« 「ゴ―ン・ガール」(ネタバレ少し) | トップページ | 1月の読書まとめ »

2015年1月 8日 (木)

2014年の読書まとめ Ⅱ

またまたちょっと遅れた2013年の、今度はコニコ書籍・ノンフィクション部門ベスト8を発表します。

第8位は、池上さんが書いた「お茶の水女子大学特別講義 世界を変えた10人の女性」。ただの偉人伝ではなく、人柄もわかって面白い。

第7位は、「クレイジー・ライク・アメリカ: 心の病はいかに輸出されたか」。アメリカだけでなく、日本にも忍び寄る病気たちが恐ろし。

第6位は、米原さんのエッセイ、「心臓に毛が生えている理由」 (角川文庫)ユーモアたっぷりで、それでいて考えさせられる知的なエッセイ。

第5位は、「世界の夢の図書館」。ページをめくるだけで、旅に出ているようなガイドブック。行ってみたいところがふえました。

第4位は、「20のテーマで読み解くアメリカの歴史: 1492~2010年」。アメリカの建国の事情が詳細に説明されていて、納得の書でした。

第3位は、またまた米原さんの本、「嘘つきアーニャの真っ赤な真実 」(角川文庫)。嘘のような本との話に引き込まれました。

第2位は、「池田晶子 不滅の哲学」。手元に置いてまた読み返したい本です。

第1位は、「(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)」。食に関するリポートは暗澹たる気持ちになり、衝撃的な事実の数々に驚かずにはいられませんでした。

|

« 「ゴ―ン・ガール」(ネタバレ少し) | トップページ | 1月の読書まとめ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114487/58519467

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の読書まとめ Ⅱ:

« 「ゴ―ン・ガール」(ネタバレ少し) | トップページ | 1月の読書まとめ »