« 「死神の精度」 | トップページ | 「グレート・ギャツビー」読書会(8) »

2009年7月27日 (月)

「ファウスト・クラス」読書会(3)

Faust1 おお、ハンサムなファウストにもたれかかるマルガレーテ。

画像はシェーファー作の「ファウストとマルガレーテ」です。ちょっとびっくりしませんか。頭の中ではファウストが魔女の力で若返っているのは分かっていたのですが、こうして絵になっているのを見ると若さを取り戻したファウストが、本当に若い。可憐なマルガレーテも法にふれないギリギリの15歳程度の若さ(当時、14歳以下の少女との肉体関係は法律で禁止されていました)。さて、今回の読書会はそんなファウストのナンパ場面から始まりました。

悲劇第一部の後半は、哲学的な前半と打って変わってドラマチックです。読書会のメンバーも一気に読めたとのこと。そして読後感想の的になったのがファウストとマルガレーテの恋愛観。

まずはファウストがかわいいマルガレーテに声をかけるわけですが、目に付いた魅力は「かわいらしさと身持ちのよさ」。ファウストは、いきなりメフィストに「今夜にもこの胸に抱いていたい」とお願いします。さしものメフィストも会ってその日にいきなりとはいかず、まずは娘の部屋へファウストを案内します。マルガレーテのきよらかな部屋をみて、ファウストはだんだんと恋心を抱いて胸苦しくなります。そしてメフィストはプレゼント作戦にとりかかります。

片やうぶなマルガレーテは男の人に初めて声をかけられ、メフィストが仕組んだ高価な宝石をもらい、かの紳士のことが忘れられなくなります。マルガレーテも最初はファウストの見た目とプレゼントに魅力を感じますが、やがて身も心も彼の虜になっていきます。

恋愛は一種の病といいますが、まさに色恋沙汰につける薬どころか、メフィストは恋の手引きをしてファウストとマルガレーテの恋心をこれでもかというくらいに焚きつけます。メフストに燃やすだけ燃やされてマルガレーテは、未婚で妊娠してしまうという、当時では倫理的にゆるされない罪を犯してしまうのです。信心深い彼女は深く深く悩みながら糸車を回し、恋の高揚と罪の苦しみに揺れ動くことになります(シューベルトがこの場面を作曲したのが「糸を紡ぐグレートヒェン」)。読書会のメンバー曰く、メフィストはある意味、恋のキューピットの役割をしているわけですが、その恋の顛末は悪魔的ですよね。

「マルテの庭」以降の章で、マルガレーテは、ファウストのいない月日をひとりで過ごすことになります。兄の死、母の死、自分で産んだ嬰児殺し、そして自らの死刑を予感させるところで一気にドラマは悲劇へと導かれます。メフィストはファウストをマルガレーテから引き離し、ラスト場面、マルガレーテの「ハインリヒ!ハインリヒ!」の声がむなしく残響します。

とここまで話は流れていくのですが、メンバーから出た疑問が「『ワルプルギスの夜』と『ワルプルギスの夜の夢』の意味がわからない?」というもの。これって、わたしはファウストをメフィストが一種、”浦島太郎状態”にしてしまうためのトリックだったと思うのです。つまり、ファウストははじめは不純な理由でナンパしたマルガレーテではあったのですが、本気でスキになってしまってこのままだと幸せな夫婦にでもなりかねない。のぼせたファウストの気をお祭り騒ぎのワルプルギスの夜に向けることで、時間稼ぎしたのでしょう。その間に、不貞の娘はメフィストの思うとおりに不幸になり、そんな娘を見捨てたファウストの罪も重くなるというわけです。楽しい竜宮城に連れて行かれた浦島が時が経つのも忘れて宴の中に身を委ねていたように、ファウストもワルプルギスでマルガレーテのことをすっかり忘れて楽しんでいたのでしょう。浦島太郎の歌、2番の歌詞を見ると、まるでワルプルギスはこれの魔女版のような気がしてきます。

乙姫様(おとひめさま)の御馳走(ごちそう)に
鯛(たい)や比目魚(ひらめ)の舞踊(まいおどり)
ただ珍しく(めずらしく)面白く(おもしろく)
月日(つきひ)のたつのも夢の中(うち)
そうそう、 グノーのオペラ「ファウスト」のワルプルギスの夜をYouTubeでみつけました。これではファウストもすっかりマルガレーテのことを忘れてしまいそうな舞台です。
次回は第二部第1幕。「ファウスト・クラス」、8月は夏休みにしましたが、なんと宿題が。第二部に備えてギリシア神話を読んでおくということです。わたしは、里中満智子先生のマンガにおすがりすることにしました。

|

« 「死神の精度」 | トップページ | 「グレート・ギャツビー」読書会(8) »

アート」カテゴリの記事

ゲーテ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
なるほど~あのワルプルギスの章は、時間稼ぎだったというコニコさんの意見に納得です!たしかにファウストは、浦島太郎状態になってしまった感じでしたものねぇ。
オペラの映像、面白かったです。あまり意味はわかなかったですけど、異様な感じが伝わってきました(^^)
夏休み中に、私は「トロイ」を読もうかなと思ったいます。もちろん、マンガです^_^;
9月、またよろしくお願いしますm(__)m

投稿: ブラボー | 2009年7月30日 (木) 00時59分

ブラボーさん、こんばんは。YouTubeをご覧になりました~?不思議な映像でしたが異界って感じがでていましたね。
マンガ「ギリシア神話」は7巻まで読み進みました。トロイ、面白いですよ♪映画「トロイ」も結構好きでしたbleah
また休み明けによろしくお願いします。いよいよ第二部です!

投稿: コニコ | 2009年7月30日 (木) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/30716100

この記事へのトラックバック一覧です: 「ファウスト・クラス」読書会(3):

« 「死神の精度」 | トップページ | 「グレート・ギャツビー」読書会(8) »