« 「池澤夏樹の世界文学ワンダーランド」 | トップページ | 匠のバームクーヘン »

2009年10月13日 (火)

こだわり人物伝 太宰治 女(わたし)が愛した作家

こだわり人物伝 2009年10-11月 (NHK知る楽/水)

またもやNHKテレビの番組だが、先週から始まった「こだわり人物伝 2009年10-11月 (NHK知る楽/水)」が見逃せない。

10月は4週にわたって女たちが太宰を熱く語る。

NHK教育テレビ 水曜日 午後10:25~10:50 (再放送 翌水曜 午前5:35~6:00)

詳細はコチラ→こだわり人物伝 2009年10・11月 太宰治 女(わたし)が愛した作家/松本清張 孤高の国民作家

第一回目は、角田光代さんが語り手になって若かりし頃、太宰の「女生徒」に夢中になったことを話してくれた。角田さん独特のことばで、太宰には”途中感”のある作家だと言っていた。彼女は、何かの途中にあるものなり、人なりを書いていてたどり着かない途中である感覚を彼の文から感じたという。大人になる前の角田さんは、若い世代がロックに夢中になるように太宰に心奪われた時期があったと告白している。

番組で紹介された、コニコ未読の「女生徒」を読んでみようと思う。以前、記事に書いた「人間失格ではない太宰治」にも載っている短編だ。

今週、第二回目は、辛酸なめ子さんがモテ男、太宰治の秘密を探るそうだ。”知る”は楽しい。

|

« 「池澤夏樹の世界文学ワンダーランド」 | トップページ | 匠のバームクーヘン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

見た、見た(^^)
角田光代を見逃したのは残念でした。
辛酸なめこのモテ男、太宰分析。内容は薄かったけれど、辛酸なめこのコスプレが笑えました。
来週は天下茶屋登場みたいなのでまた見逃せませんわ♪
ご紹介ありがとうございます。コニコカフェを見なければ今日も見逃していたところです。

投稿: クーネルシネマ | 2009年10月14日 (水) 22時54分

クーネルシネマさん、ホント、あの辛酸さんの男着物で歩く姿も面白かったわ。辛酸さんをはじめてみたけどなんか年齢不詳のひとだね。

投稿: コニコ | 2009年10月14日 (水) 23時00分

最近になって「女生徒」を読み直して、
こんなに完成度の高い小説はそうそうないって思いました。
太宰の小説群に夢中になっていたときは、
ささっと斜め読みの感じだった。
よさがわからなかったんですね。

大人になってわかる小説っていっぱいあります。

投稿: gamzatti | 2009年10月15日 (木) 08時53分

gamzattiさん、こんばんは。太宰小説に夢中になった派でしたか!わたしはなぜか「走れメロス」で素通りしてしまった派でした。
「女生徒」、是非読んでみます。今読んで良さを新たに感じる小説、ホント確かにいっぱいありますよね。太宰もそんな小説を書く人のひとりって今頃気がつきました~♪

投稿: コニコ | 2009年10月15日 (木) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/31769620

この記事へのトラックバック一覧です: こだわり人物伝 太宰治 女(わたし)が愛した作家:

« 「池澤夏樹の世界文学ワンダーランド」 | トップページ | 匠のバームクーヘン »