« ヴォ―チェス・エイト ふたたび | トップページ | ついでに「宝塚歌劇100年展」 »

2014年12月30日 (火)

初!宝塚を経験

Img_0001

今年、何かと話題になった宝塚ですが、コニコは宝塚の舞台を観たことがありませんでした。100年記念も何かの縁と思って、チケット購入に奔走。でも、なかなかいい席が取れずにいましたが、なんとかチケットをゲットして、月組のミュージカル「パック」を観てきました。

東京宝塚劇場の正面玄関には、100周年を記念してこんな展示も。

Ca3c1809

舞台が始まると、宝塚独特の拍手の仕方があるようで、贔屓の人が出てくるとファンがすごいんですね~。ちょっと圧倒されます。

ミュージカル「パック」は、シェークスピアの「真夏の夜の夢」を題材にしたもので、妖精のパックが主役。夢あふれるコメディーでした。

そして、第2部のレビュー「クリスタル・タカラズカ」が豪華絢爛。各組みに君臨するトップスターと徹底したヒエラルキーの世界が一糸乱れず展開して迫力の美でした。

Ca3c1810





|

« ヴォ―チェス・エイト ふたたび | トップページ | ついでに「宝塚歌劇100年展」 »

映画・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初!宝塚を経験:

« ヴォ―チェス・エイト ふたたび | トップページ | ついでに「宝塚歌劇100年展」 »