« ☆☆「ニュースで英会話」はすぐれもの☆☆ | トップページ | すさまじきもの 曾我蕭白~あくなき破壊への挑戦 »

2009年4月 4日 (土)

「心と響き合う読書案内」

心と響き合う読書案内 (PHP新書) 心と響き合う読書案内 (PHP新書)

著者:小川 洋子
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裏表紙の内容紹介にはこう書いてあります。―人気のFM番組「Melodious Library」、待望の書籍化

最近のわたしの定番、毎週日曜の朝は小川洋子さんのラジオから流れる声とともに読書の楽しみにひたります。でも、そうなったのは、ここ4ヶ月ほどのこと。2007年7月から始まったこの番組の初めの本から1年間紹介された52編が季節毎に章立てされています。聴き逃した分を本で味わえるのは、また違った喜びです。ラジオのように放送の音楽は楽しめませんが、小川洋子さんの語り口にあったメロディーを自分なりに選んで読むのもオツなものです。(本巻末に番組で放送した曲の一覧が載っています)

チェン・ミンの「燕になりたい」を聴きながら、52編の本の世界の扉を開いていきます。昔読んだ「モモ」、「走れメロス」、最近読んだ「バナナフィッシュにうってつけの日」、「家守綺譚」、そして、はじめて知る名作の数々。古典から最近のもの、日本の本から海外のものまで、万華鏡ののぞくように色々な楽しさが詰まっています。

そして、何といってもこの本の魅力は、小川洋子さんの共感する登場人物(犬とか、人間でない場合もあり)と作家として印象的だと感じる文章が、深い愛情をもって紹介されていることです。「本当に、この本たちが大好きで、一人でも多くの人に手にとってほしいのだな。」と感ぜずにはいられません。

たとえば、「モモ」。

カシオペイアという名の亀が出てきます。この亀は無口で、よけいなことを話さずただ、甲羅にそっと文字を浮かび上がらせる。この謙虚さが味わい深いのです。(中略)亀は人間よりも長生きですので、たぶんこの世に生きている人間が誰も見たことのない百五十年前、二百年前の風景を見ているはずです。すごくとぼけた雰囲気なのに、賢者です。この亀を抜きにして「モモ」は語れません。(106ページ)

わたしには「モモ」に亀が出てきた記憶がなく、「ああ、もう一度読んでみたいな~」という気になります。

今回、この「心と響き合う読書案内」を読んで、是非手に取りたくなった本は

「ジョゼと虎と魚たち」(田辺聖子) …”喜びと死という対極を一瞬にして軽々と融合させてしまう見事さ”(178ページ)と小川洋子さん、絶賛の本。

「朗読者」(ベルンハルト・シュリンク) …以前から評判を聞いていて読みたいと思っていた本。

「夜と霧」(V.E.フランクル) …「アンネの日記」と対になっているような気がして、気になっている本。姜尚中氏も推薦している書。

「富士日記」(武田百合子) …小川さんが引用している一行「帰って来る家があって嬉しい。その家の中に、話をきいてくれる男がいて嬉しい」(305ページ)を読んで惹かれます。

本との旅は人生の旅とにています。小川洋子さんのような良きガイドがいてくれると、その旅もしぜんと実りあるものになりそうです。

|

« ☆☆「ニュースで英会話」はすぐれもの☆☆ | トップページ | すさまじきもの 曾我蕭白~あくなき破壊への挑戦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 こんな番組もあるんですね!またまた聞きたくなります!今年もやるんでしょうか?ところでプルースト、第1回は聞きました!読みたくなる!けどやっぱり原作を読むまでには行きそうもありません。老後の楽しみにとっておくということで、今は入門ってことで・・・
 さて今回コニコさんが手に取りたくなった本のうち「富士日記」以外は読みました。どれもすばらしいです。「ジョゼと虎と魚たち」は映画にもなっていて私はビデオで見ました。映画もなかなかよかったです。

投稿: 点子 | 2009年4月 5日 (日) 20時45分

点子さん、さすが。やっぱりほとんど読んでいらっしゃるのですね。放送は今も毎週日曜にやっていますよhappy01今週は森鴎外の「舞姫」でした。

「ジョゼ~」の映画を是非探してみます。まずは田辺聖子さんから手をつけてみようかと思います。

プルースト、番組の方はわたしも聴きました。本を借りてきて登場人物が100人もいるようなので、すッごく不安になりました。「カラマーゾフの兄弟」どころではないようです。わたしも老後になってしまうか?!とりあえず読み始めてみますね♪

投稿: コニコ | 2009年4月 6日 (月) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/28962697

この記事へのトラックバック一覧です: 「心と響き合う読書案内」:

« ☆☆「ニュースで英会話」はすぐれもの☆☆ | トップページ | すさまじきもの 曾我蕭白~あくなき破壊への挑戦 »