« イカ烏賊が? | トップページ | 「ケンブリッジ・サーカス」 »

2010年6月 9日 (水)

「おとぎ話の忘れ物」

おとぎ話の忘れ物 おとぎ話の忘れ物

著者:小川 洋子
販売元:ホーム社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドキドキするおとぎ話、大人の絵本です。そっと本棚隠しておきたいような秘密めいた余韻がずっと残ります。

小川洋子さんの透明感のあることばの世界と、樋上公実子さんの無垢な官能美がまことによくマッチしていて、不思議なおはなしへと誘われます。

本の扉を開けると、そこには“赤ずきんちゃん”(なはず!?)の女の子(とはいえない官能的で大人びた女の子)が待っています。次のページをめくると、まるで今まで入ったことのないお店に足を踏み入れたような――本は、「いらっしゃいませ。」とはじまります。ここは“キャンデー屋と[忘れ物図書館]”――世界から集められたおとぎ話の忘れ物をそこではみつけることができるのです。

ひとつひとつ丁寧に贅沢に集められたおとぎ話が、ここには4つ紹介されています。

ずきんグラブ*アリスという名前*人魚宝石職人の一生*愛されすぎた白鳥

オリジナルの子ども向けのお話が、魔法のように姿を変えられ、小川洋子風の言葉で語られ、樋上公実子風に色づけされています。

小さな時聞いたおとぎ話を深い海に沈めて、自分の心に忘れていたおとぎ話を探してみる読書も面白いです。

|

« イカ烏賊が? | トップページ | 「ケンブリッジ・サーカス」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/35107844

この記事へのトラックバック一覧です: 「おとぎ話の忘れ物」:

« イカ烏賊が? | トップページ | 「ケンブリッジ・サーカス」 »