« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の記事

2010年1月31日 (日)

原書「Nocturnes」

Nocturnes: Five Stories of Music and Nightfall

去年からずっと読みたいと思っていて読みはぐれていたカズオ・イシグロの短篇集を読了しました。

とっても読みやすい英語で一気に読めるので、速読にも適しているかもしれません。

Nocturnes: Five Stories of Music and Nightfall

著者:Kazuo Ishiguro
販売元:Faber and Faber
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "原書「Nocturnes」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

Twofers

最近、本当に価格破壊が進んで、セールでも10%、20%引きでは驚かなくなりました。50%引き、つまり半額もしばしば目にします。

ズバリ、半額セールと同じなのが“twofers”=two for the price of one=“buy one, get one free.”(twofersのfersの部分はforが弱く発音されたもの)

「1つ買えば、1つおまけがつきます」といった、「1つ分の値段で2つ買えるもの」のことを言い、顧客を引きつける商法のことです。

同じ買うなら、ジーンズも1本分の値段で2本はお得、ってな具合にマンマとひっかかってしまう私。このうたい文句をはじめてみたのは、15年ほど前のアメリカのウォールマートだったかしら?日本でもこういった宣伝、見かけるようになりましたね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

サリンジャーの訃報

朝一番、携帯のフラッシュ・ニュースで、アメリカの作家、「ライ麦畑でつかまえて」で有名なJ.D.サリンジャー氏が27日91歳で亡くなったと知らせていました。

もう、びっくりです。何でびっくりしたかというと、サリンジャーが大好きな方には悪い気がしますが、「まだ生きていたんだ~」ということをまず感じたからです。だいぶ前から隠遁生活に入っていたサリンジャー氏は、1965年以来作品を公表することなく、すでに伝説の人となっていました。

詳しい訃報の記事はコチラ

続きを読む "サリンジャーの訃報"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2010年1月28日 (木)

「世界らん展~蘭、こころのおもてなし」coming soon

Photo 去年、チラッと「らん展」の記事を書きましたが、いよいよあと2週間余りで開催ですね。地下鉄でもポスターを見かけました。開催地は東京文京区にある東京ドーム。2月13日(土)~2月21日(日)の9日間です。

今回で20回目。記念すべき開催にイベントも盛りだくさん。

写真は「ドリテノプシス ヘリオドール リョウコ ヨネクラ」という名前の蘭です。なんだか舌の噛みそうな名前ですが、最後の部分をみるとお分かりになるように女優、米倉涼子さんに因んだ蘭なんですね。彼女は今回オーキッド・クィーンに選ばれたそうです。胡蝶蘭のこのお花、気品があって、凛としてスッとしている彼女の立ち姿に似てます。

続きを読む "「世界らん展~蘭、こころのおもてなし」coming soon"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

今日は「THIS IS IT」

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

ピンポーン、昼頃宅急便が届きました。予約していたDVDが我が家に。年始に映画館で観て即、アマゾンで予約。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2010/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "今日は「THIS IS IT」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

のだめカンタービレスナック♪味のリサイタルツアー♪

Pap_0168 本屋とコンビニのチェックはコニコにとって欠かせないもの。そしてコンビニでみつけたのがこちら。

久々ののだめグッズです。3年前にBANDAIが出した「のだめののどあめ」が懐かしい。今回もBANDAIからスナック菓子が出ました。

買ったのは「フランス編 千秋先輩特製~グラタンドフィノワ味(じゃがいものグラタン)」(116円)です。なんとパッケージの裏にはフランス語講座まで載っています。

お味の方は、これがちゃんとグラタン味でいける。食べ始めたらなかなか止まらない!ビールのおつまみにもバッチリbeer

続きを読む "のだめカンタービレスナック♪味のリサイタルツアー♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

「The Uncommon Reader」(Audiobook)

The Uncommon Reader

クリスマスにMさんからいただいたCDを最近聴いています。前にレビューした「やんごとなき読者」のオーディオブック。「いつか原書で読みたいもの」と書いていたのを覚えていてくれて、プレゼントしてくれたとは本当に感激でした。

著者自らの録音で、CD3枚組みです。著者のアラン・ベネットは男性だから、クィーン・イングリッシュというのもおかしいですが、ジェントルマンの発音で格調高い英語です。

The Uncommon Reader

著者:Alan Bennett
販売元:BBC Audiobooks
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "「The Uncommon Reader」(Audiobook)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

2010年は「国民読書年」って知ってました?

