« 日本画に挑戦♪~やっぱり日本画家はすごい | トップページ | 映画「のぼうの城」キャストあそび(ネタバレあり) »

2010年11月25日 (木)

「のぼうの城」

のぼうの城 上 (小学館文庫) のぼうの城 上 (小学館文庫)

著者:和田 竜
販売元:小学館
発売日:2010/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

のぼうの城 下 (小学館文庫) のぼうの城 下 (小学館文庫)

著者:和田 竜
販売元:小学館
発売日:2010/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「王様のブランチ」で太田光が絶賛していた「のぼうの城」、気になって気になって仕方なく、ようやく読みました。

上巻の表紙は、“のぼう”こと成田長親、下巻の表紙は石田三成。

著者の和田竜氏は、最初にシナリオライターでデビューしたとのことですが、その実力のほどが読んでいるとひしひしと伝わってきます。

何といっても、登場人物のセリフに活き活きとした表情、スピード感、心情があふれていて、次はどうなるかとついついページをめくってしまいました。

2日で、一気に読了。爽快な読後感です。

時は戦国時代。天下様を目の前にした豊臣秀吉の家臣、石田三成が攻めるは、関東の雄・北条家の支城、武州・忍城(おしじょう)。その城代は、領民からさえも「のぼうさま」(“木偶の坊”の“のぼう”という意味)と呼ばれるばか殿、成田長親。周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城ではあるが、石田三成の軍勢は約2万に対して、長親方は僅か五百。敵からも家臣からも開城を迫られて、「戦いまする」と言い放つ長親。その後の戦は戦慄極まるものとなるが・・・のぼうは愚君か名君か、敵も味方も惑わされて・・・

最後に出逢うのは、長親のけた外れの笑顔です。柴崎和泉、酒巻 負らなど、この“のぼう様”の癖のある家臣たちも魅力的です。また、読者は沈着冷静な家老、正木丹波の視点で読み進んでいきますが、彼の揺れる心にもまた感情移入できます。

そして、随所に入る「その時、歴史は動いた」的な適切な解説も、400年以上昔と現代とを結ぶ橋わたしのようなもので、戦国の事件を身近に感じることが出来る仕掛けになっています。

歴史活劇人間ドラマを味わわせて頂きました。

余談ながら、来年この小説は映画化されるそうです。脚本は和田竜。シナリオライターの本領発揮となりますね。楽しみ楽しみ。

|

« 日本画に挑戦♪~やっぱり日本画家はすごい | トップページ | 映画「のぼうの城」キャストあそび(ネタバレあり) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/37842840

この記事へのトラックバック一覧です: 「のぼうの城」:

« 日本画に挑戦♪~やっぱり日本画家はすごい | トップページ | 映画「のぼうの城」キャストあそび(ネタバレあり) »