気で乗り切ってくださいね。

お弁当にはタコのウィンナーで置くとパスのおまじない(o^-^o)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年1月17日 (土)

太田チョイス、ナイス♪

今週は芥川賞と直木賞が発表になりましたね。

第140回の芥川龍之介賞は、「ポトスライムの舟」 津村記久子/群像11月号掲載(講談社)。直木三十五賞は、「悼む人」 天童荒太/文藝春秋と「利休にたずねよ」 山本兼一/PHP研究所。この中で特に「悼む人」は読んでみたいと思っています。
時々みさせていただいている「王様のブランチ」のブックコーナーでも受賞作家のインタビューがあり、津村さんのキャラがフツーっぽくて、でもどこかプッと笑ってしまうキュートさを披露していて好感度大でした。
 
ダラダラとみていると、なんと爆笑問題の太田さんが「太田チョイス」と題して本を紹介していました。芸能界きっての読書家太田さんの超おススメ5冊は以下の通り。
春琴抄 (新潮文庫) 赤毛のアン だから言わんこっちゃない―崖っぷち会社信徒逆襲の手引き雪 ウォッチメイカー

続きを読む "太田チョイス、ナイス♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

”だまされている”という暗示

近頃、「オレオレ詐欺」がより巧みになり、成りすましなど、宅急便といって家に押し入ったり、本当にこわい世の中です。・・・というTV、マスコミの報道ですっかり世の中、物騒で、人をだます人ばかりだという暗示にかかってしまいそう。

先日も「○○保険ですが、仕組みがかわったのでお宅にうかがわせて頂いてご説明させて頂きたいのですが」という電話があったのですが、・・・家に来るなんて、怪しい、だまされているかもしれない・・・という気になりました(結局、本当の保険屋さんだったのですが)。

そして先週、ケーブルTVの人が家に来た時も、・・・この人、本当に○○の会社の人かしら。家に上げても大丈夫かな~・・・と、つい疑り深くなってしまいました(この人も、本物でした)。

用心にこしたことはありませんが、いつもいつも”だまされているかもしれない”というの気分でいるのはなんだか気持ちのいいものではないですね。あっ、でも本当にだまされたら、気持ちのいいものでないなどと呑気なことはいっていられませんがねcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

NHKスペシャル「女と男」

昨日の記事ではNHKの不満を申しましたが、先日NHK総合で放送されたNHKスペシャル、シリーズは、ドラマ仕立てで番組作りにも工夫がみられ、魅力的なものでした。皆がみられる地上波でよかった♪

司会は、「英語でしゃべらナイト」卒業生の松本和也アナウンサー。懐かしいお顔。すでに2回分の放送がおわりましたが、最終回の第3回は今度の日曜1月18日午後9時~9時58分放送です。

続きを読む "NHKスペシャル「女と男」"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2009年1月14日 (水)

佐藤初女さんのおにぎりと森のイスキア

いまを生きる言葉「森のイスキア」より

いつもながら地上波以外の番組を録ってくださるTさん、今回も慌しい中、わがままなコニコのリクエスト、「初女さんのおむすび~岩木山麓(ろく)・ぬくもりの食卓~」を録画してくださいました。ありがとうございます。この番組はNHKBShiで年末に放送されたものです。こんなにいい番組、なんで衛星放送、しかもBSハイビジョンでやるのでしょうか、受信料払っているのですから、NHK総合でやってほしいところ(≧ヘ≦)

不満はさておき―青森・岩木山ろくにある家「森のイスキア」では、こころに苦しみや悩みを抱える人たちを温かく迎えてくれます。そのイスキアの主である佐藤初女さん(87歳)は、訪ねてきた人の話に一心に耳を傾け、一緒に食卓を囲み、食べることの大切さを伝えています。

続きを読む "佐藤初女さんのおにぎりと森のイスキア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

英語のスピーチorインタビューをどう考えるか?

