« 映画「ジュリエットからの手紙」(Letters to Juliet)(ネタバレあり) | トップページ | 「ジェノサイド」(少しネタバレあり) »

2011年9月13日 (火)

「災害ユートピア」(A Paradise Built in Hell)

災害ユートピア―なぜそのとき特別な共同体が立ち上るのか 災害ユートピア―なぜそのとき特別な共同体が立ち上るのか

著者:レベッカ ソルニット
販売元:亜紀書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

7月に参加した「夏の文学教室」で落合恵子さん平野啓一郎さんが引用していた本、「災害ユートピア」を読みました。

原題は「A Paradise Built in Hell―The Extraordinary Communities That Arise in Disaster」。大災害を地獄に例え、“そのとき、そこで”市民がどのように感じ行動したかを綴った骨太の力作です。

レベッカ・ソルニットさんの原書は2年前の夏に出版されたのですが、翻訳(高月園子さん訳)は昨年末、この前の冬に出て、まるで東日本大震災を予知したかのようです。

プロローグの副題は「地獄へようこそ」。ここ100年に起った5つの大災害―サンフランシスコ大地震、カナダのハリファックス大爆発、メキシコシティの巨大地震、10年前のアメリカ同時多発テロ事件、2005年のニューオリンズを襲ったハリケーンカトリーナを採り上げています(アジア地域の災害は文化・言語の問題が大きいため除くとのこと)。

この本を読みながら、どうしても重ねてしまうのが今回起きた震災と原発の事故。震災直後、海外では、パニックを起こさない日本人の冷静な行動と助け合いの精神が讃えられていました。わたしも日本人として大変誇りに思いましたが、こういった行動というものは、大災害があった時に自然発生的にその地域の人々の間に起きるというのです。「自分さえ助かれば」という考えで、パニックを起こし、社会が大混乱になるという、ハリウッド映画のステレオタイプの行動は、実はほとんど起こらないという事実が、生存者の証言と緻密な文で明かされています。

ただし、パニックになってしまう人々も。それが、エリート集団だというのですから、妙に腑に落ちてしまいました。あの原発事故で現場の所長が作業員と前線でがんばっていた時、本社の社長はパニックになって、撤退したいと政府に申し出たとか。この本の中では、ニューーオリンズでのブッシュ前大統領の不手際や人種差別の根強い白人のエリートパニックといえるものには、恐ろしいものがありました。

一番印象深かったのが第3章のメキシコシティ地震を扱った件です。地震直後に出来た通常ならつかの間のユートピアが、市民社会に大きな影響を与え、以後の力となっていくことになったというのです。当時を語るニカラグア詩人のジオコンダ・ベリはこんなことを言っています。

自分の人生が、たった一夜、地球が揺れただけで大きく変わってしまうことを悟ったならば、『だからどうだっていうの?わたしはいい人生を送りたいし、そのためなら命を危険にさらしてもかまわない。所詮、一夜のうちに失いかねない命ならば』と思ってしまうのです。いい人生を送らなければ、生きている価値はないと。それは大惨事の間に誰もが体験した、深いところで起きた変化でした。臨死体験のようですが、この場合、多くの人が同時に体験しました。それは人々の行動に大きな違いを生み出します。そういった体験は、人々の中から一番いい部分を引き出すのです。人々が自分のことだけを考えるのをやめる場面を、わたしは何度も目撃しました。何かがきっかけとなり、人間は突然、仲間のことや、集団のことを考え始める。それが人生を意義深いものにしてくれるのでしょうね」(「災害ユートピア」213ページ)

440ページとボリュームがある本ですが、今だからこそ読んでおきたい読みがいのある本です。是非おススメです。

|

« 映画「ジュリエットからの手紙」(Letters to Juliet)(ネタバレあり) | トップページ | 「ジェノサイド」(少しネタバレあり) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コニコさん、こんばんわ。

深く読み込んでいただいて、感激です。
訳すほうは仕事だからと割り切れば、どんなに改行が少なくて分厚い本でも訳せますし、書評家やコメンテイターなども仕事だから読めるでしょうが、一般の方で忙しい現代生活の中、時間を見つけて重い内容のノンフィクションを読み通せる読者はまれです。
きっと、ほんとうに本がお好きなのね。

災害学っていう社会学の分野、これからますます脚光を浴びそうですね。
もし今から勉強するとしたら、わたし、断然これだわ!

投稿: moonhigh | 2011年9月14日 (水) 21時14分

moonhighさん、先日はお月さまがとっても綺麗でした。まだまだ暑いですが、季節は秋ですね~。

この本、たしかにボリュームのある本でしたが、久々のノンフィクションだったせいか刺激的な読書でした。訳して頂いて感謝です。

災害学っていうものがあるんですね。なんだか世界中で大災害が起こるようになって(昔より頻繁に)、今時の学問なんでしょうねnote

またお会いするのを楽しみにしております。実りの秋になりますようにheart01

投稿: コニコ | 2011年9月15日 (木) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/41600268

この記事へのトラックバック一覧です: 「災害ユートピア」(A Paradise Built in Hell):

« 映画「ジュリエットからの手紙」(Letters to Juliet)(ネタバレあり) | トップページ | 「ジェノサイド」(少しネタバレあり) »