« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の記事

2010年4月30日 (金)

「グレート・ギャツビー」読書会(16)

「ギャツビー」読書会もラスト2となりました。8章の後半から9章はじめの2ページ、ニックが事件後の顛末を回想し始めるところまでを読みました。

続きを読む "「グレート・ギャツビー」読書会(16)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

「テヘランでロリータを読む」

テヘランでロリータを読む テヘランでロリータを読む

著者:アーザル ナフィーシー
販売元:白水社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原書で読む読書会も、始まってからもう5年。今までオースティンやオスカー・ワイルド、そして「ギャッツビー」などを読んできました。

この本は、そんな読書会のことを話していた時に、「こんな本もあります」とある方から薦められた本です。

続きを読む "「テヘランでロリータを読む」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

森村泰昌☆なにものかへのレクイエム

Img

今日は、東京都写真美術館で開催されている「森村泰昌☆なにものかへのレクイエム-戦場の頂上の芸術」を観に行きました。森村氏は2年前に行った「液晶絵画展」の時から気になる人でした。

続きを読む "森村泰昌☆なにものかへのレクイエム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

Alice in ラケル

2010_0426_131729ca3c03492010_0426_133733ca3c0350

今日は何年かぶりにラケルでランチをしてきました。「とろーりチーズのデミグラソースオムライスを頂きました。オムライスの卵は、我が家でも愛用のヨード卵。オムライス、懐かしい味。学生の時も食べたっけ(相当前の話)。

そういえば、こちらの食器は、ワンダーランドのアリスさんでしたね。食後のコーヒーもアリスのカップで、ワンダフルです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

歴博訪問です!

お天道様Img

去年の川村記念美術館を訪ねた佐倉遠足が楽しかったので、第2弾の遠足を計画。前回見そびれた国立歴史民俗博物館を見学していきました。

続きを読む "歴博訪問です!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

年中咲いている桜

今日、、「王様のブランチ」を見ていたら、2010年本屋大賞を特集していました。

ノミネート作品10作を紹介していましたが、その中で「これは読んでみたいな」と思ったのが2位だった「神様のカルテ」。

神様のカルテ 神様のカルテ

著者:夏川 草介
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "年中咲いている桜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

ロングマン電子英語辞書がほしくなる

Photo

友だちから教えてもらった「ロングマン電子英語辞書」、ほしくなって買ってしまいました。

“英国の権威ある辞書会社・ピアソン社と東京大学文学部の柴田元幸教授を中心とする日本チームが共同開発した、英語学習にうってつけの電子辞書です。”という商品説明で、「これは買わねば」と即決。

今持っている電子辞書は、もう7年使っているし、ロングマン英英も、ロングマン英和も入っていないし、と色々理由をつけて購入。電子辞書、2台体制になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

坂本龍一の「音楽の学校 スコラ」

この前、面白い番組を見つけました。「スコラ」という音楽番組。坂本龍一が文字通り“教授”をつとめる形です。4月のテーマは「バッハ」。

*放送日は土曜の午後11時45分から翌0時14分(NHK教育テレビ)。

続きを読む "坂本龍一の「音楽の学校 スコラ」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

「1Q84」で思うあれこれ(ネタバレあり)

一晩考えて、ますます「1Q84 BOOK4」が出る気がしてきました。その理由は、昨日のタイトルからのヒントに加えて、内容的にも3つのことから、今回のBOOK3で完結ではない気がします。

続きを読む "「1Q84」で思うあれこれ(ネタバレあり)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年4月18日 (日)

「1Q84」読了です!(ネタバレ)

やあ、今日の昼頃、602ページの「1Q84 BOOK3」を読み終わりました。

個人的には、BOOK1、2を読み終わった時は、本の構成面でも、ラストの終わり方でも「これで完結」って思って気に入っていたので、BOOK3がはたして、どんな展開になるか興味津津でした。表紙の帯にも、思わせぶりに「更に深く、森の奥へ。」なんて書いてあるしネ。

1Q84 BOOK 3 1Q84 BOOK 3

著者:村上春樹
販売元:新潮社
発売日:2010/04/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "「1Q84」読了です!(ネタバレ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

「1Q84 BOOK3」到着

1Q84 BOOK 3 1Q84 BOOK 3

著者:村上春樹
販売元:新潮社
発売日:2010/04/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あらかじめアマゾンで予約していた「1Q84 BOOK3」が夕方、6時ごろ届きました。う~ん、朝から待っていたのにね。夕食を作る時間になってしまって、ようやくこれから読み始めます。

なんだか、「ハリー・ポッター」を心待ちにしていた子どもたちのように、ワクワクしています。そうそう、この感覚は、昔、週刊「少女フレンド」の最新号を手にした感じと似ています。久しぶり。

また、読了したらレビューをいたしますので( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

カラスとの遭遇

カラスが頭がいいという話は聞いたことがありますが、先日ちょっと不思議な体験をしました。

洗濯物を干すのにベランダにいつもハンガーを何本かおいているんです。昼ごろ、ふとベランダをみると窓越しにカラスがハンガーを1本くわえてこちらを見ているのではありませんか。まるで、「ちょっと1本借りていくよ」って挨拶でもしているように。いやいや、おどろいたのなんのって。ずいぶん前に、ハンガーを使って、カラスが巣を作っているのがニュースになっていましたが、我が家のハンガーも今頃、あのカラスが子どもを産むための巣の一部になっているのかな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

映画「シャーロック・ホームズ」

Img

予告編を見て、なかなか面白そうと思い観てまいりました。

続きを読む "映画「シャーロック・ホームズ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(「Percy Jackson & Olympians: The Lightning Thief])

Img

ギリシア神話を基にしたファンタジー「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を観てきました。

続きを読む "映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(「Percy Jackson & Olympians: The Lightning Thief])"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

「小説ほど面白いものはない 山崎豊子 自作を語る3」

小説ほど面白いものはない 山崎豊子 自作を語る3 (山崎豊子自作を語る 3) 小説ほど面白いものはない 山崎豊子 自作を語る3 (山崎豊子自作を語る 3)

著者:山崎 豊子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は、最近出た山崎豊子さんのエッセイ「山崎豊子 自作を語る」3作品の内、3作目の「小説ほど面白いものはない」を採り上げます。

山崎豊子さんの小説は、「沈まぬ太陽」しか読んだことがないのですが、ぐいぐいと読むのもを惹きこむ骨太の文体が魅力。その文体がどういうふうに生まれるのか、興味のあるところです。

このエッセイ3は、初期の頃の対談、座談会などがっまとめられていて、山崎豊子さんの作家としての矜持が見られました。

続きを読む "「小説ほど面白いものはない 山崎豊子 自作を語る3」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

「IN」

IN IN

著者:桐野 夏生
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨日の「女神記」に引き続き、桐野さんの本、「IN」を紹介します。こちらは、2009年5月30日に世に出た本。このタイトルは、もちろん読者に、13年前に刊行された「OUT」を思い起こさせます。

続きを読む "「IN」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

「女神記」

女神記 (新・世界の神話) 女神記 (新・世界の神話)

著者:桐野 夏生
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

去年の秋に書いた「神話がわたしたちに語ること」ではじまる『世界の神話全集』の中から、「女神記」を読みました。日本を代表して神話の世界を描いたのは桐野夏生さん。2009年11月に出版ですので、先日レビューした2008年5月出版の「東京島」とほぼ同時期。精力的に書かれているな~と感服します。

続きを読む "「女神記」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

歌舞伎のこぼれ話

Photo

昨日の歌舞伎座公演の興奮が冷めやらぬ今日、プログラムを見たりしながら、二、三気づいたことがあります。

ひとつが「熊谷草」、もうひとつが「獅子と牡丹の関係」。

続きを読む "歌舞伎のこぼれ話"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

こんにちは歌舞伎座、そしてさようなら

2010_0406_100746ca3c0326

今日は、お友達のOさんから券を都合していただいて、生まれてはじめて歌舞伎座で歌舞伎を観てきました。

続きを読む "こんにちは歌舞伎座、そしてさようなら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

映画「サイドウェイ」と映画「Sideways」

サイドウェイズ (特別編) [DVD] サイドウェイズ (特別編) [DVD]

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2010/04/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

“大人の1週間の寄り道”、そんな経験を上質なワインを片手に一緒に付き合ってきました。20代ではまだ熟成されていない人生のほろ苦さ、芳醇な甘さなどを味わえます。アラフォー以上の中年の方に薦めたい映画です。 

続きを読む "映画「サイドウェイ」と映画「Sideways」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

チケットをとるストレス

Img_new

  1か月ほど前のショパンの誕生日にお知らせした「熱狂の日~ショパンの宇宙」のチケットが、4月3日より発売開始になりました。午前10時からのスタートでスタンバイしていたにもかかわらず、第1希望のコンサートチケットはあえなく完売。PCでも電話でもアクセスが殺到してなかなか通じなく、通じたときにはもう勝負は終わっていました・・・。

でも、なんとかショパンの協奏曲第1、2番のコンサートと、あと2,3のコンサートチケットをゲット。ゴールデンウィークは、ショパンに酔います。

note「ショパンの宇宙」は、東京国際フォーラムに於いて5月2,3,4日に開催されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

「The Commoner: A Novel」

The Commoner: A Novel The Commoner: A Novel

著者:John Burnham Schwartz
販売元:Nan A. Talese
Amazon.co.jpで詳細を確認する

遅くなりましたが、3月の原書「The Commoner: A Novel」のレビューです。このお話は日本の皇室にはじめて平民(commoner)から輿入れされた美智子皇后をモデルにしたもので、少女時代から、結婚後50年近く過ぎたころまでを綴った物語です。

続きを読む "「The Commoner: A Novel」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

マーシャ・クラッカワー先生、再び

NHK テレビ3か月トピック英会話 2010年 04月号 [雑誌] NHK テレビ3か月トピック英会話 2010年 04月号 [雑誌]

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

今日はやっと春らしい天気になって、桜も喜んでいることでしょう。新社会人、新入生の皆様、おめでとうございます。

コニコもこの春から新しい英語番組に挑戦します。NHK教育テレビではじまった「3か月トピック英会話」は、大好きなマーシャ・クラッカワー先生が講師を担当されます。

続きを読む "マーシャ・クラッカワー先生、再び"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »