グルメ・クッキング

2013年8月 7日 (水)

ベリーベリーパンケーキ

Ca3c1643


久しぶりの遠出です。横浜からシーバスに乗ってみなとみらい駅まで行き、赤レンガを散策。

話題のビルズで30分待って、パンケーキを食べてきました。写真のピンクの丸いものは、ベリーを特製のバターに練りこんだものだそうですが、ソーセージみたい。3枚のパンケーキは意外と食べでがありました。

でも、一回食べればいいかな、私は。全粒扮のパンケーキ、まあまあ。1400円で、ドリンクセットなしも今ひとつでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

コニコ in Wonderland 「古城の国のアリス」

Ca3c1563

春風に誘われて、池袋のジュンク堂ちかくにあるおとぎのレストラン、 「古城の国のアリス」に行ってきました。とうが立っているものの、コニコの気分はアリスのような乙女なのでした。

一人ではなかなか行けなかったので、気の置けない友だちに付き合ってもらってのスプリング・パーティなるもの。

はたして店内はどんなものかとウキウキです。通されたテーブルは、「魔法の鏡のドレスルーム」というところ。

メニューもfood of wonder!どんなものがでてくるか、期待でいっぱいになります♪

Ca3c1564 

Ca3c1566

Ca3c1567

乾杯のカクテルからして、なんてファンシーなんでしょ♡ 

Ca3c1568 Ca3c1570

「トランプ・ディッシュ」や「チャシャ猫のしっぽピザ」など、お茶目なお料理が目白押しでした。

なかでも、「パーティーにようこそ!!アリスの手作り カリカリベーコンと糖度10°の完熟トマト奇跡のフルーツアサイーのオリジナルドレッシングサラダ」は、アリス扮するウェートレスさんが、歌を歌いながら、ドレッシングを混ぜてくれるというサービス付き。何というか、ちょっと聞いている方も恥ずかしいような可笑しくなるような、不思議なサラダです。

もちろん、デザートも欠かせません。

Ca3c1571 Ca3c1572

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

いちごフェア @スワンカフェ

  Ca3c1556

Ca3c1555Ca3c1554

いま、いちごが美味しい季節ですね♪前にご紹介したスワン・ベーカリーの姉妹店、スワン・カフェで、いちごフェアをやっていました。

いちごパルフェ、いちごタルト、いちごミルフィーユを友人と食べました。いずれも飲み物がついてセットで700円。美味しいデザートとおしゃべりときたら、時間の経つのも忘れてしまいました。今日は、雪が降らなくってよかった~。おしゃべりしていて、雪のため、電車が止まったりしたら大変でしたもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

スワンベーカリーのショコラ

以前、友人に教えてもらったステキなパン屋さん、スワンベーカリー。スワンベーカリーは、15年前に障害者の自立を助ける事業としてスタートしたパン屋さんで、その命名は、みにくいアヒルの子と思っていたら実は「白鳥=スワン」だったというデンマークの童話作家アンデルセンの作品がヒントになっているということです。今回は銀座に行く用事があったので、銀座店を訪ねてみました。

Ca3c1544_2

Ca3c1543

ここのお店に一番人気のショコラをコーヒーと一緒に頂きました。

チョコチップがふんだんに入っていて、くせになる美味しさ!170円で、もう幸せな気分になってしまいます。調理パンも菓子パンもどれも食べたくなる品揃え。値段も銀座とは思えないお手頃価格です。また来たいわ~。今度は二番人気のクリームパンに挑戦しよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

星乃珈琲

Ca3c1534


コーヒー好き、パンケーキ好き、という私にうってつけの喫茶店を見つけました。至福だわ~note

星乃珈琲というお店です。私が行ったのは、石神井公園店で、あんまり気に入ったので、連続して3回続けていってしまいました。

最初は、珈琲の美味しさに満足。なんと、ここのブレンドは一杯一杯、ハンドドリップで淹れていました。2回目は、パンケーキのほっこりさに嬉しくなり、3回目はお店自慢のスフレドリアに納得の味を堪能しました。

Photo

ふわふわのパンケーキheart04


Ca3c1532


あ~、また行きたいな~。モーニングセットもよさそうだし、渋谷の109メンズにもあるそう。次は、渋谷モーニングセット狙い!にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

「ファミレス」の料理 ふたたび

日経の夕刊に連載されている小説「ファミレス」(重松清作 251回)には、ときどき作ってみたいな~と思わせるレシピがあるって前にもご紹介しましたね。あの「ドンタマ」。今回も実は作ってみたいなどというほど、手の込んだものでなく、“ひと手間かける”というていどなんですが、これが簡単で美味しそうなんです。

1.「簡単ピザおつまみ」
ギョーザの皮にカニとピザ用のチーズをのせてオーブントースターで焼いたお手軽ピザ

2.「焼きポテトサラダ」
お惣菜売り場で売っているポテトサラダにカレー粉とマヨネーズを加えて混ざ直し、耐熱容器に入れてオーブントースターで軽く焦げ目をつけるだけ。ホットドッグのパンに挟んでトーストしてもいい。

これからのパーティー・シーズンでおウチ・パーティーに活躍できるレシピかも。2の焼きポテトサラダは、応用してお惣菜の唐揚げとか、マックのチキンナゲットをいっしょに入れたりしたら、もうメインにもなってしまうそうです。

こういう簡単メニューは毎日なにを作るか悩む人には強い味方です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

といっても、食欲の秋は

前回は、成人病予防の献立を作ってみたのに・・・といっても美味しいものを思い切り食べる悦びもまた秋を満喫する魅力のひとつですよね。って、言い訳のようにして、銀座三越の裏手にある西鉄ホテル銀座のフルトシに(再び)行ってしまいました。実は、先日の「ベルばら展」の時にはじめて行ったのですが、あんまり気に入ってしまったので、母を誘ってまたまた参上。だって、「前菜ビュッフェ+お選び頂くパスタ料理+デザート盛り合わせ」で、1800円、しかも飲み物をつけても2200円で、おかわりもOK。銀座4丁目ですよ!

Ca3c1468

ビュッフェといっても、ここの特徴は、前菜に限っていること。見てみて(*^-^) コニコ風の前菜盛り合わせよ♪野菜も海の幸も、新鮮です。ここのタコが美味しいの。

Ca3c1461

選んだのはエビのアラビアータ

Ca3c1465

母は、季節の野菜のパスタ

Ca3c1464

そして、デザートは、( *♛ ェ ♛)可愛い盛り合わせ。少しずつ味わえて、女性の好きそうなものを取り揃えていますね。

Ca3c1466

お店の雰囲気も店員さんも感じいいし、この秋の一押しかも。要予約です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

夏の疲れを癒す秋の温か料理

先日、料理に凝っている友人に誘われて何十年ぶりかで料理教室に行ってきました。エコロクッキングスクールというところが主催で、「身体も心も温まる献立」がテーマでした。

エプロン持参で、料理室に入っていくと、満員。同世代の主婦に混じって男性もいたり。この年代の健康食に対する関心の高さが感じられますね。

さて、作ったのは

*北海道玄米雑穀入りご飯
*豆腐ステーキ野菜あんかけ
*青菜のくるみ和え
*かぶのスープ
*さつまいもと人参のパンケーキ

野菜をたっぷり使った健康食です。

Ca3c1444

じゃん、こちらがコニコ班7名で作ったお料理です。手前の中央から時計回りで、かぶのスープ、ご飯、青菜のくるみ和え、豆腐ステーキに、さつまいもと人参のパンケーキ、お茶。

どれも美味しかったのですが、是非また試したいと思ったのが青菜のくるみ和えです。

青菜は小松菜など、その時冷蔵庫にあるものを使えます。この料理のミソは、糸寒天をいれること。

レシピをご紹介しておきますね。

材料 (6人分)
青菜  300g
糸寒天 4g
くるみ 45g
だし汁 大さじ 1さじ半
醤油 大さじ 1さじ半

作り方
①青菜は塩ゆでしておく。3cm位に切る。
②糸寒天は水につけてふやかし、3cm位に切る。
③くるみはフライパンで軽く炒り、すり鉢ですり、調味料を加えよく混ぜる。
④食べる直前に①②と③を和える。

糸寒天の食感と、くるみの味わいが楽しめて、青野菜もとれるという優れものです。

Ca3c1445

こちらは先生がデモンストレーションで作られたもの。こっちの方が、美味しそうに撮れている気がしますね~bleah

こういうお食事をしていれば、成人病予防にもなりそうです。おばさんになって、健康の大切さを実感するこの頃、まずは食事を気をつけなければ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

ザ・フジヤのディナーは♪

前回に引き続き、富士屋ホテルについて。宮ノ下 富士屋ホテルの夕食は、今回の旅行のハイライト。世界の有名人も食したフランス料理です。店内は、木を用いた落ち着いた雰囲気。

Ca3c1422_2

参加したツアーのガイドによると、そのインテリアは、どこか日光の東照宮的。正造のふるさとを思わせるものがチラリホラリとあるんですね。

Ca3c1424

そして、お髭で有名だった山口正造は、このレストランの柱の下に彫刻となって、従業員がサボっていないか目を光らせているというのです。トーテンポールのような神がかったお顔だこと。
Ca3c1425

テーブルには、その日の夕食のメニューが置いてあります。このメニューカバーは、昭和20年代の復刻版だそうで、趣がありますね。

ImgImg_0001

さて、最初のディッシュは、「食前のお愉しみ」

Ca3c1426

ホタテ貝とスモークサーモンのフィルヴォリテ


Ca3c1427

フォアグラと松茸のロワイヤル

Ca3c1428

金目鯛のポワレ

Ca3c1429

黒毛和牛フィレ肉のステーキ

Ca3c1431

オレンジのシュレに浮かぶチョコレートのピラミッドと洋ナシのコンポート、シャーベットを添えて

Ca3c1432

素材の美味しさが際立つお料理。特に金目鯛のポワレが味わい深かったです。

さすがのコースメニュー。満足の箱根の夜でした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

待望のLA MERE POULARDレストラン

ラ・メール・プラール - 外観写真:レストラン入口は創業者プラールおばさんが目印!(「食べログ」サイトから)

先日の「夏の文学教室」は、東京国際フォーラムのすぐ近くで行われていました。そこで前から行きたくて、でも予約でいっぱいのオムレツの店「LA MERE POULARD」を、だめもとで覗いてみました。

そうしたら、なんと運よく予約なしで「最後のひとテーブルが残っております」とのお店スタッフのことば。入り口に近い席でしたが、ラッキーでした。

オーダーしたのは、ランチAのオムレツセットです。ラ・メール・プラール伝統のオムレツ+季節の野菜(オードブル)+ジャガイモのクリーム煮(パン付き)で1500円(外税)。なんだか、去年から値上げしたみたいです。食後の飲み物が別なのと、ランチでもサービス料が別途とられました。食後にカプチーノをつけると2310円になり、ランチとしては、ちょっと割高感はありますが、一回は楽しみたいオムレツです。

Ca3c1265_2

まずは季節のオードブル、地鶏のくんせい。前菜とはいえないくらいのたっぷりボリューム。


Ca3c1266

そして、こちらがメインのオムレツです。な~んと大きくてふわふわなんでしょう。運ばれてきて、思わず「わ~っ」と声が出ました。こちらは、卵と塩、バターのみで作られているそうです。このスフレ状になったふっくらした断面、見応え、食べ応えありました。

Ca3c1267

店内全体は白い色調で、赤がアクセントで使われ、おしゃれでした。入り口近くの壁には創業者のプラールおばさん(Madame Annette Poulard)の写真がかけてありました。この方が1888年、フランスのモン・サン=ミッシェルに宿屋を開き、名物のオムレツのレシピを完成させたとのことです。

Ca3c1268_2

予約してからお出かけになるのが確実のようですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