« 1月の読書まとめ | トップページ | 2月の読書まとめ »

2015年2月13日 (金)

映画「ナショナル・ギャラリー英国の至宝」からエクフラシスを学ぶ

このところ、美術作品を展覧会で見るだけでなく、美術に携わることがらとしてとられるドキュメンタリー映画が話題になっています。そのうちのひとつ、「ナショナル・ギャラリー英国の至宝」を観てきました。

ナショナル・ギャラリーは、去年の秋に訪れたばかりの美術館だったので、なんだか再会できた友のようで見に行けて嬉しかったです。3時間という長さでしたが、登場する人々の美にかける情熱のあふれ方がとにかく熱いこと。その理由は、多くの人が言葉をつくして絵を論じているからなんです。私は、もう字幕を追うのに疲れちゃって・・・

では、なぜそんなにも言葉をつくして語るのか?もちろん、その絵が大好きだからということでしょうが、それだけではないような?何なのだろうと考えていたら、この前読んだ「グランドツアー」という本に思い当ることが書いてありました。

目で見たものを言葉に置き換えるという、この文学的修辞法は、古くから「エクフラシス」と呼ばれてきたもので、おそらくアディソンもそれに依拠していると思われる。(「グランドツアー」76ページ)

この文は、イタリアを旅行していたジョゼフ・アディソンというイギリス人がマルモレの滝を形容する場面に出てきます。

“エクフラシス”を辞書で引いてみると、

[名](複 ekphrases,ecphrases〔-sìːz〕)エクフラシス、造形芸術描写:もともとギリシャ・ローマの叙事詩に取り入れられた技法.絵画や楯などの芸術作品を言葉で(文学的に)描写すること.

このように西洋では、絵や彫刻を鑑賞する際に、言葉でいかに文学的に表現できるかを訓練し、習慣としてきた歴史のようなもの、厚味をこの映画「ナショナル・ギャラリー」は感じさせます。

ドキュメンタリーなので、コラージュのような時間の流れではありますが、3つの企画展が印象的でした。そして、絵に携わる人々、ギャラリーの清掃員から額縁の金箔張り師まで、そこには至宝を支える人と言葉がいっぱいでした。

休憩なしの3時間、美と熱がぎっしり詰まった映画です。

|

« 1月の読書まとめ | トップページ | 2月の読書まとめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ナショナル・ギャラリー英国の至宝」からエクフラシスを学ぶ:

« 1月の読書まとめ | トップページ | 2月の読書まとめ »