« 小澤国際室内楽アカデミー奥志賀 2013演奏会 | トップページ | ベリーベリーパンケーキ »

2013年8月 5日 (月)

7月の読書まとめ

7月の読書をまとめてみました。先月は何かと忙しい(いや、いつも忙しがっていますがcoldsweats01
読んだ本は6冊。桃柿チャリティーランチの時に、復興読書として1500円を寄付しました。


社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた――マッキンゼーでは気づけなかった世界を動かすビジネスモデル「Winの累乗」社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた――マッキンゼーでは気づけなかった世界を動かすビジネスモデル「Winの累乗」感想
企業人でなくても“何か社会のためになりたい”という気持ちを後押ししてくれる。日本のNPOのイメージ、無償が当たり前を完全に払拭させてくれた。「社会事業も一つの『ビジネス』として戦略的に活動することが必要です。」(60ページ)こういった考え方が、若い人たちへ大きなインパクトを与える気がします。長いスパンで競争でなく協力してくれる仲間をふやすという姿勢、大いに見習うべき点です。小暮さんの今後を応援したいと思います。
読了日:7月3日 著者:小暮 真久
裏庭 (新潮文庫)裏庭 (新潮文庫)感想
このところノンフィクションばかりを読んでいたのですが、フィクションが物語る力、やっぱり好きです。異界の傷や死を描くことで、現実の生の世界を際立たせる梨木さんの力強い筆致に魅せられました。照美とテルミィ、裏庭とガーデン――言葉の裏に秘められた時間を超越した真実が浮かび上がるようでした。 日本にこんなファンタジーが書ける作家がいることを誇りたい気持ちになりました。 河合隼雄さんの解説も心に染みます。
読了日:7月7日 著者:梨木 香歩
この年齢だった!この年齢だった!感想
軽快なエッセイを書く酒井順子さんの本、サクサクって楽しく読ませてもらいました。古今東西、持統天皇からレディー・ガガまで、それぞれの生き様とその転機をしるしたもの。宇野千代さんの項で、書かれていた「宇野千代さんはすなわち、『好き力』とでも言うべき力が、人並み外れて強い人だったのです。」(202ページ)が新鮮です。何か何でも「好き力」を持っている人ってエネルギッシュで魅力的ですね。 ふと、自分の転機、「この年齢だった!」というのがいつか考えさせられたりもしました。
読了日:7月8日 著者:酒井 順子
本格小説〈上〉 (新潮文庫)本格小説〈上〉 (新潮文庫)感想
まあ、「嵐が丘」を彷彿させて、魅せられるわ~。それも語り手が女中ときているのだから、にくい演出です。本題に入る前の長さはロシア小説並み、恋愛小説の予感はブロンテ流、三姉妹の艶やかさは谷崎はだし。下巻に突入です。
読了日:7月23日 著者:水村 美苗
本格小説〈下〉 (新潮文庫)本格小説〈下〉 (新潮文庫)感想
上巻のあのボリュ-ムの人物や状況設定があってこそ、一気に下巻で展開する恋愛があったのですね。ああそうか、語り手は女中だったフミ姉さんでしたが、それは入れ子状態になっていて、その語られた話を祐介が語っていたのでした。この作品の構成力、匠の技ですね。人里離れた追分と軽井沢、庶民生活とはちょっと違う成城という設定も効いています。 幸せな読書体験でした。「私小説」も凄いと思いましたが、水村さんには、はまります。
読了日:7月27日 著者:水村 美苗
知の逆転 (NHK出版新書 395)知の逆転 (NHK出版新書 395)感想
これだけの知の巨人たちのインタビュー集、どんな人がどういう質問を投げかけ、インタビューを展開していくのだろうと思っていましたが、吉成さんって、M.I.T.の出身。それを考えると、綺羅星のごとくきらめく巨星たちは、母校の先生ということで、再び科学の門戸をたたくということだったんですね。「知(科学)の逆転」という題は、「知の“常識への”逆転」という意味だと思って面白く読みました。特に、これは映画になるようなお話と思ったのが、トム・レイトン。現代の社会に深く関わる読み逃せない章でした。
読了日:7月30日 著者:ジャレド・ダイアモンド,ノーム・チョムスキー,オリバー・サックス,マービン・ミンスキー,トム・レイトン,ジェームズ・ワトソン

|

« 小澤国際室内楽アカデミー奥志賀 2013演奏会 | トップページ | ベリーベリーパンケーキ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私は今、梨木香歩さんの「家守綺譚」を再読しているところです。ゆるゆるとした世界が心地良くて。大きな事件がおこるわけではないですが。不思議な世界で好きです。もしまだでしたら、読んでみてくださいねheart01

投稿: なずな | 2013年8月 8日 (木) 01時03分

なずなさん、(^_^)/おはようございます。お元気ですか?
梨木さんの「家守奇譚」は私も大好きな本ですよ。いいですね、あの奇妙なそれでいて懐かしいような雰囲気。夏に読むのがいいかもね。

私からも「裏庭」、おすすめです。こうした読書の情報交換、嬉しいです。またいろいろ教えてくださいねheart02お元気で。

投稿: コニコ | 2013年8月 8日 (木) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/52748968

この記事へのトラックバック一覧です: 7月の読書まとめ:

« 小澤国際室内楽アカデミー奥志賀 2013演奏会 | トップページ | ベリーベリーパンケーキ »