あいまいな日本の私 (岩波新書)

いつも拙ブログに立ち寄ってくださる点子さん。彼女のブログ「点子のブックカフェ」に先日遊びに行き「オルハン・パムク 「父のトランク」・・・「普遍語」と「現地語」のはざまで」というひじょうに触発される記事を読みました。

どんな点に触発されたかというと、トルコ人のオルハン・パムク氏がノーベル文学賞受賞講演を英語でなく、母国語であるトルコ語でされたという点です。彼の、「自分の一部としての母国語」で自分の考えや気持ちを伝えたいという切実で真摯な思いが感じられます。

続きを読む "英語のスピーチorインタビューをどう考えるか?"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年1月12日 (月)

村上春樹さんも還暦♪Happy Birthday♪

きょうは成人の日。二十歳の皆さん、おめでとうございますgood

ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック (村上春樹翻訳ライブラリー)

そして村上春樹さんのお誕生日でもあります。なんと60歳の還暦をお迎えになりました。

わたくし、長編小説は未読のものが多いのですが、エッセイ、短編、そして翻訳は折にふれて読んでいます。慢性の中毒ではないのですが、時々無性に食べたくなるケンタッキー・フライドチキンのようなもので、不定期に”あ~、読まなくっちゃ”モードになります。「ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック (村上春樹翻訳ライブラリー)」もエッセイ&翻訳本の好きな本のひとつです。

続きを読む "村上春樹さんも還暦♪Happy Birthday♪"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

成長するSignature Song

涙がただこぼれるだけ

お部屋の掃除をした後は、久しぶりにコニコ編集オリジナル音楽DVDを作ってみました(といってもただ録りためたハードディスクからDVDに落とすだけの作業ですが)。DVDに1枚のDVDにお気に入りの歌手のsignature songを選択。

まずはじめは、松田聖子の「 涙がただこぼれるだけ 」。2年前に「松田聖子という生き方」という記事を書きましたが、あの時は松田聖子のsignature song〈十八番)といえば「赤いスイートピー」と決まっていたのが、この「涙がただこぼれるだけ」が出てからは、こちらがコンサートでもファンが口ぐさむ曲になったようです。

続きを読む "成長するSignature Song"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年1月10日 (土)

じゃがりこのきりんのようにカウチポテトするコニコ

Cimg0897 年末に大掃除などという言葉をわすれてしまったコニコでしたが、今日になってバタバタと掃除をしました。なんで一段と寒くなってからやるのか、自分でもイヤになります。ちょっと壁の絵を直したら、わんさかホコリがでてきて、しょうがない、拭き掃除です。

暗くなる頃にはもう疲れてコーヒーにスナック。TVみながら、じゃがりこの景品のきりんのようにシャクシャク。カウチポテトが止まらない ・ ・ 

疲れたときはモ~寝るにかぎりますね。おやすみなさいsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

ラジオで聴く「映画監督たちの肖像」

NHKカルチャーアワーで「新訳『カラマーゾフの兄弟』を読む」が終わってしまって寂しいなっと思っていたら、同じくNHKラジオカルチャーアワーで「映画監督たちの肖像 日本の巨匠10人の軌跡」なるものが始まっていました。

放送日は毎週日曜の朝6時45分~7時25分(再放送 翌週の日曜午後1時20分~2時)です。朝早いのが苦手な人に再放送はありがたい。早速今度の日曜11日に第1回目の再放送「黒澤明(1)女のまなざし」を聴いてみようと思います。そうそう、肝心の講師は映画評論家の佐藤忠男さんです。3月29日まで13回のシリーズ。

興味をそそるのは日本の巨匠に誰が挙げられているかということ。

続きを読む "ラジオで聴く「映画監督たちの肖像」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

「コレリ大尉のマンドリン(Captain Corelle's Mandolin)」の役者たちあれこれ

コレリ大尉のマンドリン (映画で覚える英会話アルク・シネマ・シナリオシリーズ) (映画で覚える英会話アルク・シネマ・シナリオシリーズ)

お正月に録っておいたミッドナイトシネマ「コレリ大尉のマンドリン」を午後のコーヒーと共に満喫しました。

この映画、ニコラス・ケイジが出ているのでずっと気になっていた映画だったんです。お正月からTVでやってくれるなんて、ラッキー♪

時は第2次世界大戦下。ギリシャの小島、ケファロニア島を舞台にドイツとイタリア軍が駐屯。やがて島の人々を巻き込んでいく戦争の悲劇とその後の地震の悲惨さを描いた作品です。

続きを読む "「コレリ大尉のマンドリン(Captain Corelle's Mandolin)」の役者たちあれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

受験生応援グッズ☆ウカ~ルがウケ~ル☆

   Cimg0892          Cimg0895             Cimg0894      

七草粥も頂き、すっかりお正月気分も抜けましたね。買い物に行くとチラホラ受験生応援商品が並び始めました。

受験生を抱える家庭は験を担いで買ってしまいます(そうでなくてもイベント的商品は好きなわたしなのですがhappy02

受験生応援お菓子を2つ買えばもらえるというファミリーマートのキャンペーンにまんまとのって、もらったのが、「天才バカボン」のかわいいはじめちゃんクリアファイルです。

”学業成就”に桜の下を走るはじめちゃん♪裏にはお馴染みのバカボンのパパやレレレのおじさんがのっていて、おめでたく縁起がよさそうです。

続きを読む "受験生応援グッズ☆ウカ~ルがウケ~ル☆"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

大河ドラマ「天地人」はどうしよう・・・

天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

去年の「篤姫」は、テンポもよくセリフも楽しかったので、久々に1年通してみた大河ドラマでした。その勢いもあって、今年の大河ドラマ天地人初回を拝見。

時の人、妻夫木聡が主役で初回にはチラリと登場。第1回は、阿部寛演じる上杉謙信の印象が強く、ハイカラなマント姿はちょっと織田信長のイメージでしたが。初回だけで判断するのはなんですが、脚本があまりお気に召しませんでした。ちょっと説教じみているというか・・・。次回みて続けてみるか決めようかなって思っています。

続きを読む "大河ドラマ「天地人」はどうしよう・・・"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

New Year's Resolution☆Quote...Unquoteから

NHKラジオ実践ビジネス英語 2008 12 (2008) (NHK CD)

今年の目標は、「NHKラジオ実践ビジネス英語 」をためないで聴くこと。録音はどんどんするのだけれど、ためにためて今頃11月号を聴いている始末。

おっと、今週から今年初めの放送が始まりま~す。3日坊主にならないようにがんばります。

この番組の最後に、有名人の名言を取り上げているQuote...Unquoteというコーナーがあります。今日は2008年の名言から3つを書き出してみました。

続きを読む "New Year's Resolution☆Quote...Unquoteから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

書籍「ぐるりのこと」

ぐるりのこと (新潮文庫)

「西の魔女が死んだ」で梨木香歩さんのファンになり、彼女の本をまた読んでみたくなりました。どれにしようか、本棚から「ぐるりのこと (新潮文庫) 」というタイトルが気になり、手に取りました。

年初めのレヴューはこの本から。

まずは気になったタイトルの「ぐるり」とは?吉見昭一さんという茸にお詳しい方が「自分のぐるりのことにもっと目を向けてほしい」と言われた、その”ぐるりのこと”という言葉に梨木さんが一瞬心奪われたといっています。

続きを読む "書籍「ぐるりのこと」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

COWわいい干支パンを食べながら☆

Cimg0889 3が日も今日でおしまい。丑年に因んだウシのパンを頬張りながら、ウシに因んだ英語の表現を調べてみました。動物を使った英語表現というのは結構あるものです。その中からCOWものを3つご紹介。

まずは Holy cow!「おっやまあ」「なんてこった」なんてビックリした時にいいます。はじめて聞いたときは、なんのこといっているのだか分からんちんでしたが、アメリカで時々聞いた言葉です。おじちゃん、おばちゃんっぽい人が使ってました。

続きを読む "COWわいい干支パンを食べながら☆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

福袋エレジーなんちゃって♪

Cimg0887 福袋本番の今日は、朝7時頃には家を出て目的地へ。早朝の街は静か…と思ったら、もう列ができている!列をみるとしぜんに小走りになってしまうのが、福袋族の悲しい性。

洋服某人気ブランドの列で待つこと30分。外で待つので体の芯から冷えてきます。待つ間に本でも読んでいようと思って積んである本を適当に持ってきたら、その本がとってもむずかしい。頭はボーっとしてくるし、身体はブルブル。

続きを読む "福袋エレジーなんちゃって♪"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

お正月の楽しみは♪

Cimg0882 明けましておめでとうございます。どうぞ今年も「コニコの喫茶店」、ご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。今日のお題は(コネタマ参加中: お正月の楽しみは何?)です。あなたの正月の楽しみは?

コニコのこの時期の楽しみといえば福袋でございます。今日は、まずは足慣らし。近くのスーパーでお菓子と雑貨の福袋をお買い上げ。ルンルンを買ってお家に帰ってきました~。その中味は・・・

Cimg0883

ジャジャーン、こちらです。各1000円の福袋にお菓子やレトルトカレー、キッチンペーパーなど10品以上びっしり入って、こっれが単純にうれしい気持ちになってしまうわたくしです。

うーん、やはりお正月の楽しみはコレ!福袋です。さあ、明日は本番。早起きしてがんばります。

皆様にとって今年1年、福の多い年でありますように happy01

続きを読む "お正月の楽しみは♪"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »