英語学習

2011年7月 3日 (日)

アメリカの森とは?

今年の2月の実践ビジネス英語(もういつも何カ月も遅れで、すみません)を聴いていたら、"be out of the woods"という熟語に出くわしました。意味は“《口》危険(危機)を脱している”です。

前にドラマ「大聖堂」を見ていた時に知った、西洋人の“森”のイメージを再認識しました。

Woods(森)という単語からは、dark, large, scarely places that might be hiding something dangerousというニュアンスがあるとクリス松本さんが言っていました。

他にも、Don't hallo till you are out ot the woods.(森から出るまでは喜びの叫び声をあげるな 転じて「早まってぬか喜びするな」という意味)なんてのもあるそうです。

1620年にアメリカのプリマスに上陸したウィリアム・ブラッドフォードが、目の前に見たのは―広漠たる荒野であり、どこまでも果てしなく拡がる深い森林だったのではないか―そんなアメリカの歴史に思いを馳せます。

そう、森といえば、エドワード・ホッパーの「ガスステーション」の背景にある森も、黒くて何かが潜んでいそうですね。

Gas_station

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

原書キャンペーンでアメリカを学ぶ

 The American Universe of English アメリカの心と交わるリーディング

月1回の“原書でキャンペーン”(英語の本を読む習慣をつけようと始めた自己啓発運動です)、今回も4月最後の日にぎりぎりアップします。

今月の本は、洋書といってもちょっと変わり種です。1993年に出た「The Universe of English」の続きもので、2010年に出版された「The American Universe of English」です。副題には「アメリカの心と交わるリーディング」とあります。編者は、元東大教授、今は「リトル・チャロ」の先生として有名な佐藤良明先生と、栩木玲子先生。

続きを読む "原書キャンペーンでアメリカを学ぶ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

NHKテレビ 3か月トピック英会話 2010年10月号聴く読むわかる!英文学の名作名場面

 テレビ3か月トピック英会話 2010年10月号

テレビ3か月トピック英会話 2010年10月号
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

  明日から、いよいよNHK秋講座が開講します。

 なかでも、コニコ注目はNHK教育テレビ放送の「聴く読むわかる!英文学の名作名場面」です。

 第1課はエミリー・ブロンテの「嵐が丘」。9月29日水曜午後11:10~11:30。

講師は斎藤兆史氏。

第4課ではジェイン・オースティンの「高慢と偏見」も取り上げるようで楽しみ。

続きを読む "NHKテレビ 3か月トピック英会話 2010年10月号聴く読むわかる!英文学の名作名場面"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

映画「食べて、祈って、恋して」の字幕に挑戦!

Img

過去にも応募した神田外語が主催する字幕翻訳コンクール、今年も締切が近づいています。

*はじめて応募したのは3年前の字幕コンクール映画「ミス・ポター」 (映画のレビューはコチラ

続きを読む "映画「食べて、祈って、恋して」の字幕に挑戦!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

ロングマン電子英語辞書がほしくなる

Photo

友だちから教えてもらった「ロングマン電子英語辞書」、ほしくなって買ってしまいました。

“英国の権威ある辞書会社・ピアソン社と東京大学文学部の柴田元幸教授を中心とする日本チームが共同開発した、英語学習にうってつけの電子辞書です。”という商品説明で、「これは買わねば」と即決。

今持っている電子辞書は、もう7年使っているし、ロングマン英英も、ロングマン英和も入っていないし、と色々理由をつけて購入。電子辞書、2台体制になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

マーシャ・クラッカワー先生、再び

NHK テレビ3か月トピック英会話 2010年 04月号 [雑誌] NHK テレビ3か月トピック英会話 2010年 04月号 [雑誌]

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

今日はやっと春らしい天気になって、桜も喜んでいることでしょう。新社会人、新入生の皆様、おめでとうございます。

コニコもこの春から新しい英語番組に挑戦します。NHK教育テレビではじまった「3か月トピック英会話」は、大好きなマーシャ・クラッカワー先生が講師を担当されます。

続きを読む "マーシャ・クラッカワー先生、再び"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年3月 6日 (土)

災い転じて福となす

When life gives you lemons, make lemonade.

レモンは酸味が強くて、そのまま食べることにはかなり抵抗があります。しかし、砂糖や水を加えれば、レモネードができ、暑い夏に喜ばれる飲み物となります。すなわち、レモンを与えられたような逆境から、利用できる要素を探して、ポジティブに対応し、「人生の明るい面を見なさい」という意味です。(「入門ビジネス英語」2009年7月号テキストより)

思い通りにいかない時、「私だけがなんでこうなっちゃうの」と嘆く時、こんなことわざを思い出して味のあるレモネードを作りたいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

「The Uncommon Reader」(Audiobook)

The Uncommon Reader

クリスマスにMさんからいただいたCDを最近聴いています。前にレビューした「やんごとなき読者」のオーディオブック。「いつか原書で読みたいもの」と書いていたのを覚えていてくれて、プレゼントしてくれたとは本当に感激でした。

著者自らの録音で、CD3枚組みです。著者のアラン・ベネットは男性だから、クィーン・イングリッシュというのもおかしいですが、ジェントルマンの発音で格調高い英語です。

The Uncommon Reader

著者:Alan Bennett
販売元:BBC Audiobooks
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "「The Uncommon Reader」(Audiobook)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

センター試験に挑戦!

昨日、受験生にエールをおくりましたが、今日はわたしが実際にセンター試験の問題に挑戦してみました。

英語だけですが、久々の試験(といっても自宅でコーヒー片手にだから呑気なものですが)だわ~。平成22年度センター試験の英語は1月16日に行なわれ、筆記が80分、リスニングが30分でした。たいていの新聞には翌日に問題と解答が載っているので、やってみようと思えば誰でもOKです。ただし、紙面の都合上か、字が恐ろしくちいさいんですね、英語がわかるわからない以前に字が読みづらいことといったら、ムムッ、老眼か!?

と、脱線しましたが・・・

続きを読む "センター試験に挑戦!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

Amazing Grace

年末に夫からの部屋を片付けろ光線をさんざ浴びたので、ぼちぼち古い英語のテキストなどを片付け始めました。が・・・昔の切抜きをまたまたじっくりと読み出す始末。いっこうに片付かないgawk

そんな切抜きの中に"Amazing Grace"の由来が出ているものがありました。記事を書いた方は石黒マリーローズさん。

Photo_2 石黒マリーローズ/聖書の英語の物語 生活人新書
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

続きを読む "Amazing Grace"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