« 山手線がチョッコレートに!? | トップページ | 「世界は分けてもわからない」 »

2009年9月14日 (月)

ヴィオラリサイタル by 小熊佐絵子

先日「ヴィオラの魅力」と題して小熊さんの記事を書きましたが、彼女がリサイタルをするということで、いそいそ上野にお出かけしました。

日曜の昼下がり、大好きなヴィオラの音を愛でられる幸せ、雑誌の特集記事ではありませんが、”至福の時”といえます。

東京文化会館に着くとなにやら人の多いこと。いつのまにかヴィオラを聴く人がこんなに多くなったのかと驚いていたら・・・

なんと大ホールの催しで来日中のミラノスカラ座によるオペラ「ドン・カルロ」の公演があったんです。オペラの客層が中高年の女性が多いようで、異様な熱気を孕んでいたのに対して、ヴィオラリサイタルは小ホールの方で以外にもこちらは中高年の男性客が多かったです。面白い対照でした。

さて、演目前半は、バッハ「無伴奏チェロ組曲 第3番」、C.ライネッケ「クラリネット、ヴィオラとピアノのための三重奏曲 イ長調」でした。バッハの無伴奏はドイツ、スペイン、イギリスなどいろいろな国の特徴を取り入れ、バラエティに富んだ曲。居ながらに世界を感じられる楽しさがあります。ブーレでは小熊さんの華麗なテクニックでこころも弾み、サラバンドではゆっくりとしたメロディーに酔いしれました。ライネッケの曲は、初めて聴いたのですが、第2楽章の包容力のあるメロディーが印象的で、まるで映画の感動的なエンディングを思わせました。

休憩をはさんで、後半ではG.ノックスの作曲した卓越した8つの奏法を入れた「ヴィオラスペース2007」を聴きました。途中で弓の毛が切れるほどエネルギッシュな演奏でなかなかみることの出来ないヴィオラの新たな一面を見ることができましたね。

そして最後はJ.ブラームスの「ヴィオラソナタ op.120 第1番ヘ短調」。ブラームスがクラリネットソナタとして作曲したものをヴィオラにアレンジしたものです。

約2時間のコンサート後、観客は小熊さんに惜しみない拍手を送っていました。彼女は、この10月からロイヤルコンセルトへボーオーケストラの副主席に就任する予定だそうです。これからのご活躍を大いに期待したいと思います。

|

« 山手線がチョッコレートに!? | トップページ | 「世界は分けてもわからない」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/31373371

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィオラリサイタル by 小熊佐絵子:

« 山手線がチョッコレートに!? | トップページ | 「世界は分けてもわからない」 »