« 明るい夏、みつけた♪ | トップページ | キャンパスでおいしいイタリアン、ブオーノ♪ »

2009年6月14日 (日)

「妄想に取り憑かれる人々」

妄想に取り憑かれる人々

 ちょっと恐い本です。「妄想に取り憑かれる人々」(リー・ベア著、日経BP社)は、以前にご紹介したブログ「洋書ファンクラブ」の渡辺由佳里さんが翻訳されているので、是非読んでみたいと思っていた本です。しかしです、読み始めてあまりに症例が具体的で、読み進むのをためらうことも多々ありました。何が恐くてためらうかって、「やっぱりわたしって、妄想に取り取り憑かれやすい性質」だとわかったこと。まあ~、どうしましょうと心配しながら最後まで読むと、「同じような強迫観念を持つ人って結構いて、そんなに変なことでもない」ということがわかり、ホッとしたり。

大なり小なり、人間にはおぞましい妄想をするこころがあり、その隠れた一面をみた思いがしました。

原題はThe Imp of The Mind で、アラン・ポーの短編「天邪鬼」(The Imp of the Perverse)をもじった題なんですね。”頭の中にあるおぞましい想念”をささやく天の邪鬼をいかに手なづけるかが、この本のテーマになっています。

「最もふさわしくない場面で、最もふさわしくないことを考える」ことをしたり、「人間が自分ではまったくやりたくないことを想像してしまう」ことは、実はよくあることなのかもしれません。人間にはファウストの相棒、メフィストフェレスほどではないにしても、天邪鬼なことをささやくものをこころに潜ませているということはある気がします。私の妄想は、演劇やオペラなどを観に行った時に、クライマックスのしーんとした時に大きな声を出したくなってしまうというもの。この強迫観念が2,3年前にはひどかった!今は大丈夫ですが、その時のことを思い出すと、この本の具体例のことと結構シンクロしていたりして、驚きます。中でも、強迫観念を押さえ込もうとすると悪化するというところは、本当にそうだと思いました。特に「思考抑制の実験にチャレンジ」というところは、多くの人が共感するでしょう。

自分の思考を制御するのがいかに難しいかを、端的に教えるために、ウィルヘルム博士はチャールズにキリンについて1分間ずっと考え続けるように命じました(自分でこの実験を試すときには、誰かに時間を計ってもらってください)。そして頭の中からキリンが消えるたびに手を挙げるよう指示しました。ウィルヘルム博士が予期したように、チャールズには1分間ずっとキリンのことを考え続けることができなくて、何度も何度も手を挙げました。

次にウィルヘルム博士は指示をまったく逆にし、「1分間キリンのことはまったく考えないこと。キリンが頭に浮かぶたびに手を挙げること」を命じました。今度もまたチャールズは繰り返し手を挙げました。キリンについての思考を抑制しようとする彼の試みは、実際にはそれを減らすどころかかえって増やす結果になったのです。(188ページ)

私も、「考えてはいけない、してはいけないと言われれば言われるほど、考えてしまう、やってしまう」という天の邪鬼な気持ちになります。そんな天の邪鬼でもうまくやり過ごせば、なんとかなるという”適当さ”が良薬なんですね。最悪なのが「二度とおぞましい想念を持たない」とか「自分の考えを完ぺきに操る」ということのようで、真面目な完ぺき主義者ほど辛いことになってしまいがちとか。

巻末にはマサチューセッツ総合病院精神科のチームが作ったクオリティ・オブ・ライフの評価尺度アンケートが載っています。自分の人生の質がどんなものかを測るひとつの目安になるかもしれません。ちなみに私の得点は38点。「ちょっと厳しすぎたかな~」と思って、もう一度やってみたら44点。この調子のよさが天の邪鬼防止の手かもなどと考えた次第。

最後の一文「それにしても誰か軽トラックの荷台から犬をどけてくれないものでしょうか…・」(257ページ)は、著者の茶目っ気が垣間見えて心憎いです。天の邪鬼を退散させるより、味方にするような心構えだったらいいってことですね。まあ、重症になると言うは易しなのでしょうが。

心理学に興味がある方、強迫・妄想に関心がある方にお薦め。

|

« 明るい夏、みつけた♪ | トップページ | キャンパスでおいしいイタリアン、ブオーノ♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「妄想に取り憑かれる人々」の書評、どうもありがとうございます。
私もこの本を訳している間、「私ってひょっとしてOCD?」と心配になってしまいました。

心理学者の友達にそう言うと、あっさり「あなたは大丈夫」という返事。OCDになるにはいい加減すぎる性格だということがバレていたようです。

投稿: 渡辺 | 2009年6月15日 (月) 02時18分

渡辺さん、強迫障害のことをOCDっていうんですね。知りませんでした。専門用語も多く、翻訳も大変だったことと思います。すごい!

ところで、評価尺度で点数が低く出てしまったのは、正直焦りました。生真面目に答えすぎたんですね、きっと。”いい加減”って大事。私も肩の力を抜かなくっちゃと心がけます、って、「結構自分に甘いよ」と娘に言われますが…happy01

投稿: コニコ | 2009年6月15日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/30100690

この記事へのトラックバック一覧です: 「妄想に取り憑かれる人々」:

« 明るい夏、みつけた♪ | トップページ | キャンパスでおいしいイタリアン、ブオーノ♪ »