« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の記事

2010年11月30日 (火)

雑司ヶ谷「大倉魚河岸亭」

雑司ヶ谷散歩の続きです。順序は珈琲タイムより遡りますが、ランチの話題。以前訪れた鬼子母神裏の割烹「大倉」が大満足のお店だったので、また行ってみました。(鬼子母神の「鬼」は実は角のない鬼の字なのですが、変換できないのでご容赦を)

でも、その日は予約でいっぱい。お店のご主人に薦められたのが、はす向かいにある「大倉魚河岸亭」です。こじんまりした、というよりはっきりいって狭い店。カウンターに5人くらい、テーブル席もたしか2つだったか。でも、行列が出来てます。行列大好きなコニコですので、ちょっとくらいの並んでいてもきにしない。待つこと10分で、店内へ。

“本日のおすすめ”、天丼を頂きました。

2010_1121_123131ca3c0642

続きを読む "雑司ヶ谷「大倉魚河岸亭」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

西洋釣具珈琲店「リールズ」

2010_1121_141559ca3c0643

先日、雑司ヶ谷の手創り市に行った帰りに立ち寄った珈琲店「リールズ」は、おススメです。

注文すると、サイフォン式の珈琲を一杯一杯丁寧に淹れてくれます。コニコがお願いしたのは、ストレートのコロンビア。豆の中で一番のお気に入りです。

続きを読む "西洋釣具珈琲店「リールズ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

「しがみつかない生き方」

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書) しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

著者:香山 リカ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一年前に相当話題になった本ですが、今頃手に取っています。友だちが貸してくれました。帯には「『ふつうの幸せ』が最大の幸福」と書いてあります。逆説的にいえば、「『最大の幸せ』がふつうに幸福だと思っているあなたに」ということでしょうね。

続きを読む "「しがみつかない生き方」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

ダンシャリアン・ラプソディーに共感

もうすぐ12月。大掃除という1年で「片付け」という大合唱が聞こえてきそうで、耳が痛い私です。

先日発見したのが、11月18日の日経夕刊、プロムナード欄の作家、朱川湊人さんの「ダンシャリアン・ラプソディー」というエッセイです。

2か月ほど前に私が書いた「ダンシャリアン」という記事と同じような気持ちになっている人がいるようですね。いたく共感しました。

続きを読む "ダンシャリアン・ラプソディーに共感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

映画「のぼうの城」キャストあそび(ネタバレあり)

Photo 

前回の記事、「のぼうの城」の映画化のキャストを拝見すると、“この人は本のイメージにピッタリ”という人もいますが、“え~っ”という人もいて、どういう映画になるか興味津々。

続きを読む "映画「のぼうの城」キャストあそび(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

「のぼうの城」

のぼうの城 上 (小学館文庫) のぼうの城 上 (小学館文庫)

著者:和田 竜
販売元:小学館
発売日:2010/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

のぼうの城 下 (小学館文庫) のぼうの城 下 (小学館文庫)

著者:和田 竜
販売元:小学館
発売日:2010/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「王様のブランチ」で太田光が絶賛していた「のぼうの城」、気になって気になって仕方なく、ようやく読みました。

上巻の表紙は、“のぼう”こと成田長親、下巻の表紙は石田三成。

続きを読む "「のぼうの城」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

日本画に挑戦♪~やっぱり日本画家はすごい

いやはや“はじめての日本画体験”は、楽しくもあり、恐ろしくもあり、という感じでした。何が恐ろしいかというと、実際に描いてみると、私には“出来ない”づくし。

私には、まずまっすぐな線が引けない。

たとえば、上村松園の「晩秋」の障子のまっすぐな線のきっぱりとした美しさは、本当に精進したものの描く線なのですね。

続きを読む "日本画に挑戦♪~やっぱり日本画家はすごい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

日本画に挑戦♪~2日目

2010_1113_170640ca3c0630 2010_1113_170656ca3c0632

2日目は、いよいよ色を塗ります。実際に作業する前に絵具の説明がありました。

いろいろ並んだものには、天然岩絵具、新岩絵具、合成絵具の種類があり、まぜ方や溶き方に独特の違いがあるのとのことでしたが、いっぺんには覚えられず、先生に聞きながら、欲しい色合いを作っていくことになりました。

続きを読む "日本画に挑戦♪~2日目"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

日本画に挑戦♪~1日目

2010_1121_210056ca3c0649

美術にしても音楽にしても鑑賞するのは大好きなコニコ。でも、それだけでは物足りない、というか、本当のプロのすごさが実はわからないような気がしてならない私です。

チャンスがあれば、いろいろ経験したいと思っていた矢先に、初心者でもOKの日本画講座がありました。朝から夕方までみっちり8時間で2日間美術コースを受講してきました。

続きを読む "日本画に挑戦♪~1日目"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

「パリ、娼婦の館」

パリ、娼婦の館 パリ、娼婦の館

著者:鹿島 茂
販売元:角川学芸出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画「わたしの可愛い人 シェリ」を観に行った時に映画館で売られていた本が、この「パリ、娼婦の館」でした。

ちょっと、のぞいてみたい気がしませんか?

続きを読む "「パリ、娼婦の館」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

映画「わたしの可愛い人 シェリ」(「Cheri」)(ネタバレあり)

アレクサンドル・デプラ(音楽)/オリジナル・サウンドトラック わたしの可愛い人-シェリ(CD) アレクサンドル・デプラ(音楽)/オリジナル・サウンドトラック わたしの可愛い人-シェリ(CD)
販売元:ぐるぐる王国 ヤフー店
ぐるぐる王国 ヤフー店で詳細を確認する

♪モンシェリCoCo~ モンシェリCoCo~♪と、はいからな大和和紀のマンガに夢中になったのは40年近くも前のこと。モンシェリって響きがおフランス的で、それだけであこがれたものです。そんな遠い記憶を呼び起してくれたのがコレット原作の「シェリ」(シェリとは“ベイビー、ダーリン”という意味)。

「ボヴァリー夫人」「モリエール」とちょっとフランスがマイ・ブームになっているので、この映画「わたしの可愛い人 シェリ」を観てきました。

続きを読む "映画「わたしの可愛い人 シェリ」(「Cheri」)(ネタバレあり)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

「ちびくろ・さんぼ」のほっとけーき

ちびくろ・さんぼ ちびくろ・さんぼ

著者:ヘレン・バンナーマン
販売元:瑞雲舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日、図書館に行ったらたまたま懐かしい絵本に出逢いました。誰かが返却した本で棚に置いてありました。

わたしが小さい頃読んだ本は、岩波から出たもので、図書館の本も岩波板でしたが、何年か前に絶版になり、書店ではもう手に入らなくなったとか。でも、調べてみたら2005年に新しい出版社から復刻版が出たとのこと、面白い話なので子どもたちにも読み継がれてほしいと思います。

続きを読む "「ちびくろ・さんぼ」のほっとけーき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

庄司紗矢香&ジャンルカ・カシオーリ デュオ・リサイタル

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第2番&第9番 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第2番&第9番

アーティスト:庄司紗矢香
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2010/10/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日、赤坂サカスの美登利でお寿司を食べた後のコンサートのお話をしなくては。

11月8日サントリーホールで行われた「庄司紗矢香&ジャンルカ・カシオーリ デュオ・リサイタル」、7月のはじめにチケットを買って、ずっと楽しみにしていた音楽会でした。さらに、私としては、はじめての試みで大ホールの舞台の後ろに当たるPブロックの席のチケットを購入してみました。(パイプオルガンのすぐ前)

続きを読む "庄司紗矢香&ジャンルカ・カシオーリ デュオ・リサイタル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

久々のホームパーティ

今日は友人宅の新築祝いに行って参りました。我ながら、ホント毎日よく出かけること。と、それはされおき、門を開けると大型犬の愛嬌のあるBくんが尻尾をふりふり迎えてくれました。

モデルルームのようなマバユサのお宅を拝見。白い品のいいお部屋にさりげなく花があって、ホステスのセンスの良さに脱帽。また使いやすいキッチンや明るいリビングなど、よく考えられた設計で皆で感心することしきりでした。

この新築祝いになんとマダム14人が勢ぞろい。皆さんが一品持ちよりで、アフタヌーンランチ・ホームパーティ。

まずはお料理をご覧あれ、なんて偉そうですが、本当にみな美味しそうなものばかり、そして実際にも美味でした~up

2010_1109_120433ca3c0617 2010_1109_120649ca3c0618_2 2010_1109_120819ca3c0619 2010_1109_120925ca3c0620    