Photo 財団法人 文字・活字文化推進機構といういかめしい名前のところが2010年を「国民読書年」としたそうです。

座長は、建築家の安藤忠雄氏。

左のロゴの他にキャッチフレーズも決まっています。

「じゃあ、読もう。」だそう。“本を読む”意識を高めるのは大賛成だけれど、「国民読書年」とはさえない名前。この「じゃあ、読もう。」というキャッチフレーズもいまひとつピンとこないな~┐(´-`)┌

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

ドラマ「Brush with Fate」(ヒヤシンス・ブルーの少女)

Brush With Fate [DVD] [Import]

以前に読んだ「Girl in Hyacinth Blue」が原作で映像化されたものがありました。先日、友だちTさんが偶然見つけてLaLaテレビで録画したものをみせてくれたのです。なんとアメリカで2003年にテレビドラマ化されていたんですね。この原作を読んだ時は、映像化されたら、是非みたいものです、と書いていたのですが実際にあったとはうれしい驚き。(日本初のお目見えはNHK BS2 2007年

タイトルは「運命を背負った絵」とでも訳せましょうか。

Brush With Fate [DVD] [Import]

販売元:Lions Gate
発売日:2003/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "ドラマ「Brush with Fate」(ヒヤシンス・ブルーの少女)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

「グレート・ギャツビー」読書会(13)

Pap_0167 今年はじめての読書会が先日ありました。

「グレート・ギャツビー」読書会も13回目。今年もフィッツジェラルドの世界を堪能します。

今回は6章のラストから7章を10ページほど読み進みました。

まずは「You can't repeat the past. (過去を繰り返せない)。」というニックの言いようにギャツビーが“そんなことをいうなんて信じられない”と反駁するところから。

続きを読む "「グレート・ギャツビー」読書会(13)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

センター試験に挑戦!

昨日、受験生にエールをおくりましたが、今日はわたしが実際にセンター試験の問題に挑戦してみました。

英語だけですが、久々の試験(といっても自宅でコーヒー片手にだから呑気なものですが)だわ~。平成22年度センター試験の英語は1月16日に行なわれ、筆記が80分、リスニングが30分でした。たいていの新聞には翌日に問題と解答が載っているので、やってみようと思えば誰でもOKです。ただし、紙面の都合上か、字が恐ろしくちいさいんですね、英語がわかるわからない以前に字が読みづらいことといったら、ムムッ、老眼か!?

と、脱線しましたが・・・

続きを読む "センター試験に挑戦!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

受験生に応援☆きっとウカール☆

Pap_0166 この前の土日はセンター試験でした。入試もスタート。

去年、娘が受験でしたが、あれからもう一年経ったのですね。

今年も多くの受験生がこれから本格的な入試シーズンを迎えようとしています。いままでやってきたことが十分発揮できますようにお祈りしています。

浪人した娘の友だち、私の友だちのお子さん、甥っ子、がんばってきた皆、志望の学校に受か~るようにup

ウカール、ウカール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

アラフォーはアメリカではクーガー(Cougar)となる

ニッポンでは40歳前後の人のことを「アラフォー」(アラウンド・フォーティー)と呼ぶことが定着してきましたが、アメリカでは40歳前後(以上)の女性のことを「クーガー」(cougar)と呼ぶ人もいるそうです。スラングなのでいまひとつ日本ではあまり馴染みませんが。

先日ふと見たテレビニュースでやっていたのが、この「クーガー」の特集。

続きを読む "アラフォーはアメリカではクーガー(Cougar)となる"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

「ニッポン母の肖像」

歴史は眠らない 2009年12-2010年1月 (NHK知る楽/火)

精神科医の香山リカさんが語り手となり、ニッポンの母の姿を歴史的に掘り下げていくシリーズ「ニッポン母の肖像」のご紹介です。見たいと思っていて第1回を見逃してしまいましたが、まだ間に合います。第2回が明日の午前5:35~6:00、NHK教育で再放送されます。

よしっ、寝過ごしてもいいようにさっそく予約録画です!

歴史は眠らない 2009年12-2010年1月 (NHK知る楽/火)

著者:青木 人志
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "「ニッポン母の肖像」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

震災ドラマ「神戸新聞の7日間」

昨日はドキュメンタリードラマ「阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間~命と向き合った被災記者たちの闘い」を観て、いろいろなことを考えさせられました。

「被災者になって分かったこと」という社説や、当時の新聞には載らなかった数々の神戸新聞社のカメラマンが撮った写真、燃える家の前で水が出ないホースを持ち立ちつくす消防士・・・。15年前の今日、被災者は、どんなにか寒くて不安な日、打ちのめされた時を過ごしただろうかと思わずにはいられません。

続きを読む "震災ドラマ「神戸新聞の7日間」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

サッポロ ショコラ ブルワリー

3日連続、食品の話題で恐縮ですが、またまた目についてしまったのがこのお酒。昨日、ロイズのポテトチップチョコレートを紹介したばかりで、ムムッ、ロイズの名前!?

サッポロ ショコラブルワリー ビター 350ml×24缶(1ケース) サッポロ ショコラブルワリー ビター 350ml×24缶(1ケース)

販売元:酒のスーパーキング
楽天市場で詳細を確認する

続きを読む "サッポロ ショコラ ブルワリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

今日はロイズ ポテトチップチョコレート

ロイズ ポテトチップチョコレート

昨日は、柿の種の変りダネ、「カフェオレ 柿チョコ」をご紹介しましたが、今日はコレ。 池袋東武の「食の大北海道展」(1月26日まで)で買ってきました (1箱税込693円)。

ロイズ ポテトチップチョコレート

販売元:北海道お土産探検隊
楽天市場で詳細を確認する

塩味ポテトチップにチョコレートをコーティングしたお菓子。去年のバレンタインデーの時もご紹介しましたが、再びです~♪

続きを読む "今日はロイズ ポテトチップチョコレート"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月14日 (木)

カフェオレ 柿チョコ

先日、デパ地下で目に留まったお菓子がコレ☆ジャーン☆「カフェオレ 柿チョコ」です。

コーヒーのお茶請けにいいかもと思い、購入。最近、柿チョコはちらほら見かけることもありますが、カフェオレ風味のチョコはめずらしいです。ほんのりコーヒーの香りもして、甘さのあと、柿の種のしょっぱさが顔を出してなんとも美味(250円)。本を読みながら、ポリポリと食べました。

浪花屋製菓の柿の種とチョコの不思議な組み合わせ柿チョコ(カフェオレ)10P15Jan10 浪花屋製菓の柿の種とチョコの不思議な組み合わせ柿チョコ(カフェオレ)10P15Jan10

販売元:美食関越道
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

養老天命反転地という名のテーマパーク

Photo 先日のNHK日曜美術館、マーク・ロスコの特集の後のアートシーンで紹介された養老天命反転地が面白そうでした。1995年に岐阜県養老町にオープンしたテーマパークだということですが、はじめて聞きました。もしかしたら、皆さんはご存知で私だけがまったく知らなかったのかもcoldsweats01

テーマパークといいながら、「養老天命反転地」とは何やら宗教じみたネーミング。でも得体の知れなさそうな響きが逆に興味をそそられます。番組で紹介されたパーク内の様子は「アリスの不思議な国」のような雰囲気。斜面に置かれたソファ。迷路のような家。鏡のように反転する天井などなど。「楕円形のフィールド」と呼ばれる公園には、白うさぎやトランプの兵隊さんが飛び出てきそう。(写真は公式サイト「極限で似るものの家」より)

この体験型テーマパーク、どなたか行ったことのある方、感想を聞かせてくださいnotesいつか行ってみたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

Amazing Grace

年末に夫からの部屋を片付けろ光線をさんざ浴びたので、ぼちぼち古い英語のテキストなどを片付け始めました。が・・・昔の切抜きをまたまたじっくりと読み出す始末。いっこうに片付かないgawk

そんな切抜きの中に"Amazing Grace"の由来が出ているものがありました。記事を書いた方は石黒マリーローズさん。

Photo_2 石黒マリーローズ/聖書の英語の物語 生活人新書
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

続きを読む "Amazing Grace"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

ドラマ「イグアナの娘」

マンガ「イグアナの娘」が気に入ったので、評判の高いドラマ「イグアナの娘」も観てみようと思い立ち、見始めたら・・・困ったことに11話、一気に観てしまいました。もうこの2日は何もせずにドラマ漬け。

「イグアナの娘」は萩尾望都さんの原作で1996年にドラマ化されたテレビ番組。主演のリカはセーラー服が初々しい菅野美穂が演じています。

イグアナの娘 The Daugther of IGUANA DVD-BOX(DVD) ◆22%OFF! イグアナの娘 The Daugther of IGUANA DVD-BOX(DVD) ◆22%OFF!
販売元:ぐるぐる王国 ヤフー店
ぐるぐる王国 ヤフー店で詳細を確認する

続きを読む "ドラマ「イグアナの娘」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月10日 (日)

「コーネルの箱」

コーネルの箱

マーク・ロスコで川村記念美術館のことにふれたので、この本も是非紹介したくなりました。

コーネルの箱

著者:チャールズ シミック
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "「コーネルの箱」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

日曜美術館「マーク・ロスコ」

川村記念美術館で観たマーク・ロスコの絵を日曜美術館で取り上げるそうです。明日の午後8時からNHK教育テレビでの放送。

題して「この人が語る私の愛する画家 高村薫 私とマーク・ロスコ」です。アンコール再放送ということで、夏に見逃した番組をみられるのは嬉しいことです。

先日訪れてわたしが感じたロスコの“赤の衝撃”を作家の高村薫さんがどうお話しするか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

「イグアナの娘」(ネタバレ)

イグアナの娘 (小学館文庫)

去年書いたレビュー、ユリイカ特集「母と娘の物語」で萩尾望都さんの「イグアナの娘」を読みたいといっていましたが、忘れずに読みましたよ~♪

のっけからお話に惹き込まれます・・・

イグアナ姫は魔法使いを訪ねました
「魔法使いのおばあさん あたし 人間の王子様に恋をしてしまったの
あたしを人間の女の子にしてちょうだい」

「いいとも」魔法使いはいいました
「人間の女の子にしてあげよう・・・ただし・・・」

イグアナの娘 (小学館文庫)

著者:萩尾 望都
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "「イグアナの娘」(ネタバレ)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

虎の色は?

  今年は寅年なので、わが家の干支ビニーベービー(なつかしいでしょ~happy01)もお虎さまになります。

アレッ、でもこの虎ってオレンジ色ですよね。虎といえば、黄色に黒のしましまと決まっていると思っていたら、オレンジなんですね、アメリカでは。   

Pap_0163Pap_0162                  

続きを読む "虎の色は?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

マクガフィンとは?

