« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

2010年9月30日 (木)

原書「Babette's Feast」(「バベットの晩餐会」)

Anecdotes of Destiny (Penguin Modern Classics) Anecdotes of Destiny (Penguin Modern Classics)

著者:Isak Dinesen,Karen Blixen
販売元:Penguin Classics
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今月も月末でなんとか原書で読了。Isak Dinesenの中編「Babette's Feast」を読みました。

続きを読む "原書「Babette's Feast」(「バベットの晩餐会」)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

「骸骨ビルの庭」

骸骨ビルの庭#上# 骸骨ビルの庭#下# 骸骨ビルの庭(上)

 骸骨ビルの庭(下)

著者:宮本 輝
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小川洋子さんの「メロディアス・ライブラリー」で紹介されてから是非読みたいと思っていた「骸骨ビルの庭」を読了しました。

わたしには、はじめての宮本輝作品です。時間を忘れて上下巻一気に読みました。冒頭から物語の舞台である大阪の十三(“じゅうそう”と読む)の街並みを一緒に歩いているような気になり、すっかり主人公である八木沢省三郎の視点で物語の世界に引き込まれてしまいました。

続きを読む "「骸骨ビルの庭」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

NHKテレビ 3か月トピック英会話 2010年10月号聴く読むわかる!英文学の名作名場面

 テレビ3か月トピック英会話 2010年10月号

テレビ3か月トピック英会話 2010年10月号
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

  明日から、いよいよNHK秋講座が開講します。

 なかでも、コニコ注目はNHK教育テレビ放送の「聴く読むわかる!英文学の名作名場面」です。

 第1課はエミリー・ブロンテの「嵐が丘」。9月29日水曜午後11:10~11:30。

講師は斎藤兆史氏。

第4課ではジェイン・オースティンの「高慢と偏見」も取り上げるようで楽しみ。

続きを読む "NHKテレビ 3か月トピック英会話 2010年10月号聴く読むわかる!英文学の名作名場面"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

扇風機とハロゲンヒーターの同居

2010_0925_085220ca3c0551

ここのところの気温の急激な変化で我が家は普段見られないことが起こっています。

扇風機の横にハロゲンヒーターを出しました。だって、涼しさを通り越して寒いし。かといって、また暑くなる気配もあるし。というわけで、兄弟のように並んだ2台、この同居はいつまで続きますかね~happy02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

シューマンもショパンも学んだバッハ♡

鍵盤音楽の領域 vol.8 バッハ meets ジルバーマン・ピアノ 鍵盤音楽の領域 vol.8 バッハ meets ジルバーマン・ピアノ

アーティスト:武久源造
販売元:ALM RECORDS
発売日:2009/08/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日、武蔵野音楽大学で面白いレクチャー(by 赤塚健太郎氏)がありました。メンデルスゾーンがバッハを再発見し、「マタイ受難曲」を蘇演(1829年)したのは有名な話ですが、シューマンもショパンもバッハの多大なる影響を受けているとは、知りませんでした。

続きを読む "シューマンもショパンも学んだバッハ♡"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

映画「新しい人生のはじめかた」(Last Chance Harvey)

新しい人生のはじめかた [DVD] 新しい人生のはじめかた [DVD]

販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2010/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨日レビューした高月さんの「ロンドンはやめられない」を読んだ後に観たのが、この映画です。舞台はロンドン。

コニコが生涯はじめての海外旅行で降り立った空港は、ロンドンのヒースロー空港。もう、何年前のことになるかしら。この映画の主役二人が出逢うのも、ここヒースロー空港なんです。

続きを読む "映画「新しい人生のはじめかた」(Last Chance Harvey)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

「ロンドンはやめられない」

ロンドンはやめられない (新潮文庫) ロンドンはやめられない (新潮文庫)

著者:高月 園子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前にご紹介したことのある「おしゃべりなイギリス」が文庫化されました。新潮社からタイトルも新たに――ズバリ「ロンドンはやめられない」

それでもって、なんと今日は、エッセイストであり、翻訳家でもある著者の高月さん(在英25年)を囲んで文庫の出版をお祝いするランチに行ってきました。

続きを読む "「ロンドンはやめられない」"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

まだちょっと夏気分

2010_0818_152150grl_0534

秋っぽくなってきたと思っていたら、まだ暑いですね。青空の写真、撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

映画「コープス・ブライド」

ティム・バートンのコープスブライド 特別版 [DVD] ティム・バートンのコープスブライド 特別版 [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2009/07/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

涼しくなってきたので、今日は家で冷房をかけずにまったりとDVD鑑賞休日にしました。

ハロウィーンも近づくことだし“死の世界”を描いたティム・バートンの独特の世界、 「コープス・ブライド」(2005年)♪  でも観てみようということに。コープスとは死体のこと、つまり死体の花嫁とは、コワそ~でしょw(゚o゚)w

続きを読む "映画「コープス・ブライド」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

舞台「イリアス」

Photo

ル テアトル銀座で「イリアス」を観劇(東京公演は9月23日まで)。

トロイア戦争で活躍した英雄・アキレスを主軸に、"人はなぜ戦うのか?""何のために生きるのか?"を問う壮大なストーリー『イリアス』。このギリシア最古にして最高の英雄叙事詩が、栗山民也演出により、初めて舞台化される。(公式サイトより)

続きを読む "舞台「イリアス」"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2010年9月17日 (金)

映画「悪人」

悪人(サントラ) 悪人(サントラ)

アーティスト:,久石譲×福原美穂
販売元:SMR
発売日:2010/09/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今週の火曜日だったか、久石譲が「笑っていいとも」に出演していた。映画「悪人」の音楽の製作秘話を披露してくれる。

俄然、この映画が観たくなる。

続きを読む "映画「悪人」"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2010年9月14日 (火)

最も魅力的なイギリス人男性は!?

