« 原書「Death of a Salesman」(ネタバレあり) | トップページ | 樫本大進のバッハ »

2010年3月 3日 (水)

「熈代勝覧」の雛店

先日東京メトロ「三越前」で半蔵門線から銀座線に向かう地下コンコースの壁に面白い展示を発見しました。

江戸の町人文化が活き活きと描かれている絵巻「熈代勝覧」(きだいしょうらん)の複製です。原画の1.4倍の大きさでその長さは約17メートル。なかなかの迫力です。

Photo

文化2年(1805年)頃の日本橋から今川橋までの大通り(現在の中央通り)を東側から俯瞰し、江戸時代の町人文化を克明に描いた貴重な絵巻物(作者不明)で、原画はベルリン国立アジア美術館に所蔵されています。「熈代勝覧」とは、「熈(かがや)ける御代の勝(すぐ)れたる景観」という意味で、本絵巻には「熈代勝覧 天」と記載されており、「天地人」の全三巻の可能性がありますが、他の巻は現在所在不明です。(名橋「日本橋」保存会のサイトより)

絵巻の上下パネルには描かれている人物の職業やお店の説明など、興味深い解説もあり、しばし足を止めて見入ってしまいました。中ほどには緋毛氈をひいてお人形を売っている店があり、よく見ると「雛店」と解説に書いてあるではありませんか。雛店は、町人の暮らしのにぎわいにいっそうはなやいだ雰囲気を添えていますね。

2010_0226_095726ca3c0276

今川橋からはじまり、絵巻の最後には日本橋が登場です。昔は日本橋から富士山が仰ぎ見られたようで、橋の上に立つ人が見惚れて居る様も面白く、江戸時代の日本橋に思いを馳せました。

2010_0226_100151ca3c0280

動画でご覧になりたい方はコチラ

|

« 原書「Death of a Salesman」(ネタバレあり) | トップページ | 樫本大進のバッハ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コニコさんは、本当にいろんなことに興味を持たれますよね!

常設なんですね! 嬉しい
私は、江戸文化も大好きです。
何年か前に日本橋から自分の家(さいたま市)まで中山道を
一人で歩きました。私バージョン「街道をゆく」です。
あ、日本橋から半蔵門を目指し、そこから甲州街道をちょっと
歩いたことも。新宿までですが。
街歩き大好きです

すみません。このコメント蘭をお借りして、
>なずなさんへ
金比羅さんの若冲の公開は6月13日までですよね。
夫が4月から大阪に単身赴任することになりました。
それで、夫の大阪での住いを足がかりにして金比羅さんに
行っちゃおう とひらめきました。 
(お気楽で夫には申し訳ないですが)

>コニコさんへ
コニコさんのおかげで素敵な出会いがあってうれしく思います。
ありがとうございました

投稿: 渡辺 | 2010年3月 4日 (木) 20時13分

再度、渡辺でございます。
ああ、私はなんてそそっかしいのでしょう
コメント蘭 ではなく コメント欄 ですね。
まあ、そういう蘭があったらちょっといいかも

>コニコさん
全然関係ない話ですみません。
ジェイン・オースティンがお好きなら、
エリザベス・ギャスケルはいかがでしょうか?
ジュディ・デンチ主演の「クランフォード
(Cranford)」おすすめです。

投稿: 渡辺 | 2010年3月 4日 (木) 20時42分

渡辺さん、こんばんは。そうですか。ご主人が大阪に単身赴任だと、なにかと準備が大変ですね。でも、それを機会にいろいろご一緒に見て回るなんていう楽しみもあるかもしれませんね。

私も街発見、大好き歩いて回ると発見がありますね。

エリザベス・ギャスケル、読んでみたいと思います(いつ読めるかわかりませんが…)。教えていただいてありがとうございます♪

投稿: コニコ | 2010年3月 4日 (木) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「熈代勝覧」の雛店:

« 原書「Death of a Salesman」(ネタバレあり) | トップページ | 樫本大進のバッハ »