« アランの「幸福論」 | トップページ | 10月の読書まとめ »

2012年10月30日 (火)

「推理作家 ポー 最期の5日間」(The Raven)

Img_3


前回の記事で登場したのは、フランス人のアランさん。今回は、アメリカ人のエドガー・アラン・ポーさんの映画について書きます。

原書で読む英語の短編読書会「コニコの英語カフェ」で、5月にポーの「アモンティリャードの酒樽」を読んだので、ポーが主役の映画が来たとなれば、観に行かない手はありません。

この映画は、ポーの作品からインスピレーションを受けた殺人鬼に、ポー本人が立ち向かうというお話。冒頭の殺人事件から、「モルグ街の殺人」を思わせる手口で、何ともオドロオドロシイ・・・「落とし穴と振り子」に至っては、正視に耐えない残酷シーン。

ポーの作品を読むのは好きだし、怖いシーンも想像するのですが、実際にリアルな映像になるとホラーの苦手な私は、大いにたじろいでしまいました。

実際のポーの死が謎につつまれていて、それを彼自身の作品と絡めた発想は面白いと思うし、ポーと一緒に犯人を追いかけるフィールズ刑事もがんばっていましたが・・・セリフと時代的映像がちぐはぐな気がして、コニコが思い描いていた読むポーの世界とギャップを感じてしまいました。

監督は、「マトリックス」シリーズのジェームズ・マクティーグ。スピード感のある映像が得意の監督だけに、思い切ってポーを現代に登場させ、今のアメリカを舞台にしてもよかったのではと思ったりして。

ポーのファンが、この映画をどう評価するか、意見が分かれるところです。

|

« アランの「幸福論」 | トップページ | 10月の読書まとめ »

映画・ミュージカル」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/47644700

この記事へのトラックバック一覧です: 「推理作家 ポー 最期の5日間」(The Raven):

« アランの「幸福論」 | トップページ | 10月の読書まとめ »