だ~れだ?それは

高慢と偏見 コリン・ファース DVD2枚組(1WeekDVD) 高慢と偏見 コリン・ファース DVD2枚組(1WeekDVD)

販売元:ヴィジョネア株式会社
発売日:2010/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『「私、コリン・ファース」です。』って言ったかどうだかわかりませんが。

先日行われたイギリスのジーンズ・メーカー、「ウィザード・ジーンズ」が約1500人の女性を対象に行った「最も魅力的なイギリス人男性」の投票で、堂々1位に輝いたのがコリン・ファース。

続きを読む "最も魅力的なイギリス人男性は!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

村上春樹訳「おおきな木」

おおきな木 おおきな木

著者:シェル・シルヴァスタイン,Shel Silverstein
販売元:あすなろ書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前に「コニコ磨きのために読書に期待することは?」という記事で、絵本「おおきな木」を取り上げました。

この本は、大好きで、こころの友となる大切な絵本。先日、本屋さんで平積みにされているのをみつけました。ロングセラーの絵本といっても書店の売れ筋コーナーにあるので「あらっ、どうしたのかしら?」と思ったら、村上春樹さんが新しく訳されたんですね。びっくりしました。

続きを読む "村上春樹訳「おおきな木」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

「声の網」(ネタバレあり)

声の網 (角川文庫) 声の網 (角川文庫)

著者:星 新一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

8月にご紹介した星新一の短編集「声の網」を読んでみました。

続きを読む "「声の網」(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

コニコのアバター、あらわる♪

130x175

もうお気づきの方もあるかもしれませんが、最近、コニコのアバターを作ってみました。実物のコニコはリアルオバサンですが、アバターでは年齢詐称しちゃってます(ってばらしたら詐称じゃなくなっちゃうけれど)。ちびまる子ちゃんみたい・・・

ついでに「twitter(つぶやき)」もやってみたり。

ブログ記事下の“ポチっと”マークにポチっとクリックしてみてくれると嬉しいです。はじめてなんでどうなるのかわからないのですが、チャレンジよ(*゚▽゚)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

「ともに育む文化」

2010_0901_130834ca3c0541

9月1日、東京のセルバンテス文化センターで開催されたイベント「ともに育む文化」に行ってきました。このイベントは、スペインと日本で活躍するクリエイターの対話を目的としたもので、取上げられるテーマは大きく4つ:建築、モード、コミック・マンガ、そして文学でした。

私のお目当ては、マンガと文学。里中満智子さんと大江健三郎氏。

続きを読む "「ともに育む文化」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

映画「食べて、祈って、恋して」の字幕に挑戦!

Img

過去にも応募した神田外語が主催する字幕翻訳コンクール、今年も締切が近づいています。

*はじめて応募したのは3年前の字幕コンクール映画「ミス・ポター」 (映画のレビューはコチラ

続きを読む "映画「食べて、祈って、恋して」の字幕に挑戦!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

タッチャンの「タツルペーパー」発見

Img_0001

池袋のジュンク堂に行ったら「内田樹 全点フェア」というコーナーが出来ていました。そこで発見したのが「タツルペーバー」というフリーペーパー。“担当編集者が勝手につくった「内田樹」を読みたくなる冊子”という副題がついてます。(右の絵はタッチャンの手書き)

中味が楽しいhappy01 

(内田樹スペシャルインタビュー)「私がご機嫌な理由、教えます。」

(完全保存版! 内田樹全著作リスト

企画は、「タツル・クラブ」(内田樹さんの著作を刊行する各出版社の担当編集者が集まってできた、任意の団体です)。名前だけ聞くとちょっとあやしげだけどrun

わ~、タッチャンは読者だけでなく、編集者にもクラブができるほど人気があるんですね。

続きを読む "タッチャンの「タツルペーパー」発見"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

原書「The Garden Party」

The Collected Stories of Katherine Mansfield (Wordsworth Classics) The Collected Stories of Katherine Mansfield (Wordsworth Classics)

著者:Katherine Mansfield
販売元:Wordsworth Editions Ltd
Amazon.co.jpで詳細を確認する

8月も終わり、あ~、もう9月。8月の原書のレビューも今日になってしまいましたが、気を取り直して・・・

ニュージーランド生まれの作家、キャサリン・マンスフィールドの短編集から「The Garden Party」を読みました。

続きを読む "原書「The Garden Party」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »