« TA14GP 村治佳織 | トップページ | 七夕のお二人も(^_^;)汗カキカキデート!? »

2013年7月 4日 (木)

6月の読書まとめ

2013年6月の読んだ本の数:7冊読んだページ数:1778ページでした。もう少し読みたかったわ。

それからそれから感想 先日、松田優作主演の映画「それから」を観て、原作を読み始めた。電子書籍版に挑戦。小さな字が読みにくくなっている中年の私には、思いっ切り大活字版で読めたのはありがたいことだった。 この明治の小説が、現代社会の不安感を代弁しているようで新鮮だった。代助が大きく決心する場面、強い匂りのする白百合を部屋に活けるところが印象的だった。「それから」の赤いイメージのラストがどう、「門」へと続くか、読み続けていきたい。読了日:6月2日 著者:夏目漱石
夜と霧の隅で (新潮文庫)夜と霧の隅で (新潮文庫)感想 北杜夫さんの本を初めて読みました。フランクルの『夜と霧』を読んでこの本の存在を知りました。ナチスの「遺伝病子孫防止法」、「国民血統保護法」から精神病者の安死術へ突き進んでいった時代がひたひたと透明な文体で書かれていました。登場する人物の中にユダヤ人女性と結婚した日本人も描かれていて、遠い国の出来事というよりも、そこで起こっている場に立ち会っているような気持ちになりました。表題作の他、「羽蟻のいる丘」がヘミングウェイの短編のようで印象的でした。読了日:6月3日 著者:北 杜夫
宗教からよむ「アメリカ」 (講談社選書メチエ)宗教からよむ「アメリカ」 (講談社選書メチエ)感想 著者がいっているアメリカの「見えざる国教」は、目からウロコでした。アメリカ人が口にする「神」がキリスト教に近いものでありながら、キリスト教そのものでないということが今までわかりにくい点でした。また、モルモン教がコカ・コーラとならんでアメリカのアイコンに見られているということも外からでは気づきにくい点です。もう一度アメリカ史を整理して再読したい本です。読了日:6月8日 著者:森 孝一
THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」感想 本屋さんがどうしても読者に届けたい本たちを推薦してくれた、熱い想いがつまった本。一年365日一日一冊読んでいったらステキな読書生活をおくれる気がします。リストに挙げられた本のうち、19冊しか読んでいませんでした。24冊の気になる本たちをこっそり読みたい本リストに加えようと思います。読了日:6月10日 著者:ミシマ社 編
大統領でたどるアメリカの歴史 (岩波ジュニア新書)大統領でたどるアメリカの歴史 (岩波ジュニア新書)感想 タイトルの通り、まさにどの大統領がどうその時代を方向付けたかでアメリカの運命が決まっていったことがよくわかる本だった。特にリンカーンの実務能力は特筆すべきもの。連邦課税法、統一通貨発行、ホームステッド法制定、徴兵法の実施など、驚くべきものです。読み進むうちに先日見た「オリバーストーンが語るもうひとつのアメリカ史」と意見を異にする大統領人物評価(レーガンなど)もあり、考えさせられた。読了日:6月30日 著者:明石 和康
人間はすごいな―ベスト・エッセイ集〈’11年版〉人間はすごいな―ベスト・エッセイ集〈’11年版〉感想 友人に薦められて読んだ。色々なエッセイをこれだけまとめて読んだのははじめて。「人間はすごいな」と言わせるものを皆、真摯に語っていた。良くも悪くも黒も白も色々な言葉が綴られていた。そしてラストをかざった、よしものばななさんの言葉が心に残った。「(すごい人たちは)手間を惜しまず、細かいことをおろそかにせず、いつのまにかその人だけのやり方、その人だけの世界をつきつめていって、遠い遠い景色を見るところまでたどりついて、そして必ず同胞たちの元に戻ってきて、みんなにその遠い景色のお話をしてくれる。」(269ページ)読了日:6月30日 著者:
戦争中毒―アメリカが軍国主義を脱け出せない本当の理由戦争中毒―アメリカが軍国主義を脱け出せない本当の理由感想 アメリカコミック独特のタッチと生々しい写真からなる痛烈なアメリカ軍国主義批判書。ところどころ訳に疑問がありますが、よくぞ訳してくれました。薄いながらも内容はずっしり。歴史ですっ飛ばしてしまう現代史が超コンパクトに知ることが出来ます。ぜひ日本の若い人に読んでもらいたい本です。読了日:6月30日 著者:ジョエル アンドレアス

|

« TA14GP 村治佳織 | トップページ | 七夕のお二人も(^_^;)汗カキカキデート!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/52312749

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の読書まとめ:

« TA14GP 村治佳織 | トップページ | 七夕のお二人も(^_^;)汗カキカキデート!? »