映画・テレビ

2013年7月29日 (月)

半沢直樹、面白すぎ(ネタばれあり)

久々にドラマに夢中になってます。

日曜夜9時からのドラマ「半沢直樹」は、面白すぎます。昨日は第3話。銀行員の半沢(堺雅人)は、上司のミスを押し付けられて絶体絶命のピンチ。と言いながら、第1話目からずっとピンチなんですが、これがそんな危機的状況にもへこたれない半沢。理不尽な上司にスカッとした言葉を投げ捨てる姿がたまらない。

昨日の回は、現代版の「遠山の金さん」じゃないかと思ったくらい。半沢の言葉や仕草がいちいち胸のすく思いにさせられます。「ヨッ、半沢!」と掛け声をかけたくなります。また敵役たちが見るからに悪くって、わかりやすいわ~。特に昨日の、人事部の小木曽(緋田康人)と浅野支店長(石丸幹二)が料亭で密談しているシーンは、まるで「越前屋、おぬしも悪よの~」と言っているようで、見ていて盛り上げります。ラストで小木曽が小細工をして半沢を陥れようとしていたのがバレたところで、半沢が呼び捨てにするところなんぞは、繰り返し見ちゃったりして。あの、机をバンバン叩いて、人の神経を苛立たせる小木曽は、半沢の同期で親友の近藤の仇なんですよね。よくぞ近藤の仇をうってくれたわ。ちなみに我が家では、小木曽の机バンバンが流行っていて困りますhappy02

というわけで、すっかりハマりました。なんと昨日の回は、視聴率も22.9%で今ドラマでダントツの一位だそうです。いや~、来週も予告をみて、楽しみヾ(@⌒ー⌒@)ノヾ(@⌒ー⌒@)ノ。

コニコの妄想では、浅野支店長と東田社長は、大阪で中学時代に同級生ではないかと踏みました。皆さん、どう展開するか、ワクワクしますね。だって、「倍返し」でもスカッとするのですから、今度は「10倍返し」でしょ、見るっきゃないわup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

TVドラマ「カラマーゾフの兄弟」

いや~、皆さんのところの雪は溶けていますか?コニコの近くは、車道はOKですが、歩道が凍っているところがまだまだあり、ヨチヨチ歩きです。

というわけで、この2日ばかり、外にあまり出ずにテレビの録画番組を消化してました。

で、新春から始まったドラマで、楽しみにしていた「カラマーゾフの兄弟」(フジテレビ金曜よる11時10分)の第1回目をみました。

あの壮大な長編をどうドラマ化するか、興味津々でしたが、面白かった!特に次男イヴァン役に当たる、黒澤勲演じる市原隼人さんの抑えた演技にはビックリ。この方、荒削りの役ばかりやっていると勝手に思っていましたが、なかなか演技派なのですね。

演出もスピード感あって、サスペンス仕立てが新鮮です。これからの展開、楽しみ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

自分を応援する

近頃ちょっと気になるCMは、AKB48の前田敦子が出演しているドコモの『応援学割「6年前の私<応援>」篇』。

学生だった6年前の自分を応援してくれたたくさんの人たち。そして懸命だったあの頃の自分。過去の自分は、今の自分につながっている。だから、未来の自分も信じていきたい。そんな気にさせてくれる。

「学生だったあの頃、たくさんの応援をもらった。今度は、私たちが応援します」ナレーターの声に、円陣を組んでいる、過去のAKB48メンバー。その輪に加わる、現在の前田敦子なのでした。

続きを読む "自分を応援する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

「額縁をくぐって物語の中へ」

4月からはじまったBSプレミアムの番組「額縁をくぐって物語の中へ」に今頃気がついて観はじめています。

う~んと、時間帯は朝の7時15分から30分まで(再放送は3時45分から)です。新聞を見ていたら、フェルメールの「合奏」なんていうのが目に留まって録画してみたら、これがすこぶる楽しい。翌日から毎日予約をして観てます。先週の国芳の特集も面白かったわ~。

今週はゴヤの特集です。今、上野で「ゴヤ展」をやっていますし、興味津々で観てます。

番組HPでは「番組メイキング映像」が見られて、それぞれの絵の秘密を解き明かすプロセスが垣間見られますよnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

「カズオ・イシグロをさがして」

今度の日曜17日、NHK教育テレビのETV特集は、カズオ・イシグロです。

夜の10時から、楽しみ。福岡伸一先生との対談もあるなんて、見逃せないわ。

コニコは「カズオ・イシグロをさがして」テレビにかじりつきます。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

著者:カズオ・イシグロ
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」の楽しみ方 その2

昨日ご紹介した海外ドラマ「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」は、異文化を知るという楽しみ方もあります。またまたNHK海外ドラマスタッフブログによる記事で、 「『大聖堂』魔女と呼ばれる女エレンが森に住む理由」というものがありました。

詳しくはリンクしたサイトに行って頂くとして、“森”のイメージがヨーロッパの人のものと、日本人のものが違うのだろうというものです。欧米では、森の奥深くには魑魅魍魎がいて危険なところというイメージに対して、日本では山岳信仰などにより、森は危険というよりも、神聖なところというイメージ。

ナサニエル・ホ-ソーンの短編「ヤング・グッドマン・ブラウン」も森を邪悪のものが住むものとして描いていますよね。一方、日本の森は、先日観た『殯の森』(もがり の もり)のイメージ、神聖な森という印象です。

こういったそれぞれが持つ文化的背景を知っていると物語を楽しむ上でも深く入っていける気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」の楽しみ方 その1

大聖堂 (上) (SB文庫) 大聖堂 (上) (SB文庫)

著者:ケン・フォレット
販売元:ソフトバンク クリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

少しずつ、普段の生活に戻りつつあるこの頃。ブログも普段のモードで。短く、ちょっと楽しかったことを綴ります。

節電をこころがけて2週間近く経ちましたが、2月から始まっていた「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」は、どうしても続きが見たくってスイッチオンに。

ケン・フォレット原作の「大聖堂」は、1989年に発表され、世界で2000万部を売り上げたお化けベストセラー。実は今コニコは原作を読み始めていて、同時進行でドラマも見ています。というわけで、このダークエイジの大河ドラマがどうなっていくかワクワク・・・

・・・?著者ご本人がちらりと出演!?第7回「奇跡を呼ぶ像」での最初の方です。番組を見ていて、「あれっ、この人って本の裏表紙にある原作者ご当人じゃないの?」とびっくりしました。

慌てて調べてみたら、 “NHK海外ドラマスタッフブログ”で「『大聖堂』原作者が出演していたのに気がつきましたか?」という記事を発見。

撮影秘話も紹介されていて、普段はおしゃれなフォレット氏も大変な苦労をして汚れ役をやったようです。ドラマをみていて、こうしたちょっとした発見をすると妙に楽しくなるコニコでした。

いよいよ明日が最終回。ジャックは、そしてフィリップの運命はいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

「神様のカルテ」妄想キャスト

先日、「『神様のカルテ』が良かったよ」という話になって・・・

いつも妄想ごっこで盛り上がる友達、クーネルシネマさんと「神様のカルテ」で、今回も盛り上がりました。

映画のキャストはもう決まっているものの、もしもテレビでドラマ化されたらの話の妄想キャストです。

続きを読む "「神様のカルテ」妄想キャスト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

「千住明の聖地学」

極める! 2011年2・3月 千住明の聖地学/水沢螢の名水学 (知楽遊学シリーズ) 極める! 2011年2・3月 千住明の聖地学/水沢螢の名水学 (知楽遊学シリーズ)

販売元:日本放送出版協会
発売日:2011/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

作曲家の千住明さんがNHKの極めるシリーズに登場。興味深い「聖地学」なるものをナビゲートしています。

毎週月曜 NHK教育テレビ 午後10時25分~10時50分

続きを読む "「千住明の聖地学」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

情熱のバイオリン、カルミニョーラ

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」 他 ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」 他

アーティスト:カルミニョーラ(ジュリアーノ)
販売元:SMJ(SME)(M)
発売日:2008/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あらあら、昨日のNHK教育テレビの芸術劇場では、なんとマイブームのヴァイオリニスト、ジュリアーノ・カルミニョーラさんが登場しました。

番組冒頭では、カルミニョーラさんのインタビューも聞け、ストラトヴァリウスが実は古楽器でありながら、モダン・ヴァイオリンでもある、いいとこどりのハイブリットだということを明かしてくれていました。

音楽評論家の渡辺 和彦氏は、カルミニョーラさんのことを「クラシック界のヴァン・ヘイレン」という人もいると言っておられました。まさに確かな腕前と情熱的な演奏は、かのロックギターリストにも重なりますね。

室内楽を一緒に奏でたのは、ベニス・バロック・オーケストラです。以前ご紹介したCD「イタリア協奏曲集」のメンバー。ヴィヴァルディを堪能いたしました。

演目note

バイオリン協奏曲 変ロ長調 Op8-10「狩り」RV362(ヴィヴァルディ)
バイオリン協奏曲 変ホ長調 Op8-5「海の嵐」RV253(ヴィヴァルディ)
弦楽と通奏低音のための4声の協奏曲 二長調(アルビノーニ) ほか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