続きを読む "久々のホームパーティ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

美登利寿司 赤坂店

2010_1108_172246ca3c0612

赤坂アカスに久しぶりに行ってきました。今回はコンサート前の腹ごしらえのために夕食を食べに行きました。いろいろ迷って、友だちと「やっぱり和食にしましょう」ということになり、美登利寿司に決定。夕方の開店、5時過ぎに行ったので並ばずにすんなり入れました。

続きを読む "美登利寿司 赤坂店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

映画「モリ―エル 恋こそ喜劇」(「Moliere」)

「恋におちたシェークスピア」のフランス版と評判の高い「モリエール 恋こそ喜劇」を観てきました。有名作家や劇作家の人生を自らの作品と重ねて想像力豊かなお話に仕立てて映画化した作品はたくさんあります。

シェークスピアにしたって(「恋におちたシェークスピア」)、ジェイン・オースティン(「ジェイン・オースティン 秘められた恋」)だって、たぶん映画のようなロマンチックで切ない恋が実際にあったかは疑問ですが、でも「こんな恋をして作品が生まれていったんだろうな~」って想像するのは、やはり楽しいですね。

続きを読む "映画「モリ―エル 恋こそ喜劇」(「Moliere」)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

「流跡」

流跡 流跡

著者:朝吹 真理子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

第20回ドゥ マゴ受賞作品、「流跡」を読みました。なんとも不思議な読後感。タイトルが「流跡」とあるように文字もイメージも流れてゆき、漂い、浮遊して、でも跡に残るものは痕跡というものではなく、読んだのかという不確かさが手からこぼれ落ちていくようでした。

続きを読む "「流跡」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

Happy Shufu Festival 2010~お試し編

2010_1105_064608ca3c0609 2010_1105_070548ca3c0611

「ハッピー主婦フェスディバル ブロガーズプレス」で頂いた商品を使って、簡単ピザ風トーストを作ってみました。「大きいとろけるスライスチーズ」をパンにのせ、その上に「具のソース 肉味噌風」をスプレッドしてみました。

パンを焼いて、ハイ出来上がり。忙しい朝、これにコーヒーでいってきま~す。

続きを読む "Happy Shufu Festival 2010~お試し編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

Happy Shufu Festival 2010~ブロガーズプレス編

2010_1102_091903ca3c0591

秋も深まり、今年も椿山荘の「ハッピー主婦フェスティバル」(2009の記事はコチラ)の時期がやってきました。11月2日は朝から人でごった返していました。

年ごとにやってくる主婦も増殖中。まずは入場するのに並びます。そして中に入って、ハッピーブース会場に入るのにまた列。さらに会場内の各ブースのサンプル、試食をするのに並びます。

2010_1102_111847ca3c0603_2 2010_1102_111859ca3c0604

時間によっても違いはあるかと思いますが、とにかく並ぶ覚悟が必要なお祭り。でも、主婦は並ぶの好きだから、これもお祭りアトラクションheart

続きを読む "Happy Shufu Festival 2010~ブロガーズプレス編"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

こだわり人物伝「ショパン 魂の旋律」

こだわり人物伝 2010年10・11月 バーンスタイン〜愛弟子が語る/ショパン〜魂の旋律 (知楽遊学シリーズ) こだわり人物伝 2010年10・11月 バーンスタイン〜愛弟子が語る/ショパン〜魂の旋律 (知楽遊学シリーズ)

著者:佐渡 裕,平野 啓一郎
販売元:日本放送出版協会
発売日:2010/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

指揮者の佐渡裕さんが語った、10月のパーンスタインも面白かったのですが、なんといっても楽しみは11月のショパン。ナビゲーターは平野啓一郎さんです。

今日の午後10時25分からNHK教育テレビで放送です。タイトルは「ショパン 魂の旋律」

続きを読む "こだわり人物伝「ショパン 魂の旋律」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

ドゥマゴ文学賞 第20回受賞対談

Img

今日は、第20回ドゥマゴ文学賞を受賞した朝吹真理子さんとたったひとりの選考委員堀江敏幸さんの対談を聴きに行ってきました。去年に引き続きて応募して当選になり、嬉しい限り。

ドゥ マゴ文学賞がどういうものかは第19回の対談の記事を参考にして下さい。

続きを読む "ドゥマゴ文学賞 第20回受賞対談"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »