« 9月の復興読書は? | トップページ | メルヘン大賞の本 »

2011年9月30日 (金)

最近はまった「読書メーター」

8月末から「読書メーター」というものに登録しました。読んだ本のメモ代わり、備忘録にもなるので、とても便利。読んだページ数も随時出てきて、読み進む励みになりました。

ブログでいままでレビュー出来なかったものも、とりあえずご報告。また、何冊かはあらためてレビューしたいと思います。

9月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:3013ページ


▼読んだ本
“移動”のアメリカ文化学 (シリーズ・アメリカ文化を読む)“移動”のアメリカ文化学 (シリーズ・アメリカ文化を読む)
アメリカの〈移動〉に対する渇望は、土地だけでなく、海に空に、そして宇宙に触手を伸ばしているのが興味深いですね。「マニフェスト・デスティニー(明白なる天命)」という大義がアメリカを移動へと駆り立てたのがよくわかりました。
読了日:09月30日 著者:山里 勝己

人質の朗読会人質の朗読会
小川さんが綴る記憶の行進は、まるで小川のせせらぎのように静かで慎み深い。声なき声――祈りの流れだ。
読了日:09月29日 著者:小川 洋子

歌って、ヴァイオリンの詩〈2〉歌って、ヴァイオリンの詩〈2〉
後半のストラディヴァリウスの件が印象的でした。千住真理子さんのヴァイオリン、聴きたくなりました。
読了日:09月26日 著者:千住 真理子

下町ロケット下町ロケット
いやいやいや、まるで「プロジェクトX」を見ているような熱い技術者魂を感じました。日本の技術力を支えるメーターの人間には堪らないお話。
読了日:09月24日 著者:池井戸 潤

阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
映画化されてずっと気になっていた本。真っ白なドレスで電車のホームに立つ中谷美紀さんの姿から、どんなストーリーが紡がれているのか興味津々でした。ゆるやかな長屋のような味わいのある人間関係がすっと心に染み込むすてきな本でした。
読了日:09月22日 著者:有川 浩

謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
評判の本でしたが、ちょっと期待外れ。タイトルではありませんが、本格ミステリーというより、ディナー後の軽いデザートという感じ。奇抜な表紙に惹かれて手に取る人が多いのではと思いました。
読了日:09月20日 著者:東川 篤哉

ジェノサイドジェノサイド
 今起っている社会問題がさまざまな形で提起されていて、緻密な調査もしていると驚かされました。パーンズ大統領がブッシュ前大統領とだぶって来て、アメリカのネオコンの不寛容さを思い出しました。  人間が利他的であるか、残虐であるかも、その両面をみせられて、結末はハッピーエンドでも複雑な思いがありました。
読了日:09月16日 著者:高野 和明

怖い絵怖い絵
時代背景や画家の生い立ちなど、その絵の本質に迫る刺激的読みものでした。
読了日:09月13日 著者:中野 京子

災害ユートピア―なぜそのとき特別な共同体が立ち上るのか災害ユートピア―なぜそのとき特別な共同体が立ち上るのか
東日本大震災が起こってから、ずいぶん話題になっていた本。読み終えました。幅広くいろいろな側面から災害時における市民社会が立ち上がる様子を丹念に調べた力作ですね。100年も前のサンフランシスコ大地震や記憶に新しいハリケーン・カトリーナの人々の反応が目に浮かぶようでした。日本でも今回の災害ではたしてユートピアといえるものがあったのか、考えさせられました。
読了日:09月09日 著者:レベッカ ソルニット

|

« 9月の復興読書は? | トップページ | メルヘン大賞の本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/42237751

この記事へのトラックバック一覧です: 最近はまった「読書メーター」:

« 9月の復興読書は? | トップページ | メルヘン大賞の本 »