昨日レビューした「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」の本の中で、“マクガフィン”(McGuffin,MacGuffin)という言葉があった。これはヒッチコック監督が多用した手法らしい。ウィキペディアでは、こう定義付けている。

何かしらの物語を構成する上で、登場人物への動機付けや話を進めるために用いられる、仕掛けのひとつである。登場人物たちの視点、あるいは読者・観客などからは重要なものだが、作品の構造から言えば、他のものに置き換えが可能な物をそう呼ぶ。

続きを読む "マクガフィンとは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

「物語論で読む村上春樹と宮崎駿―構造しかない日本」

物語論で読む村上春樹と宮崎駿  ――構造しかない日本 (角川oneテーマ21)

昨日は村上春樹の大ベストセラーとなった「1Q84」の続編が出るという記事を書きました。今日はその村上春樹の小説が世界で幅広く読まれていることの背景を(私にとって)新たな視点から取り上げている本をご紹介します。

物語論で読む村上春樹と宮崎駿 ――構造しかない日本 (角川oneテーマ21)

著者:大塚 英志
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "「物語論で読む村上春樹と宮崎駿―構造しかない日本」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

「1Q84」4月に続編

三が日も明けて今日から仕事始めの方も多いかと思います。私も新聞などを整理していたら、なんと昨日の3日の日経に

「1Q84」4月に続編」 新潮社は1日、作家、村上春樹さんの長編小説「1Q84」の続編「BOOK 3」を4月に刊行することを明らかにした。

とありました。さらに詳しい記事はコチラ。やっぱり出すんだ~という感じは否めませんが、「BOOK 3」が出たらすぐに買ってしまいそう。

「BOOK 1」「 BOOK 2」を読まれた皆さんは続編が出るのを期待されていましたか?個人的には「BOOK 2」で終わって欲しい気はしていたのですが。なぜそう思っていたかは次に書く本のレビューを参考にしてください。

1Q84 BOOK 1 1Q84 BOOK 1

著者:村上 春樹
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1Q84 BOOK 2 1Q84 BOOK 2

著者:村上 春樹
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "「1Q84」4月に続編"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

1月2日の福袋大作戦(2)

0002 今日は昨日の疲れもあり、朝寝坊です。そしてゆっくり初詣に行ってきました。お出かけのコートは、昨日買った福袋に入っていたコート。池袋メトロポリタンプラザで年が明けないうちに予約できる福袋を2日のお昼近くに取りに行きました。ダウンコート、ピーコート、セーターにマフラーの4点で1万円です。なんとほしかったダウンのロングコートが入っていて、大満足。それにコート2枚入で1万円は本当に福袋そのもの。ラッキーでした。

続きを読む "1月2日の福袋大作戦(2)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

1月2日の福袋大作戦(1)

Pap_0157 お正月恒例の福袋獲得にいざ出陣、てことで今年も1月2日は早起きをしました。8時前には行列最後尾に並びました。

場所は池袋、西武デパートの地下1階です。まずはじめは、去年も買った京粕漬の魚久、お正月セット(¥2100)を購入。こちらの福袋は去年までたしか千円で、切り落としなども入っている分だけ難ありだけれどお買い得というセットだったのですが、今年は値上げしたようです。その代わり、中味は豪華になりましたね。

Pap_0156_2 いか、ぶり、銀だら、サケの4切れ入りです。去年よりずっと大きい。でもちょっとお高いかな~。もう一声まけてほしいところ。気が早いですが、来年に期待しましょう。

こちらの福袋は先着順で、おひとりさま個数に制限なし。わたしのお隣のおじいさまは、10個買っていました。かなり重そう。わたしは4つゲットです。

この時点で午前9時30分。

続きを読む "1月2日の福袋大作戦(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

今年もよろしくお願いします♪

明けましておめでとうございます。
昨年中も多くの人に励まされてブログを続けることが出来ました。新しく出会った方、ずっと見守ってくださる方、コメントを書いてくださった方、皆に感謝です。

今年も「コニコの喫茶店」をどうぞよろしくお願いします。

Cocolog_oekaki_2009_12_31_12_32

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »