« 音の響き | トップページ | オルセー美術館展をOTTAVAで »

2010年5月27日 (木)

「ボヴァリー夫人」読書会(1)

ボヴァリー夫人 (河出文庫) ボヴァリー夫人 (河出文庫)

著者:ギュスターヴ・フローベール
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008年に「カラマーゾフの兄弟」(クラブ・カラキョウ)読書会、2009年に「ファウスト」(ファウスト・クラス)読書会とやってきて、今年はどうしましょうと考えて、たどりついたのが「ボヴァリー夫人」。ロシア、ドイツときてフランスにやってきました。リアルな世界でも旅行したいところばかりですが、それはさておき。

なぜ、「ボヴァリー夫人」を選んだかっていうと・・・今年は著者フローベールの没後130年にあたる年というのがひとつ。そして先日読んだ「デイジー・ミラー」の著者ヘンリー・ジェームズがフローベールの写実主義に傾倒していたということがわかったので、フローベールという人がどんな小説を書くのか興味がわいたことがひとつ。そして、一読したら、あらまあ、すこぶる面白い!それも現代に通じる話題満載。これは読書会で読んだら盛り上がると踏みました。

いままで読書会に参加したメンバーと興味を持ちそうな方々に呼び掛けたところ、9名というメンバーがあっという間に集まりました。メンバーには、「コニコの喫茶店」にお馴染のクーネルシネマさんブラボーさんも参加してます。

そして昨日が、顔合わせも兼ねた第1回目の「ボヴァリー夫人」読書会と相成りました。テキストにするのは河出書房新社、山田ジャク訳の「ボヴァリー夫人」です。翻訳者の山田ジャク氏は森鴎外のお孫さん。その他、有名どころの翻訳は下の新潮文庫、生島遼一訳もあります。

読書会では、冒頭16ページまでを皆で朗読し、ディスカッション。どうしてタイトルが「エンマ」ではなくて「ボヴァリー夫人」なのか、冒頭が読みにくいのはなぜか、最初に出てくる語り手「僕ら」というのは誰なのか、献辞の“ルイ・ブイエに捧ぐ”とは誰なのか(ルイ・ブイエはフローベールの親友だったらしいです。モーパッサンの書いた「ルイ・ブイエ」参照、)などなど、次から次と興味は尽きず、次回第1部を読み進むための超盛り上がった導入になりました。なんせオバサンが9人、姦・姦・姦と字だけみただけでも、にぎやかそうでしょ。

ちなみに私が冒頭の文章で圧倒されたのは、シャルルの帽子の形容。どんな帽子か、想念の渦のような得体のしれない帽子です。

次回は6月末、第1部を姦しく話し合います。今度はこの読書会になんて愛称をつけようかと思案中プラス何かよい愛称があったら募集中。

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

 ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

 著者:フローベール
 販売元:新潮社
 Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 音の響き | トップページ | オルセー美術館展をOTTAVAで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「読書会」!! いいですね・・うらやましい・・
日本人の作家の本は結構読みますが、どうも、外国人作家の日本語に訳された作品を読むのは苦手で…もともとの英語が苦手だからかな?(^^ゞ でも、時間がとれるようになったら、挑戦してみよう!と、触発されたMINAであります。

投稿: MINA | 2010年5月27日 (木) 11時40分

MINAさん、一人で読書も楽しいけれど、いろいろな意見を持つ友人と同じ本を読み合うのも刺激的ですよ。是非、MINAさんも一緒に「ボヴァリー夫人」、読みません?毎月1章でこれから3か月かけて読了しますからflair

投稿: コニコ | 2010年5月27日 (木) 15時12分

お誘いいただいたのに、参加しないでごめんなさい。
火曜水曜はバイトなので…。
エマじゃなくてシャルルの幼年時代から始まるのはなぜなのか??
この本といえば、それが私の疑問その1です。
ぜひみなさんで解明してね!

投稿: gamzatti | 2010年5月27日 (木) 21時30分

こんにちは♪
一昨日はありがとうございました。
「ボヴァリー夫人」読書会、次回からは個室で大正解?…大盛会となること間違いなし♪
楽しみに通わせていただきます。
どうぞよろしくお願いします(*^_^*)

投稿: ブラボー | 2010年5月28日 (金) 14時55分

gamzattiさん、お久しぶり。バイトなんですね。残念。今回、仏文なので期待してたんですが。
でも、このコメントみたいにオンラインで、疑問なんかを投げかけていただけると嬉しいです。
疑問1と密接に関連しているのが、この小説のタイトル、そして小説の構成だと思いますよ。「ボヴァリー夫人」というタイトルだったら、当たり前のように読者は、ボヴァリー夫人になるエンマの生い立ちから始まることを期待しちゃいますものね。ところが、フローベールは、冒頭で、執拗なくらいシャルルの少年期の道化振りを書いてますね。ラストもしかり、シャルルのことをこれでもかと書いているし。
さてさて、皆さんの意見はどうか?次回に話してみますね。

投稿: コニコ | 2010年5月28日 (金) 20時12分

ブラボーさん、コメントをありがとう。TBを間違って2回送ってしまいました。申し訳ありませんが、1つ削ってくださいね。
次回はお部屋もとったし、思いっきりディスカッションできますね。ちょっと恐ろしいかもcoldsweats01

投稿: コニコ | 2010年5月28日 (金) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/34895233

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボヴァリー夫人」読書会(1):

« 音の響き | トップページ | オルセー美術館展をOTTAVAで »